のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 鶴田町   Tags: つがるみち  鬼ッコめぐり  

鳥居にも拝殿にも「胡桃舘八幡宮」ーつがるみち116

 胡桃舘(くるみだて)の八幡宮は、元は近くの中野村にあったのですが、荒廃したために、ここにあった観音堂の相殿として遷されたものです。
 明治の神仏分離により、観音様が取り上げられてしまい、境内には現在、淡島神社が建てられています。
 この淡島神社の社殿の後ろ側に、ひとつのお堂が建っていますが、覗いてみたら、そこが観音堂
観音堂
でした。お堂だけは残っているようです。
 観音堂の周りには、小さな末社が並んで建っていたり、庚申塔や二十三夜塔もあります。そこからは、八幡宮の本殿も見ることができました。かつては、この場所が境内の中心だったのかも知れません。 ⇒末社・庚申塔・本殿(画像複数)

八幡宮拝殿


 淡島神社、そして観音堂などを見た後、あらためて八幡宮の鳥居をくぐりました。
 ここにもまた、御神木
御神木
が2本、鳥居の脇にそびえています。第二の鳥居というべきでしょうか。
 こちらは、八幡様のお使いの狛鳩。
狛鳩
そして、こちらが狛犬
狛犬
です。とても愛らしく、「ワンちゃん」という感じです。頬被りは「神使」に対する人々の思いやり・・。西北津軽地方には、こんな頬被りの狛犬がたくさんいます。
 狛犬だけではありません。ここの神馬
神馬①
は、お腹にも手ぬぐいを巻いています。寒さから身を守る腹巻きのかわりでしょうか。
 こちらの神馬
神馬②
、前足と後ろ足に動きがあり、境八幡宮や沖の闇おかみ神社の神馬像とよく似ています。鶴田町の神社の特徴といえるかも知れません。

八幡宮拝殿龍神①


 拝殿の左右の壁には、龍神を描いた額が奉納されていました。青色の背景に金色で龍を刻んだ、なかなかの力作です。(向かって)左側の龍神の横を見てみると、いました、いました、青鬼
拝殿の青鬼①
です。
 淡島神社で見たものと同じような木工作品?の青鬼。
拝殿の青鬼②

 その瞳が、一方は真ん中、片方は下向きに描かれていて、思わず笑ってしまいます。

八幡宮拝殿龍神②


 一方、右側の龍神様の絵の隣には赤鬼
拝殿の赤鬼①
が掲げられていました。こちらの赤鬼
拝殿の赤鬼②
は、頭に大きな一本の角が生えていて、節分のときの鬼みたいです。
 黄色い目や黒い髪、鋭い牙と胸毛もしっかり描かれていますが、どこかユーモラスです。
 この拝殿の青鬼と赤鬼、とても親しみやすく、その姿を見た人は、ほっとするのではないでしょうか。

八幡宮一の鳥居鬼ッコ


 さて、この神社の鳥居の鬼ッコは一の鳥居にありました。拝殿の青鬼、赤鬼とはうってかわって、とても怖い表情をした鬼です。
 全身が金色、角も耳もぴーんと跳ね上がり、口は大きく裂け、鋭くとがった歯が見えます。眉根を寄せて、目を大きく見開き、参拝する人を睨みつけているようです。その容貌は「般若の面」を思わせます。
                ⇒胡桃舘八幡宮鬼ッコ(画像複数)

 淡島神社の青鬼、八幡宮拝殿の青鬼と赤鬼、そして一の鳥居の金色の鬼・・。ここ胡桃舘八幡宮には、合わせて四体の鬼ッコが掲げられていました。ここでもまた、鬼ッコは敬われ、親しまれているようです。

                              ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment
 
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR