のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > つがる市   Tags: つがるみち  名木めぐり  

メロンロードその5「最終氷期埋没林」ーつがるみち60

 メロンロードは「七里長浜」という長い砂丘と並行して走っている道ですが、弘法寺からさらに北へ進んだところに「出来島」という地区があります。出来島の海岸は海水浴場
出来島海岸
にもなっていて、夏には賑わいをみせるところです。
 この海岸沿いに「最終氷期埋没林」と呼ばれる太古の昔に埋もれた森林の跡があります。断崖に約1kmに渡って続いているこの「埋没林」は、世界最大規模のものだともいわれています。
  ⇒最終氷期埋没林付近
最終氷期埋没林付近


埋没林海岸


 「埋没林」と書かれた案内板
案内板
から、中央の坂道
海岸へ
を降りていくとそこには日本海の荒海。
日本海
地層がはっきりと見える断崖が
断崖
海のすぐそばまで迫っています。
 その崖と砂浜、そして海を見ているとなぜか映画『猿の惑星』を思い出しました。映画のラストのあたりで、海岸沿いで壊れた「自由の女神」を発見するという、あのシーンです。何となく似ています。晩秋の荒涼とした風景がそう思わせたのでしょうか(訪ねたのは11月中旬でした)。。

埋没林断崖


 さて、この埋没林は、【泥炭層の下に約28,000年前とされる姶良(あいら)カルデラ(鹿児島湾)
姶良(あいら)カルデラ
の噴火による白色の火山噴出物(姶良Tnテフラ)
姶良Tnテフラと埋没林
に覆われた立ち株や倒木が密集している部分で、最終氷期のトウヒ属とカラマツ属を主体とする針葉樹の埋没林】であり、
【・・この埋没林は寒冷な氷期から完新世(縄文時代)の温暖な気候に変動したことによる急激な水位上昇で、針葉樹林が水没・枯死し、さらに泥炭によって堆積されたことで形成されたものである。】とされています。 ※説明書きより

 埋没した樹根などは全体で数千本。その範囲は1kmにも及ぶことから世界的にも珍しい大埋没林とされ、地球の気候変動や太古の植生を知る上で貴重なものといわれている分けです。約29,000年前~26,000年前とされている姶良カルデラ火山灰が、ここ津軽にも飛んできて堆積したという事実もさることながら、樹木が「真空パック」状態で残されたということは驚きです。

 気の遠くなるような長い年月を経た太古の樹木は、崖からニョキッと飛び出してきそうな大きなものや、目を凝らして見なければ分かりにくいものなど様々な姿で埋もれていました。 ⇒最終氷期埋没林画像

晩秋のベンセ湿原


 ところで、この辺り一帯には沼地が多く、湿原があちこちに見られます。中でもベンセ沼
ベンセ沼
を中心とした湿原は「ベンセ湿原」と呼ばれています。
 面積が約20haという広大な湿原は、6月中旬頃から7月上旬頃にかけてニッコウキスゲやノハナショウブの群落
ニッコウキスゲ・ノハナショウブ
が黄色や紫の花を咲かせます。その見事な景観は「日本自然百選」にも指定されています。
 

 ー 今は全く季節外れ。
晩秋のベンセ湿原
シーズンにあらためて訪ねてみたいものです。

                            ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR