のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

藩主の霊夢「熊野宮」ーつがるみち85

 地元の人達は、自分達の地域にある神社を敬愛をこめて「○○○様」と呼ぶことがあります。「さるがさま(猿賀神社)」「あだごさま(愛宕神社)」という具合です。
 今回は弘前市・茜町にある熊野宮を訪ねたのですが、すぐ近くにあることは知りつつも、どうしても道が分からず困ってしまいました。それで、通りがかりの人をつかまえて「熊野宮へは、どう行ったらいいんですか?」と聞いたところ、「あー、くまのさまが・・」と言いながら、ていねいに教えてくれました。親しみがこもった「くまのさま」でした。

熊野宮一の鳥居


 この熊野宮は長勝寺の裏側にあり、仏舎利塔(忠霊塔)
仏舎利塔(忠霊塔)
の後ろ姿が見えます。二の鳥居
二の鳥居
をくぐって、まずは境内をひと巡り。
◇拝殿前の狛犬です。
拝殿前の狛犬
雪を払ってあげたかったのですが、高くて届きませんでした。
◇こちらは御神木。
神木
高さ31m、幹回り3.8m、樹齢200年のイチョウの木です。
◇境内社の天満宮。
天満宮
手前の狛犬はのほほんとした表情。
天満宮狛犬
側には猿田彦大神
猿田彦大神
の碑がたくさん立っていました。
 拝殿と本殿の間に中門がありますが、実はこの中門、昨年の冬に雪の重みで倒れ、ニュースになりました。
倒れた中門 ※地元紙『東奥日報』より
今はこの通り、補強されてしっかりと立っています。
熊野宮中門


熊野宮拝殿


 さて、この熊野宮の御祭神は伊邪那岐命ほか四神。その創建は不詳とされていますが、その縁起には津軽藩初代藩主・為信と2代目・信枚、親子2代にわたる「霊夢」の話が語られています。

 由緒書きによると、熊野宮は、文明の頃(1469年)に如来瀬から湯口(いずれも弘前市)に転社し、飛龍大権現・飛龍山東福院を称していましたが、応仁の乱のため衰退していました。
 津軽統一を目指す為信は永禄12年(1569年)、諸人が社付近を馬に乗って通ると必ず落馬するという話を聞き、【我も行って見んとて御馬にて出で行きしに、案の如く落馬せし、あらぬ躰にてお帰りになりにぞ・・・。※由緒書きより

 その夜、夢の中で【汝、一国の主となるべし。我、末にまで守るべし。】というお告げを得た為信は、この神様の御神影を錦の袋へ奉納し、軍神として戦場に勧請。後に、社を建立し、御神像を祀って「袋の宮」と称したといわれています。

熊野宮本殿


 その後、2代目・信枚も、これまた「霊夢」により再建を決意。慶長19年(1614年)頃、熊野三所権現(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)にならって、門外村に熊野新宮、八幡村に熊野本宮(現・熊野奥照神社)、そして現在の地に「那智大社」に相当する宮・「那智山袋宮寺熊野三所大権現」を建立した分けです。別当・袋宮寺(たいぐうじ)の名称は、為信の「錦の袋」からきたものなのでしょうか。

 明治時代初頭の神仏分離令により、別当だった袋宮寺から独立し「熊野宮」となる分けですが、現在の本殿は
熊野宮本殿
慶長20年(1615年)に建てられたもので、江戸時代初期の貴重な神社本殿建築として青森県重宝に指定されています。
 ところで、この本殿に狛犬がいますが、この狛犬、どうやら木造の狛犬
木造の狛犬?
のような気がしますが、どうなのでしょうか。。

 初代・為信の功業を受け継いだ2代目・信枚に課せられた役目は、城、町、そして藩内政治の新たな「建設」でした。とりわけ、政事(まつりごと)は祀事(まつりごと)であり、宗教政策は重要な課題だった分けです。ここ熊野宮に伝わる信枚の「霊夢」の話には、そのような当時の状況が反映されていると思われます。因みに信枚は、愛宕山橋雲寺の建立に際しても「霊夢」を見ています。

 熊野宮は、津軽家の祈願所として歴代藩主の崇敬を集め、社殿の修繕などは全て藩費をもって賄われてきたとされていますが、そのことを示すように、本殿の屋根には家紋「津軽牡丹」
本殿・津軽牡丹
がありました。

                              ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR