のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 平川市   Tags: つがるみち  鬼ッコめぐり  

殿様と八幡宮その1「尾崎八幡宮」ーつがるみち100

 私のブログは、津軽地方の寺社巡りが中心なので、どうしても弘前藩の藩主にまつわる記事が多くなります。とりわけ、3代藩主・津軽信義には何かにと逸話が数多く残されており、何回か取り上げてきました。
 その事績や人となりについては、碇ヶ関・国上寺の「ねまった不動様」をはじめ、いくつかご紹介したので、ここでは省略しますが、平川市には、この信義に関する伝承が残っている八幡宮が2つあって、そのひとつが尾崎(おさき)地区にある八幡宮(以下、尾崎八幡宮)です。

尾崎城址


 この尾崎八幡宮の一帯は、尾崎城と呼ばれる平城があった所で、その築城年代は、はっきりしていませんが、暦応2年(1339年)の頃には既に築かれていて、津軽・曽我氏の勢力下にあったとされています。
 永禄年間(1558~70)には尾崎三郎右衛門・尾崎喜蔵が城主となっていました。
 尾崎氏は、大光寺城・滝本播磨守重行に従う南部氏の家臣でしたが、天正3年(1575年)に大浦(津軽)為信の攻撃により大光寺城が落城すると、城主・尾崎喜蔵は為信に降伏し、以後、大浦氏に臣従したといわれています。

 しかし、尾崎氏は後に為信に対して謀反を起こします。慶長5年(1600年)の関ヶ原合戦の際、尾崎喜蔵は津軽の留守居役として、この地にとどまっていましたが、為信の命により上方へ向かう事になった際、これに従わず、三ッ目内城(大鰐)の多田玄蕃、石川城(弘前)の守将・板垣兵部と共に、堀越城を占拠してしまったのです。反乱の理由は、豊臣方(石田方)と通じていたためともいわれていますが、ともあれ、この反乱は速やかに鎮圧され、尾崎城は廃城となった分けです。

 尾崎城は、主郭・二ノ郭など5つの郭で構成されていたといわれていますが、現在、その場所は宅地化されており、主郭だった場所には城址碑と尾崎一族の慰霊碑
尾崎一族の供養碑
が建てられています。八幡宮の境内は二ノ郭の跡とされており、境内の背後には掘の跡
掘の跡
が見られ、そこから主郭の方を望むことができます。

尾崎八幡宮参道


 笠木や注連縄の上にも
笠木・注連縄
雪がのっていて、境内は深い雪の中でしたが、少し歩いてみました。
◇二の鳥居付近の狛犬ですが
狛犬
、片方はこの通り。
雪に埋もれた狛犬
完全に雪の中に沈没していました。
◇境内にはこの他にも狛犬や燈籠、神馬などがたくさんありましたが、樹氷ならぬ「石氷」といった感じでした。 ⇒境内の神馬や狛犬(画像複数)
拝殿
拝殿
の隣には、神馬堂と観音堂。⇒神馬堂と観音堂(画像複数)
◇その向かい側に末社
末社
がありますが、隣のこの立派なお堂、
末社隣のお堂
何か大事なものが祀られているような気がするのですが、分からずじまいでした。

尾崎八幡宮本殿


 さて、この尾崎八幡宮は、延暦年間に坂上田村麿が熊野権現を祀り社殿を建立したとされ、その後、一時衰退しますが、領主・尾崎三郎右衛門が社領を付して社殿を建立したと伝えられています。
 3代藩主・津軽信義は寛永の頃(1630年頃)、鷹狩りの際に立ち寄り、参拝したといわれていますが、そのときに、【八十歳ばかりの老人が大石の上に立ち、「社堂を再興せば、国中安泰、諸願成就す」と告げて姿を消した。・・この八幡様の化身とみられる老人の立った足跡のある大石は「神石」と呼ばれ、村人に崇められた。※『青森の伝説』角川書店】という伝承が残されています。

 このお告げに従ったかどうかはともかく、信義が八幡宮を再建したことは確かなことのようです。 ー この伝承の意味するところは、信義が滅亡したかつての領主・尾崎一族の霊を厚く弔ったということなのかも知れません。余談ですが、信義は石田三成の孫にあたる人物ですので、前述したように西軍・石田方に味方した尾崎氏に対して、特別な思いを持っていたのかも・・などと勝手に想像してみたりします。

 ところで、老人の足跡が残っているという「神石」ですが、どこにあるのか分かりませんでした。実際にあるのかどうか、雪の下になっているのか、それともあの末社の隣の立派なお堂の中にあるのか。。
 ただ、入口付近に、頭に植物をのせた一対の巨石
一対の巨石
が置かれているのが目をひきます。それは、
一対の巨石
大きな燈籠のようにも、門のようにも見えました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



【鳥居の鬼ッコ】
 平川市・柏木八幡宮に掲げられている鬼ッコです。尾崎八幡宮からの帰りに寄ってみました。
 石に顔を刻んだとても素朴な造りの鬼ッコで、とても優しい表情をしています。
 ※右の画像をクリックしてご覧ください(画像複数)。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

                              ☆つがるみち☆                             
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR