のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > つがる市   Tags: つがるみち  

メロンロードその2「弘法寺 1」ーつがるみち57

 天皇山からメロンロードをさらに先に進んだところに「弘法寺」というお寺があります。和歌山県の高野山金剛峯寺を総本山とする真言宗の寺院で、「津軽弘法大師霊場」の第11番札所であり、山号は「西の高野山」を称しています。
 山号の由来について弘法寺HPでは、【・・明治までは「津軽高野山 九十九森寺」という寺であったが昭和27年「西の高野山 弘法寺」に改称。山号は所在地が西津軽郡の高野という地名であったことと、極楽浄土を表す西をもって「西の高野山」と呼ばれており、平成に入り山号に登録。】と紹介しています。

 
 道案内にしたがって、
案内板
小道を走っていくと、お寺が見えてきます。このお寺は【本尊は弘法大師で無檀家の信者寺である。先祖供養、および家内安全などの祈祷や相談に訪れる信者が多く、特に「黄泉の祝言」(独身で亡くなった人に伴侶をおくる供養)を行う寺であり、人形堂には県内外より奉安された約千体余の花嫁、花婿の人形が安置されている。※同寺HPより】とされ、弘法大師にまつわる伝承などが数多く残っていますが、私は本堂を訪ねる前に境内を一巡りしてみることにしました。

弘法寺山門


 初雪が降った後だったのですが、境内の紅葉はまだ鮮やかでした。大きな池を中心にして
弘法寺池
美しく整えられた庭園があり、池のそばには
弘法大師像
弘法大師の像が立っています。大師像は境内のあちこちに見られます。
 近くに巨石を重ね合わせた築山
築山
があったので行ってみると、何と大石の下にはかわいいカエルとお地蔵様
石の下のカエルと地蔵
が住んでいました。びっくりです。

ぽっくり地蔵


 庭園の向かい側に二人の童を抱えたお地蔵様が立っていますが、これは「ぽっくり長命極楽地蔵」
ぽっくり長命極楽地蔵
と名付けられていて、このお寺の「名物」のひとつになっているようです。
 由緒書きによると、【「ぽっくり」とは長生きして大往生を遂げることです。・・ある時は難病を治し、ある時は心の病を取り、ある時は私達の願いを叶える・・不思議な念力を持った地蔵様です。】と紹介されていました。

弘法寺不動堂


 さて、このお寺は「東北三十六不動尊霊場・第十六番札所 」でもある分けですが、庭園の奥の方にその不動堂
不動堂
はありました。(向かって)左側には阿婆羅底童子(あばらちどうじ)
阿婆羅底童子像
の像が立っています。不動明王には36人の童子が仕えているとされますが、この童子は16番目の侍者で、ここが「十六番札所」であることを示しています。
 右側には大きなカエルを従えた大師像。
交通安全祈願像
「今日も一日安全運転。無事かえる家庭の幸福は無事故運転から」という「交通安全守護蛙」でした。
 これは
招福狸
福を授け健康を守る「招福狸」。カエルと並んで何ともユーモラスです。

 この寺院は【創建年代は、天災により寺が消失しており記録が残されていないため不明である。唯一現存する7代目住職の位牌が、貞和4年(1347年)7月6日の年号があることから開創から900年ほどの歴史があると思われる。※同寺HPより】とされる古刹ですが、境内を歩くと何となく「安堵感」を覚えます。
                            ー 次回へ続きます。

                            ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR