のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

水屋を支える鬼「最勝院」ーつがるみち29

 以前、川倉芦野堂を訪ねた時、隣接する三柱神社の鳥居に「鬼」がいました。
三柱神社の鬼

 その後、分かったことですが、津軽地方には岩木川沿いに、鳥居を支えたり、守ったりしている「鬼」が住む寺社は30数ヶ所も在るということです。
 今回、ご紹介するのは鳥居ではなくて「水屋」を支えている鬼たちです。場所は弘前市・最勝院。このブログの中でも、たびたび、その名前が登場する寺院です。
                 本堂まで ※クリックで拡大します。↓

山門

境内へ

鐘楼

本堂


 最勝院は「金剛山光明寺最勝院」と号し、宗派を問わず、多くの人々の信仰を集めている大寺です。大きな山門(仁王門)には、「金剛山」の扁額の下に「卯歳一代様」と記されていますが、ここは「弘前天満宮」とともに、卯年生まれの一代様でもあります。

 さて、目指す「水屋」は本堂の前。
「水屋」
どうしても中の龍神様
龍神様
に目を奪われてしまいますが、上を見ると、必死の形相で屋根を支えている鬼の姿があります。
屋根を支える鬼


 この水屋は、平成15年に行われた五重塔(国指定重要文化財)への本尊奉安を記念して建立された堂宇です。天井には、光明真言(こうみょうしんごん)

光明真言

 光明真言(こうみょうしんごん)は、正式名称は不空大灌頂光真言(ふくうだいかんぢょうこうしんごん)という密教の真言である。密教経典である「不空羂索神変真言経(菩提流志訳)」や「不空羂索毘盧遮那仏大灌頂光真言(不空訳)」に説かれ、以下の功徳・利益があるとされる。
○過去の一切十悪五逆四重諸罪や、一切の罪障を除滅する。
○十悪五逆四重諸罪によって、地獄・餓鬼・修羅に生まれ変わった死者に対し、光明を及ぼして諸罪を除き、西方極楽国土に往かせる。
○先世の業の報いによる病人に対し、宿業と病障を除滅する。

~wikipediaより~
という大日如来の徳が凝縮された「御真言」が描かれていて、その天井の梁を支えているのが四体の鬼達という分けです。この鬼達について、最勝院のHPでは、次のように紹介しています。
~ 鬼達は元々よこしまな鬼、つまり邪鬼であった。邪鬼は正しい教えや言葉に耳を貸さず悪の道に浸りきり、世の中の人を悲しませ、怒らせ、邪悪な快楽の世界へ誘う悪行を繰り返し、困らせ続けてきた。そこで、如来は忿怒の形相を示現し明王に姿を変え、教令(如来の教え)に従わせることにより邪鬼達をも迷いの淵から救い出そうと強く強く働きかけたのである。そして、その結果邪鬼達は改心し善鬼として如来の教えを信奉してゆくこととなった。この四体の善鬼達は人の感情を現す『喜怒哀楽』の表情を呈しつつ、仏法を護るべく天井の光明真言を今も渾身の力で必死に支えているのである。この最勝院の鬼達を『護法四善鬼』(喜鬼、怒鬼、哀鬼、楽鬼)と呼ぶ。~

 「喜怒哀楽」を表している四体の「善い鬼達」は、東の天井を「哀鬼」が、西を「喜鬼」、南を「楽鬼」、そして北を「怒鬼」が、それぞれ支えています。間近で見ると、その表情が真に迫っていて、とても迫力があり、「がんばれ。」と声をかけたくなりました。⇒『護法四善鬼』画像
                   ー「最勝院」のご紹介、次回へ続きます。

                            ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR