のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

雪の禅林街その4「万蔵寺」ーつがるみち94

 禅林街の中心である長勝寺は、 津軽家の先祖・大浦光信の死後、その子盛信が父の菩提を弔うために、享禄元年(1528年)鰺ヶ沢町・種里に創建し、
種里城址配置図
慶長15年(1610年)、弘前城築城に伴い、現在地に移転してきたお寺です。
 この長勝寺をはじめ、禅林街の寺院は、弘前城の築城とともに津軽一円からこの地に移転してきたお寺が多い分けですが、万蔵寺
万蔵寺
もそのひとつです。

唐糸御前史跡公園


 万蔵寺の山号は「唐糸山」。以前、記事で取り上げた唐糸御前
唐糸御前像
(及びその伝承)にまつわるお寺です。
 唐糸御前は、鎌倉幕府の執権・北条時頼の愛妾でしたが、周囲の妬みをかい、その讒言により故郷・津軽藤崎に逃れ、ひっそりと暮らしていました。
 やがて、最明寺入道となった時頼が全国行脚の途中、津軽にもやってくることを聞き、落魄の我が身を恥じて池に入水したといわれている薄幸の女性です。 ⇒以前の拙記事へ。
 唐糸御前の死を深く嘆き悲しんだ時頼は、唐糸御前が通っていた平等教院というお寺に墓をたて、厚く弔ったといわれていますが、それが万蔵寺の始まりとされています。

万蔵寺本堂


 この万蔵寺については、【弘長二年(1262年)、曹洞宗満蔵寺縁起に、この年最明寺入道北条時頼、津軽藤崎の霊臺寺を復興して臨済宗護国寺となし、大覚禅師をもって開山すると伝えられている。また、護国寺住持の死去と後任に関する室町時代1490年代の書簡(建長寺文書)から、護国寺は鎌倉建長寺の末寺で、建長寺僧が住持として派遣されていたことが判明している。※『新青森市史資料編2古代・中世』~ブログ「あおもり”藤崎学プロジェクト”」より】とされています。

 禅宗と幕府政治が密接に結びついていたこの時代は、鎌倉の建長寺を中心に全国に「関東御祈祷所」と称する幕府安泰祈願の寺院がつくられ、北条氏はその勢力を固めていく分けですが、この藤崎の護国寺(満蔵寺、後に万蔵寺)もそのひとつで、津軽を治めるための「要」となるお寺だった分けです。

 藤崎にあった万蔵寺は、前述のように禅林街の構築とともに現在地へと移り、臨済宗から曹洞宗となった分けですが、重要文化財である長勝寺の銅鐘は、
長勝寺の銅鐘
もとは万蔵寺のものでしたが藩の命令で長勝寺に釣ったものです。

万蔵寺本堂祭壇


 山門をくぐり、雪囲いの扉を開けると、古い歴史を感じさせる本堂の姿
本堂入口
が見えます。
 中央の祭壇には、
祭壇
本尊である釈迦如来。この本尊の手前に一体の毘沙門天が祀られていますが、高さ1尺3寸、約40cmのこの毘沙門天像は、
毘沙門天像
北条時頼が寄進したものだといわれています。

ー 唐糸御前は遠く離れた時頼を案じ、守り神として1寸3分の毘沙門天像を肌身離さず身につけていたとされていますが、時頼は唐糸の死を憐れみ、その仏像を持ち帰り、やがて10倍の大きさにしたものを刻ませて万蔵寺に寄進したと伝えられています。

 
 唐糸御前の位牌
唐糸御前の位牌
は、その毘沙門天像と寄り添うように置かれていました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
栄螺堂

禅林街メモ 【栄螺堂(さざえどう)】
 栄螺堂は天保10年(1839)に豪商中田嘉兵衛が発願して建立されたもので、天明、天保と大飢饉が続き弘前でも多くの餓死者が発生し、無縁仏となった死者を弔う為だったとされます。
 建物は、平面が八角形で壁に沿って廻り階段になっている事から栄螺堂又は六角堂などと称されています。内部には階段に沿って観音菩薩や三十三観音など多くの仏像が安置され階段を昇降するだけで巡礼したと同じ御利益があるとして信仰の対象にもなりました。このような建築形態、宗教施設は東北では飯盛山さざえ堂(福島県会津若松市)と御堂だけで大変貴重なこのとから弘前市指定有形文化財に指定されています。
            ※ HP「青森県:歴史・観光・見所」より
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

                              ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR