のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

津軽天台四山「薬王院 1」ーつがるみち87

 弘前市・笹森町に薬王院というお寺があります。報恩寺、袋宮寺、神宮寺とともに「津軽天台四山」のひとつとして知られるお寺です。
「津軽天台四山」は、当時、徳川幕府で大きな勢力を持っていた上野寛永寺の天海僧正に師事し、大きな影響を受けていた弘前藩2代目藩主・津軽信枚が、それまでの真言宗から天台宗へと改宗し、開山・整備した寺院ですが、薬王院の建立は寛永元年(1624年)のことといわれています。

薬王院山門


 山号「厳鬼山」を称する薬王院ですが、山門の前にそれを象徴する「赤倉山大権現」
赤倉山大権現
の石柱が立っています。
 岩木山は、鳥海山、岩木山、厳鬼山という三つの峰
岩木山
から成る分けですが、そのうち、厳鬼山は別名「赤倉山」ともいわれ、この赤倉山を御神体とする「赤倉信仰」は、広く津軽の地に根づいています。
 この「赤倉信仰」について、郷土史家・小館衷三さんは著書『岩木山信仰史』で、次のように述べています。
 【よく晴れた日に、岩木山を東北・北の津軽平野から見ると、太陽に照り映える赤肌の断崖は信仰の対象としてうなづけるものがある。恐ろしさと崇敬の念が混然として信仰の念を深めているといってよい。※小館衷三『岩木山信仰史』北方新社より

「一度悪天候ともなれば地獄を思わせる」というこの断崖絶壁は、「赤倉沢」
厳鬼山と赤倉沢
と呼ばれ、古来、ここには「赤倉の大人」という鬼が住んでいたとする伝承は、以前お伝えした通りです。 ⇒拙記事へ

薬王院本堂入口


 岩木山の信仰は、日本海航路や北陸路を通じてもたらされた比叡山文化の影響が大きいといわれていますが、この「赤倉大神」を奉ずる信仰もまた、天台密教を伝える修験道と土着の信仰が結びついて発展していったと考えられます。
 薬王院の本堂の中には、本尊の隣りに大きな「赤倉山」の奉納額
赤倉山
とともに、赤倉大権現を詣でる人々を描いた額も納められていました。ここには、神々が宿る岩木山の姿も描かれています。
 ⇒奉納額


 日本海側からもたらされた文化を伝えるものが境内にもうひとつ。化粧地蔵を安置している地蔵堂です。
地蔵堂
幼くして亡くなったこどもの霊を供養する化粧地蔵は津軽独特の風習ですが、もともとは、京都や若狭近辺の風習が北前船によって、津軽の地に伝えられたものだといわれています。
 ただ、この津軽の化粧地蔵、
化粧地蔵
その多くは「十字前掛」をしており、この十字が何を意味しているのか・・よく分かっていません。不思議な風習です。

薬王院本堂


 さて、この薬王院は、すぐ近くにある「弘前東照宮」の別当寺だった分けですが、弘前東照宮は、元和3年(1617年)の創建で、【弘前藩2代藩主津軽信枚が日光東照宮(東照大権現:徳川家康)の分霊を弘前城内に勧請したのが始まりと伝えられています。信枚の正室満天姫は家康の養女だった事から他の大名に先駆けて東照宮を勧請し徳川家と縁を強化し津軽家の安泰を図ったと思われます。寛永元年(1624年)には江戸城と日光東照宮との位置関係と同じ様に弘前城から見て北方の位置である現在地に遷座し、
弘前東照宮
寛永5年(1628年)には社殿を新たに造営しています。※HP「青森県:歴史・観光・見所」より】という大変由緒ある建物で、その本殿は国指定重要文化財になっています。

 ですが、この弘前東照宮、財政が破綻し、破産してしまいました。
地元紙『東奥日報』記事
その後の動向が大変注目されていた分けですが、弘前市が所有することとなり、その保護がなされることになったようです。私が訪ねたときは、本殿がすっぽり大きな建物で覆われ、その修復工事が行われていました。

                       ー 次回へ続きます。

                              ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR