FC2ブログ

のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 田舎館村   Tags: 津軽統一までのあゆみ  

となりのまちー「田舎館村」

 IMG_0025.jpg  IMG_0020.jpg
                田舎館城址
 IMG_0012.jpg  IMG_0022.jpg
                田舎館村役場
 私は黒石市の郊外に住んでいます。すぐとなりが田舎館村です(車で2分位)。「田舎館村」といえば、弥生時代の水田遺構が残る(弥生人の足跡もあります)「垂柳遺跡」「田んぼアート」で有名です。また役場の庁舎が写真のようにお城の形をしているので人目をひきます。
 実は私は、田舎館村に長年勤務していました。その時の職場の上司が郷土史好きで、田舎館城にまつわる話をよく聞かされました。何年かぶりで、昨日、城跡を訪ねてきました。
 戦国時代、今の津軽地方一帯は、三戸南部氏の支配下にあり、いくつかの支城が築かれていましたが、田舎館城もそのひとつでした。ところが、津軽統一を目指す大浦為信(後の津軽為信)は、次々に支城を攻略しはじめます。他の城が為信に降伏する中、田舎館城だけは南部氏への情誼を貫き、最後まで抵抗しました。そのときの城主は千徳掃部政武(せんとくかもんまさたけ)でした。しかし、1585年、3,000名の為信軍に攻められ、落城しました。この時の田舎館城兵は約330名だったといわれています。上の写真は「ヤマコ」とよばれる土塁です。落城した時に玉砕した田舎館城兵を埋葬した場所とされており、 土塁上に立つ老木は「サイカチの木」で、その時に墓碑として植えられたと伝えられています。なお、城主政武の夫人は「お市」といい (あの織田信長の妹と同じ名前ですね)、落城の際には難を逃れ、しばらく身を隠していましたが、1601年に為信が法要を営んだ際、焼香に現れ、自分の思いを綴った巻物を読み上げた後、その場で自裁したといわれています。そういった話ー政武と田舎館城兵の勇壮な戦いやお市にまつわる哀話などーが、人々を惹きつけるのだと思います。
 さて、今は田舎館城の遺構はほとんど残っていません。どんな城だったのでしょうか?ちょっと興味をもち、私なりに想像してみました。    
                        ☆津軽統一までのあゆみ☆                 
                                   
⇩よかったらご覧ください
   田舎館城今昔!
inakadate1215.jpg


記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


05-2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

«   »

月別アーカイブ
カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 六月、緑鮮やかな季節になってきました。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR