のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > つがる市   Tags: つがるみち  水虎様  

水神を祀る寺「実相寺」ーつがるみち71

 津軽地方の岩木川流域は「鳥居の鬼っこ」をはじめ、化粧をほどこしたお地蔵様を祀るお堂など、独特の民俗信仰が根づいている所です。
 そのひとつとして河童の姿をした「水虎(すいこ)様」という「水神」を崇める信仰があります。地図で調べてみると、岩木川沿いにたくさんありました。
祀られている水虎様
西北津軽地方を中心にその寺社やお堂などは約80ヶ所といわれていますが、「水虎様」を祀り、水難防止を祈願するこの信仰は、つがる市・木造の実相寺から始まったとされています。
実相寺山門

実相寺鐘楼

 つがる市役所から木造駅へ。道の途中にこのお寺はあります。その山門は姿形が美しくとても趣があります。
山門
本堂と鐘楼の屋根の左右は、ピーンとつり上がっていて、まるで鳥の羽のようです。
 実相寺は山号「法光山」を称する日蓮宗のお寺ですが、その創建については、五所川原・飯詰城(高楯城)
飯詰城跡
に関わる伝承が残されています。

 戦国時代、大浦為信による津軽統一が進む中、飯詰城を守護していたのは、浪岡北畠氏の家臣・朝日左衛門尉藤原行安で、飯詰城は、北畠氏滅亡後も10年に渡って為信の攻撃を持ちこたえましたが、遂に1588年に落城しました。 ⇒飯詰城址
 その時、【城主の後室お妙の方は身ごもっていたため、城主の命により家老とわずかな供を連れ立って間道を通り城から大原(つがる市柏下古川)の地に逃げ延び男子を出産。その後、慶長2年(1597年)大原に主従の霊を弔うため落飾し庵を建て供養した。 ※実相寺縁起より】といわれており、「法華庵」と呼ばれたこの庵が実相寺の前身で、その後、【50年ほど経て寛文年間(1661-72年)のころ讃岐(香川県)生まれの実相院日成上人は布教伝道の為この地を訪れ、特に木作(木造)地方の多くの人の信望を得たので、住持していた法華庵を元禄2年(1689年)に現在の地に移し本行寺(弘前市)の末寺となった。元禄14年(1701年)本堂、庫裡の改装工事が完了し、法光山実相寺の寺山号を公称した。】とされています。

実相寺本堂

さて、「水虎」とは【中国の湖北省の川にいたという妖怪。外観は3、4歳の児童のようで、体は矢も通さないほどの硬さの鱗に覆われている。普段は水中に潜っており、虎の爪に似た膝頭だけを水上に浮かべている。日本には本来、中国の水虎に相当する妖怪はいないが、中国の水虎が日本に伝えられた際、日本の著名な水の妖怪である河童と混同され、日本独自の水虎像が作り上げられている~wikipediaより~】といわれていますが、津軽では「妖怪」というよりも、「龍神様の使い」「水神」として崇められています。それは江戸時代の末頃、ここ木造一帯で多発していた子どもの水難事故を憂いた実相寺の日順上人が、「水虎大明神」を勧請・祈願して広く水虎信仰を広めたことが、その源になっている分けです。

 現在でも、つがる市や五所川原市付近には沼や池
点在する沼
がたくさん見られますが、当時は川も多く、湿地が広がり、新田の開発も大変難儀をしたといわれていますし、悲惨な子どもの水死事故も多かったと思われます。余談ですが、山から離れていたため、薪が不足していたこの地方では、田んぼの底に積もった葦などの泥炭層を掘り、それを乾燥させて燃料にしていました。「サルケ」
サルケ ※Web『こまきのいせきものがたり』より
と呼ばれるこの燃料は昭和20年代まで使われていたとのことです。

 本堂の中に入り、「水虎様」を拝ませてもらいました。それは、中央の祭壇
本堂祭壇
に祀られていました。「水虎様」は、
水虎様
とても愛らしく、親しみやすい感じの「水神」でした。若い住職さんの話によると、遠く関東の方々も拝観に訪れるとのことです。

                 ☆つがるみち☆ ☆水虎様☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR