のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 平川市   Tags: つがるみち  鬼ッコめぐり  

殿様と八幡宮その2「新屋八幡宮」ーつがるみち101

 その境内が、戦国時代の城跡であったとされる神社はたくさんありますが、とりわけ「○○八幡宮」と呼ばれる社にそれが多いようです。やはり、祭神の「八幡神(誉田別命)が武神として、武将達から崇められていたからでしょうか。
 先回の尾崎八幡宮もそうでしたし、藤崎町の「藤崎八幡宮」にも掘跡や土塁などが残っていました。
 今回訪ねた平川市・新屋地区に鎮座している八幡宮(以下、新屋八幡宮)もまた、新屋城というお城があった所です。

新屋城址


 新屋城は、その築城年代は定かではありませんが、戦国時代には、新屋源次郎という武将が城主でした。
 新屋氏は、大光寺城の城代・滝本重行の家臣であり、新屋城は、南部方の津軽支配のための支城のひとつだった分けです。
 『津軽藩史』には、新屋氏は、天正3年(1575年)、大浦為信が大光寺城を滅ぼすと、翌天正4年に、尾崎城主・尾崎喜蔵とともに為信に降伏したと記されていますが、一説では、その前に滝本氏に攻められ、城は落城し、浪岡へ落去した後、津軽家臣となったともいわれています。

 
 現在、新屋公民館近くに標柱が建っていますが、それによると新屋城は大館・小館・西舘・寺館の4郭からなると記されていて、集落全体が当時の城跡であるともいわれています。現在は宅地化が進み、遺構はほとんど残っていませんが、八幡宮の境内は、その主郭であったとされており、水壕の跡
水壕の跡
が残っています。

拝殿


◇道端に立っている一の鳥居からは想像できませんでしたが、その参道はかなりの長さでした。雪をかぶった杉木立や燈籠など、なかなかきれいな景色です。
  ⇒参道(画像複数)
◇こちらは神橋。
神橋
城の水壕だった所に架けられています。手前には小さな狛犬
神橋手前の狛犬
がありました。
◇拝殿の前の狛犬
拝殿前の狛犬
です。少し雪を払ってあげました。
手水舎
手水舎
と、その近くに建っている末社
末社
です。
◇境内の中で、ひときわ目を引くのがこの大きな神馬像。
神馬像
高さ4,5m位か。。

本殿


 さて、新屋八幡宮は、創建の年代はよく分かってはいませんが、先回の尾崎八幡宮と同様、弘前藩3代藩主・津軽信義にまつわる次のような伝承が由緒書き等に記されています。※【】は青森県神社庁公式サイトより
【寛永19年(1642)11月、津軽大守藤原朝臣信義公が、この地域で御鷹狩の節、にわかに心願を興され当社へ参詣し、社司へ祈祷を命じたところ、心願が成就し大層喜ばれ、社司にこれからも祈祷に精励するように仰せ付けられた。】
 さらにはまた、【翌20年正月16日の夜、当社祭神が、信義公の枕元にお立ちになり、尚37日間の祈祷を続けるよう申されたので、その旨社司へ命じたところ、祈願が成就し感悦の余り当社へ神饌を供え、御神楽を奉納、同年7月16日より本殿、神楽殿、鳥居、橋等に至るまで、悉く全て新しく造営し、翌21年正月20日、社領地として30石を寄進された。】とあり、以後、明治維新に至るまで、津軽藩主の祈願所として崇められてきたという分けです。

 
 祭神(八幡神)が尾崎八幡宮では大石に、ここ新屋八幡宮では夢枕に立って、信義に対して「社運を興すように」と告げた・・というとても面白い話になっていますが、これは、津軽氏による領地の支配が進んでいったことを示していると思われます。

 初代・為信の津軽統一、そして、2代・信枚の弘前城築城と城下町形成の後を引き継いだ信義に課せられたものは、その領地の細かな統治だった分けで、たびたび信義が行った「鷹狩り」は領地の現状を視察するという意味もあったと考えられます。

 信義の時代は、新田開発などで経済が発展する一方、津軽三十三霊場の創始などにみられる宗教政策も進んでいく分けですが、この尾崎・新屋両八幡宮に伝わる伝説も、津軽氏が、その領地の「民心掌握」に努めていったことを物語っているように思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



【鳥居の鬼ッコ】
 平川市・三社神社に掲げられている鬼ッコです。新屋八幡宮からの寄り道です。
 黒い目、赤い眉、大きく出っ張った白い歯・・遠くから見てもすぐその姿が分かる鮮やかなブルーの鬼ッコです。
 ※右の画像をクリックしてご覧ください(画像複数)。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

                              ☆つがるみち☆                             
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR