のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

岩木山信仰「薬王院 2」ーつがるみち88

 薬王院は、寛永元年(1624年)に、2代藩主・津軽信枚が弘前城内にあった「弘前東照宮」を現在地に移転する際、別当寺(神社を経営・管理する寺)として建立された分けですが、由緒書きによると、【大阿闍梨本祐法印を開山に迎え寺領弐百石を与え社僧の千寿院、成就院、寿福院、教王院、延命院、観教院の六坊を建立、十五石づつを与え信枚は上野寛永寺の天海僧正に師事してその教えをうけ天台宗を信仰していたので薬王院もはじめは上野寛永寺の末寺であった。しかしのちにこの寺は取りこわされ再建の上京都延暦寺の末寺となった。】とされています。

 その後、【承応3年(1654年)3代信義が再興し、さらに元禄9年(1696年)4代信政が修覆しており、また天保5年(1834年)には9代寧親社殿堂宇を再建薬王院に自分の木像を寄進するなど歴代におよんで保護を加えた。】分けですが、明治の神仏分離によって建物はいったん取りこわされてしまい、再興がなされたのは明治10年のことといわれています。  ※【 】は由緒書きより。

山門石柱


 山門の前に「赤倉山大権現」と共に、「薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)」の石柱が立っていますが、ここ薬王院の本尊は「薬師如来」です。
 天台宗系の寺院では薬師如来を祀る寺院が多いとされていますが、ここ津軽もその例外ではなく、「薬師信仰」は古くから津軽地方に広まっていたようです。

 津軽の霊峰・岩木山は修験者達がもたらした天台系の密教や熊野信仰と結びつき、三つの峰がそれぞれ御神体として崇められています。即ち、鳥海山が「薬師如来」、岩木山が「阿弥陀如来」、厳鬼山が「十一面観音」という「三尊仏」になぞらえられ、信仰されている分けです。
  ⇒三つの峰と三尊
三つの峰と三尊


 この信仰について、江戸時代の紀行家・菅江真澄は、寛政八年に次のようなことを記しています。【左の峰(※厳鬼山)に観世音をまつる寺があり、岩鬼山観音院西方寺といって、もと十腰内村にあった。右の峰(鳥海山)は薬師仏をあがめて鳥海山景光院永平寺といい、もと、松代村にあった。なか峰(岩木山)は弥陀仏をまつり、岩木山光明院百沢寺という。これが元尊法印のひらかれた寺である。この寺も、もと十腰内にあったが、いまはここにうつされている。むかしは十腰内まで行き、その村から岩木岳に登るのを主な登山道としていた。 ※菅江真澄『津軽の奥』 】

本堂薬師如来


 さて、このお寺は「巌鬼山叡平寺薬王院」を称していますが、その前身は菅江真澄が記している鳥海山の麓・松代村(現鰺ヶ沢町)にあった鳥海山景光院永平寺であり、永平寺は岩木山最初の寺院であったと伝えられています。したがって、ここに祀られている薬師様は、岩木山信仰のはじまりともいえる分けです。

 本堂の中には、
本堂内
そんな岩木山信仰の象徴ともいえる「お山参詣の祝詞・サイギサイギ」
サイギサイギの絵
を描いた絵も掲げられていました。
 真ん中には瑠璃色に光る大きな本尊・薬師如来。
本尊・薬師如来。
そばにはこんな可愛らしい絵もあり、
可愛らしい絵
この御本尊が、多くの人々に信仰され、親しまれていることが分かります。

 ここ薬王院は「津軽八十八ヶ所観音霊場第六十番札所」でもあり、由緒書きには、『ひにつきに やくしかんのん ねんずれば げんぜあんのん ごしょうごくらく』という御詠歌が書かれていました。

                         ー 次回へ続きます。

                              ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR