のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 蓬田村   Tags: つがるみち  

瀬辺地天満宮ーつがるみち396




 蓬田村役場がある阿弥陀川を過ぎ、外ヶ浜町方面へ進んで行くと瀬辺地(せへじ)という集落に出ます。
 右手に海を見ながら走って行くと、左側に小高い丘が見えてきますが、ここに天満宮が鎮座しています。
 同じ敷地内に観音堂も立っていますが、一の鳥居から続く参道をまっすぐ進んで行くと天満宮の社殿があり、鳥居をくぐり、左側の坂道を上った所が観音堂です。

 天満宮の参道の両側は背の高い杉並木が続いていますが、所々にベンチなどもあり、一帯は地区の農村公園にもなっているようです。
 ゆったりとした上り坂が続きますが、丘の頂上の一段と高い場所まで石段が延びていて、両脇に狛犬が置かれ、そこに拝殿と本殿がありました。拝殿には「ここは海抜25m」という案内札が下げられています。
 境内からは海岸沿いを走る松前街道や瀬辺地の漁港なども望むことができ、なかなかよい眺めでした。

◇天満宮






 一方の観音堂の方は、天満宮の参道の左側の丘にあるのですが、こちら側には海辺の丘らしく松の大木が何本か生えています。
 社の石段の前に小さな赤い鳥居が立っており、その境内には記念碑や庚申塔が立っていました。
 本尊は馬頭観音ですが、地域の厚い信仰を集めているようで、祭壇の前にはたくさんの供物が捧げられているほか、豪華な舟絵馬も掲げられていました。こちらの境内からは、津軽半島の背骨である中山山脈を望むことができます。
 
 天満宮と観音堂の由緒については、
【御祭神:菅原道真  瀬辺地村の天満宮の勧請年月は不詳である。明治初期の社寺明細帳によると、当村の産神で菅浦倶衛が兼務していた。本殿は三尺四面の板葺、拝殿は二間半に四間の萱葺、社地は五間四方で県庁まで十五里十五丁と書かれている。同境内地に部落から一キロ離れた田地の中にあった馬頭観音堂を参詣に不便であるという理由で天満宮境内に移した。】とあります。

 さらに、観音堂については、
【本村には木造の観音菩薩像が安置されて、その背に金属製の観音像を負わせて祀り、氏神として崇拝して来たが、元禄年間に盗難に遭い行方不明となり、現在下北郡に移祀されているという。その後、宝永二年八月、石造の馬頭観音像を祀り、部落の平和と国家の安泰を祈り氏神として永い間部落民が崇拝し参詣して来たが、明治六年神仏合祀が許されず、この地に天満宮を建立するに至り本尊像もまた移転の声が高まり・・・。】と書かれていますが、本尊の観音様が現在地に奉遷されるまでは紆余曲折があったようです。
 ※【】は、蓬田村HP「村のあらまし」からの抜粋・要約です。

◇観音堂






 ところで、瀬辺地は、蓬田村の中で最も早くから開けた集落であるといわれています・
 天満宮の境内を含む舌状台地は、通称「ナガレ」と呼ばれており、一帯からは、縄文時代の早期から中期の石器や土器などが多数見つかっていて「瀬辺地遺跡」となっています。
 また、集落からは「チャシ(※主に近世にアイヌが築造した高い場所に築かれ、壕や崖などで周囲と切り離された施設)」と呼ばれる住居址なども見つかっているようです。

「瀬辺地(せへじ)」という少し珍しい地名については、アイヌ語の「セベチ(広い川の意)」からきたとされていますが、集落を流れる瀬辺地川は、昔は、かなり広い川だったのでしょう。
 また、【体力の逞しい「セヘ」と呼ばれた人が首長としてこの地を統帥し、農業もこの頃から始められたという。延暦二十年(一千六百年)位前、坂上田村麿が蝦夷征伐の際「セヘ」は滅びたが、この時から「セヘ」の住む地として瀬辺地と名づけられたという。※観音堂奉遷記念碑碑文より】という所伝も残っています。

 いずれにしても、太古の昔から集落が形成され、人々は海を越え、下北半島や北海道へ渡り、交流・交易などを行っていたのでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Category: ふるさと【東北・青森】 > 蓬田村   Tags: つがるみち  

蓬田八幡宮ーつがるみち394




 国道280号線バイパス沿いに蓬田村の道の駅がありますが、そこから外ヶ浜町方面へ少し走って行くと、左手にこんもりとした広い森が見えます。
 道路沿いに、「史跡 蓬田城址」と書かれた木柱(標識)が立っていますが、蓬田城は、嘉禎4年(1238)頃に築城され、その後、城主の交代などもありましたが、天正13年(1585)に、津軽為信によって攻め滅ぼされ、廃城となるまで、この地にあった平城です。




 現在、この城跡は、蓬田八幡宮の境内になっています。その入口に城の略図(案内板)が立っていますが、広大な敷地に、土塁の跡や鐘楼堂跡、弁天堂跡などが描かれています。
 城郭は「小館」と「大館」とに分けられ、初め小館が築かれましたが、南北朝時代から室町時代にかけて、大館が築城されたことにより、中心がそちらに移ったとされています。
 - 【大館は、蓬田川の北、10万㎡の広大な面積を有している。東西600m南北300m。水田に囲まれ、周囲より一段高い、杉木立に覆われた場所である。八幡宮・弁天堂が残っている。北と南東に堀が残り、北側の堀は長さ約300m・幅15~20m・深さ3m、南東側の堀は長さ50m・幅2m・深さ50cmほどである。※wikipediaより】 -
 また、辺り一帯は縄文時代からの遺跡にもなっており、擦文土器、縄文土器、土師器、陶磁器が発見されるなど、太古から文化が開けていた所としても知られています。

 八幡宮の由緒については、
【御祭神:誉田別命  蓬田村八幡宮の創立は不詳。当大館城の館神に祭られたともいわれているが判然としない。その後、元文七年に脇宮太夫が再建してからは蓬田村の氏神として祭られていた。
 同神社の末社に弁天宮と稲荷宮があった。(弁天宮は)相馬小次郎弟平次郎が、祖先が九州にいたとき、崇敬した氏神・宗像大明神を祭った社で、この地へ下っても尚信仰を続けていたものである。宗像神社の祭神である厳杵嶋姫命を弁財天といっているので、相馬平次郎のいう宗像大明神は弁天社のことであろう。相馬氏が蓬田に居城したのは文明年間といわれているので八幡宮より弁天社の方が古いのである。※蓬田村HP「村のあらまし」より抜粋・要約】とあります。

 一の鳥居から、二の鳥居、三の鳥居と参道が続いていますが、途中には、蓬田城の沿革を記した記念碑などが立っています。狛犬は、大小あわせて四体置かれていますが、なかなか個性的な顔立ちをしています。私が訪れたときは、とても天気が良く、境内の緑と朱色の社殿がとても鮮やかに見えました。

 拝殿の横には、庚申塔と二十三夜塔、そして猿田彦の碑が立っていましたが、その後方の道路沿いに小さな赤い鳥居が見えます。
 この鳥居は由緒にも書かれている弁天堂(宮)のもので、ここから参道が続いています。深い森の中を数分歩いて行くと、森の中に弁天宮の赤いお堂が見えました。

◇八幡宮境内、弁天宮ほか









 冒頭でもふれましたが、蓬田城は、嘉禎4年(暦仁元年)に安東盛季の弟・潮潟四郎通貞が築城したと伝えられています。
 その後、南部氏が台頭し、安東氏はこの地から駆逐され、南部氏の所領となってからは、奥瀬健助が居城し、奥瀬氏は数代に渡って一帯を治めていました。
 しかしながら、文明年間(1469~1487)になると、奥瀬氏は退去し、代わって相馬則政が入城し、「蓬田越前」と名乗り、この地を支配するようになります。城址入口の説明板には、「(相馬氏は)凡そ百有余年、外ヶ浜一帯を支配し、十三湊を良港に日本海貿易をはじめ、朝鮮・中国と国交し、文化と産業経済繁栄の礎を築いた」と書かれていました。
 城内に弁天宮を勧請したこの相馬氏は、平家が屋島の戦いで敗れた後、九州から逃れ、安東氏の配下となった氏族とされていますが、相馬則政は平将門より八代目の子孫といわれています。

 やがて、戦国時代になり、為信軍の攻撃を受け、相馬氏は南部へと逃れ、蓬田城は廃城となった分けですが、こうしてみると、この八幡宮一帯は、安東氏、南部氏、津軽氏による絶え間ない抗争の地であったようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                   ☆つがるみち☆

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Category: ふるさと【東北・青森】 > 蓬田村   Tags: つがるみち  

阿弥陀川稲荷神社-つがるみち393




 海岸沿いに国道280号線(松前街道)を走って、蓬田村役場へ行く途中に「阿弥陀川」という小さな川があります。
 その昔、浄土宗の開祖・法然上人の高弟であった金光上人が、この川の中から一体の阿弥陀像を拾い上げたことから、川の名前が阿弥陀川となり、さらには、阿弥陀川村という集落名にもなったとされています。




 河口付近に小さな橋が架かっていますが、橋を渡り切った所が蓬田村の役場で、川の流れを挟んだ対岸には、稲荷神社が鎮座しています。
 その由緒については、
【御祭神:宇迦廼御魂命 猿田彦命 大宮能女命   社殿ハ阿弥陀川ノ北端ニアリ創立年月日詳ナラス 撰前川北側ヲ流レ境内老松林立森厳自ラ神威ヲ仰カシム 明治六年後潟村後潟神社ニ合祀 同八年二月復社 同九年十二月村社ニ列セラレ 同二十三年八月社殿腐朽ニ及ビタルヲ以改築セリ 明治四十二年八月二十七日神饌幣帛料ヲ供進スヘキ神社ニ指定セラル※蓬田村HP「村のあらまし」より】とあります。
 詳しいいことは分かりませんが、いわゆる「稲荷大神三座」を祭る古くからの社のようです。

◇阿弥陀川稲荷神社境内



 由緒にも「境内老松林立森厳自ラ神威ヲ仰カシム」とあるように、境内には、何本かの老松が生えています。辺りは宅地化されていますが、かつては無数の松の木が林立する「森」だったのでしょう。

 一の鳥居は阿弥陀川の河口、海の方を向いて立っています。
 鳥居をくぐって参道を歩いて行くと、その途中には、御神燈や記念碑、猿田彦大神の碑などが並んで立っています。
 狛犬は二の鳥居の両脇に一対、拝殿の前にも一対置かれていました。

◇狛犬、境内の松、本殿
 





 さて、金光上人が布教のために津軽の地を訪れたのは承元四年(1210)頃とされていますが、阿弥陀川で阿弥陀像を拾いあげたいきさつについては、次のように語られています。
【金光上人は霊無のお告げにより「阿弥陀如来が汝津軽の外ヶ浜に至れば必ず逢わん」と三日、三晩続けて同様の夢を見たので上人が遠く尋ね来り、遂に承元四年津軽外ヶ浜蓬田村にたどりつき、一介の漁夫に問うて曰く、この辺で何か変ったことがないかと尋ねたるに漁夫曰く、この村の端れの川に夜になると毎晩川の中から光りを発すると云う。村人はこれを怖れ怪んで誰一人其所を通る人もないと云う。
 この話を聞くや上人はこれこそ夢のお告げの阿弥陀如来であろうと、村の人々と力を合せて川を掘り探させたところ、暫にして上人様の手にした鍬に手応えがあった。早速拾いあげてみると一つの立派な筥が現われ、筥を開いてみると阿弥陀如来像であった。※蓬田村HP「村のあらまし」より

 以来、金光上人はこの阿弥陀像を背負われて、津軽における布教の営みを続けたとされていますが、建保五年(1217)、浪岡の地で亡くなります。

 現在、阿弥陀像は青森県文化財に指定され、弘前市の西光寺に安置されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Category: ふるさと【東北・青森】 > 蓬田村   Tags: つがるみち  

傘松観音堂ーつがるみち392




 青森市の後潟から東津軽郡蓬田村へ。中沢という集落の稲荷神社を訪ねようと思ったのですが、どうしても探せないで、うろうろしていたら傘松観音という案内板が見えたので立ち寄ってみました。
 観音堂の名前は、境内に生えている一本の松の木からきています。蓬田村の指定文化財にもなっているこの松の木は、
【堂前に幹は周囲二・二〇メートル、高さ五・四〇メートル、枝は大地に垂下した数百年を経た老松がある。枝ぶりよく、あたかも傘を拡げたる観があり、村人称して傘松という。】と紹介されています。
 確かに、傘を広げたようなきれいな姿形をした老松です。




 境内のすぐ横をJRが走っており、踏切を渡ると、水子供養観音をはじめ、数多くの観音様やお地蔵さまが立っているのが見えます。
 また、「水蓮の池」と呼ばれている池もあり、そのそばには弁才天などの石仏が祀られていました。
 地域の人々により、年々、境内の整備が進んでいるようですが、その様子については、
【境内に三十三番観音巡拝道路を設け、庚申塚、恩師の碑、友愛の碑等が配置され、境内は一段と整備され、傘松仏苑と称せられるるに至った。今や傘松仏苑は児童遊園地としてまた村民の信仰の場として活用されている。】と紹介されています。

◇観音像ほか



 その由緒については、
【本尊は聖観音で嘉永二年中沢村有志が発起人となり、無病息災、部落民安泰を祈願し建立、安置したものである。
 初め聖観音堂は部落北端字界、旧中沢尋常高等小学校敷地付近にあった。明治四十三年御神託により現在地に移転した。古老の話によると、昔から善男善女が毎年旧正元日、十六日、二月一日には未明から参詣するを例としているという。
 昭和十一年、本堂の新築にあたり俗称馬捨場にあった馬頭観音堂を移築、同時に相染神(蒼前)の石碑(文政九年建立)も移転した。】とあります。
 由緒にも記されている馬頭観音堂は、本堂の右横に立っていました。

◇傘松観音堂と馬頭観音堂






 本尊の聖観音は、「信仰者は神霊により、長寿を全うし、しかも立派な大往生を遂げる」という霊験あらたかな観音様として信仰されていますが、本堂に掲げられている「傘松観音和讃」には、「奇蹟といわん観世音 滴り落ちる慈悲の露・・」という一節が書かれています。
 実は、ここの観音様は平川市碇ヶ関国上寺の不動尊と同様に、「変事を予知し、汗をかく観音様」として知られています。
 ー 【特に変事に際しては御神体はみるみるうちに黒色に変じ、ついに漆黒となり露をもらすという。今回の大東亜戦争に際しては奇蹟的な事象が多く別名軍護観音と称せられ、出征軍人家族の信仰が厚かった。】 -

※【】は、蓬田村HPを参照しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 六月になりました。辺りの緑が濃くなり、とても鮮やかです。今後も、ぼちぼちと史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR