のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

長慶天皇のあしあと4ーつがるみち45

菊代姫御墓


 北畠氏の居城であった浪岡城の入口に
浪岡城址
ひとつのお墓が築かれています。長慶天皇の妃・菊代姫の伝承墓です。伝によると、菊代姫は家臣・新田宗興の養女とされており、天皇の妃として、「御潜幸の地」に付き従ったといわれています。
 中に入ってみると、こんもりとした盛り土の傍らに「菊代姫御墓」
御墓木柱
と記された木柱が立てかけられており、盛り土の上には小さな祠
小さな祠
が立っていました。浪岡御所に居た長慶天皇が、北朝方に追われるように浪岡の地を去ったとき、菊代姫もまた従ったという伝承もあり、ここに祀られているのは菊代姫なのか、天皇及び姫の縁者なのかは分かりません(もちろん伝説上のことです)。
 祠の隣りに姫の墓碑が立てられていますが、側には寄り添うように両手を合わせた小さな観音様?。。誰が手向けていったのでしょうか、墓碑の前には花束が供えられていました。今もこの伝承に心を寄せる方々もおられるようです。⇒菊代姫墓碑
菊代姫墓碑


白山堂


 浪岡を後にして、私は弘前市・紙漉沢(かみすきさわ)へと向かいました。旧中津軽郡・相馬村だったこの地は「長慶天皇御陵墓参考地」がある所ですが、ここにもまた「長慶天皇妃の御堂」があります。
 「白山堂」と呼ばれるこのお堂は、皇后・菊理姫(菊子姫)の墳墓に建てられたとされていて、由緒書きには、
由緒書き
天皇と共に紙漉沢に移ってきた姫が、この地で亡くなったということなどが書かれていました。浪岡の「菊代姫」は、ここでは「菊理姫」となっており、「菊理姫」というその名前から「白山大権現」と関連づけられているようです。

 旧相馬村は「長慶天皇ご逝去の地」と称されていたこともあり、長慶橋とか長慶峠(県境の林道)、長慶苑など、「長慶」と名のつく所がたくさんあります。「紙漉沢」という地名も、御潜幸の折に、製紙の技術が伝えられたことから名づけられたともいわれます。また、天皇(この時点では上皇)が、ここで修験者となって身を隠していたとき、付き従ってきた家臣や南朝方に心を寄せる地元の人々は率先して警護にあたったとされていますが、そのような伝承は「覚応院」というお寺にも残されています。

覚応院


 覚応院の山号は「行峯山(ぎょうほうざん)」。真言宗醍醐派の寺院ですが、ここの本尊は「浪切不動尊」と呼ばれ、次のような伝説があります。 
~ 天正13年(1585年)、津軽為信が、秋田沖で暴風雨に遭った際、太刀を海に投じて祈念したところ嵐はおさまった。いかりをあげてみると、さきに投じた太刀が不動明王の尊像とともに網にかかって引き上げられた。為信はこの奇瑞に感謝し、「浪切り不動」として、ここに祀った。※『青森の伝説』ー角川書店ー ~ 何か、新田義貞の「稲村ヶ崎」を思い起こさせる話です。

 さて、この覚応院・本堂
覚応院・本堂
の向かい側に「不動尊」を祀る社
「不動尊」
がありますが、鳥居の先の小高い丘は、かつて「茶臼館」と呼ばれ、三重の堀がめぐらされた要害であったとされています。
 由緒によると、この館は、長慶天皇が紙漉沢御所に居たとき、武官であった「溝口左膳亮」という人物が、東方の警護のため、元中2年(1385年)に築き、長慶天皇崩御の後もその「陵」を守るためにこの館に在住し、修験者となり、「行峯山」を開いたともいわれているのです。
 参道は、昔ここが「館」であった名残り
参道周辺
を感じさせる登りが続き、丘の上からは、御陵墓参考地のある紙漉沢一帯
茶臼館から
を眺めることができました。
                          ー次回へ。

                            ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR