のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 五所川原市   Tags: つがるみち  

太宰治のまち1「金木八幡宮」ーつがるみち67

 つがる市・高山稲荷神社から五所川原市・金木町へとやってきました。
 金木町は太宰治のふるさと。太宰は自分が生まれ育ったまちを【金木は、私の生れた町である。津軽平野のほぼ中央に位置し、人口五、六千人の、これという特徴もないが、どこやら都会ふうにちょっと気取った町である。善く言えば、水のように淡白であり、悪く言えば、底の浅い見栄坊の町ということになっているようである。※小説「津軽」より】と語っています。
 町の中のあちこちに太宰の「小説の一節」
町の案内板
が立てられており、この町全体の歴史や雰囲気を伝えているようです。金木町を訪ねるのは今年2回目。夏には「川倉芦野堂」に行きましたが、今回は町の中心部を訪ねてみました。

太宰治記念館


 太宰の生家は今は「太宰治記念館」となっていますが、太宰ミュージアム公式サイトでは次のように紹介しています。【太宰治記念館「斜陽館」は、太宰が生まれる2年前の明治40年(1907)、父・津島源右衛門によって建てられた豪邸です。和洋折衷・入母屋造りの建物は、米蔵にいたるまで青森ひばが使用され、どっしりした重厚感が特徴となっています。国の重要文化財建造物に指定され、明治期の木造建築物としても貴重な建物。太宰はここで、家の商売や自らの立場を感じ、兄弟の間にも存在する身分の差を実感。親代わりの叔母きゑ、子守のタケとの出逢いと別れを経験し、成長していきました。】 ー 昭和25年から旅館「斜陽館」として旧金木町の観光名所となり、全国から多くの太宰ファンが訪れていましたが、平成8年に旧金木町が買い取り、現在に至っています。館内には
記念館内
蔵を利用した資料展示室があり、太宰が着用したマントや執筆用具、直筆原稿、書簡などが展示されています。

金木八幡宮拝殿


 この記念館のすぐそばに「金木八幡宮」があります。縁起によると、その創建は大永年間(1521年~27年)で、当時の浪岡城主・北畠具永が勧請したのが始まりとされています。天正年間(1573年~91年)には、津軽為信が戦勝祈願を行ったのをはじめ、4代藩主・津軽信政、5代・信寿の治世には、新田の開発成就祈願が行われたと伝えられています。以後、津軽藩歴代藩主の庇護のもと、霊験あらたかな神社として、安永3年(1774年)には「金木組24ヵ村」の総鎮守に選定され、広い信仰を集めるようになったとのことです。
 社殿は、明治38年(1905年)に焼失しましたが、41年には復興。境内には「寺子屋」があり、
拝殿前説明板
後に「尋常小学校」になったとのことですが、太宰はここで遊んだり、子守のタケが借りてきた本を読んでいたといわれています。

 いくつか鳥居をくぐって境内に入ると拝殿が見えてきます。
拝殿
境内には、「八幡様のお使い」とされる鳩や神馬、狛犬の石像がありますが、面白いのはいずれも手ぬぐいで頬かむりをしていることです。このことの説明書き
頬被り説明
が立っていました。それによると氏子の皆さんが「冬の厳しい寒さや夏の暑い日差し」から神社を守るために、誰からともなく「神使」達に手ぬぐいを被せるようになったのだとか。。
  ⇒頬被りをした石像達

金木八幡宮本殿


 境内には、津軽地方の神社の特色を記した説明書きも立てられていました。岩木川沿いには、鳥居などに「鬼が住む」神社が30数ヶ所もあるといわれていますが、この「津軽の鬼っこ」
「鬼っこ」説明 左:金木八幡宮説明書き 右:金木町三柱神社の鬼
についても書かれています。
 また、各神社の大祭などでは、たびたび「神楽」が奉納されますが、「津軽神楽」はその代表的なものです。その「津軽神楽」の由緒
「津軽神楽」の由緒
について書かれたものもあります。それによると、「宝永7年(1710年)に4代藩主・津軽信政が没した際、堰神宮(藤崎町堰神社)の神主・堰八豊後守安隆は、信政の神意にかなうような神楽を献上すれば、神道や地方文化の発展に寄与できると考え、(信政が傾倒していた)吉川惟足の流れの神楽の伝習を受け、これを津軽の社家の人々に伝えたのがはじまりとされる。」とされています。

 ー 藤崎町の「堰神社」といえば、人々のために自ら「人柱」となった堰八太郎左右衛門安高の霊を祀る神社です。私はこの「津軽神楽」の由来は全く知らなかったのですが、こうして、以前、自分が訪ねた社とのつながりを「発見」でき、楽しい思いをしました。今年はその堰神社において「津軽神楽創始300年」
「津軽神楽創始300年」※地元紙「陸奥新報」記事より
を記念して神楽が厳かに奉納されたようです。

                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR