のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 青森市   Tags: つがるみち  津軽の北斗七星  

津軽の北斗七星「大星神社2」ーつがるみち118

 坂上田村麻呂が北斗七星に導かれて蝦夷を制圧した・・という伝承を持つ大星神社ですが、その由緒については、
【延暦十一年蝦夷鎮護の祈願所として草創され、同二十年坂上田村麻呂将軍東夷征討の時、本社殿を再興して妙見宮と称して天之御中主神を祭ると言い伝えられる】とあります。「妙見宮」の名の通り、もともとは妙見菩薩を本尊とする寺院だったのですが、明治の神仏分離によって大星神社となり、祭神も天之御中主神(アメノミナカヌシ)となった分けです。

 
 藩政時代には歴代の津軽藩主の庇護のもと、社殿の建築や修復がなされたようで、由緒書きには【・・九代藩主寧親公は由緒深き本社の御神事を盛んならしめんと壮麗なる本殿を構築し、御神器諸物、御真筆の社号の額を奉納。国家安泰を祈願され、本社を津軽藩の大社に列し社禄を与える。】と記されています。※【】は青森県神社庁HPより 

 弘前藩9代藩主・津軽寧親が、ここに壮麗な社殿
大星神社本殿
を建てたのは、幕府から蝦夷地警護の命を受けたときであり、ここ妙見宮が、往古より蝦夷征伐に由緒が深い社であったことを示すものです。

大星神社三の鳥居


 大鳥居から境内までは長い参道が延びていて、途中には猿田彦大神
猿田彦大神
も祀られています。二の鳥居からは、参道が左に折れており、三の鳥居へと続いています。
 この三の鳥居の米俵
三の鳥居
、金属で出来ているようで、金色に光っていました。
 境内には、注連縄が張られた御神木がいくつかありましたが、これは、大杉と枝垂れ桜の古木。
大杉と枝垂れ桜

 由緒には、4代藩主・信政が【庭園を築き、桜樹を移植して境内を整備し神聖を計り・・】とありますが、樹齢350年以上ともいわれるこの枝垂れ桜
枝垂れ桜
は、その当時のものなのかも知れません。今でも美しい桜の花を咲かせていて、花見時には、境内はたくさんの人々で賑わうとのことです。

大星神社拝殿


 拝殿の前に見事な花崗岩造りの四の鳥居
四の鳥居
がありますが、この鳥居は、文化6年(1809年)に、当時江戸で有名な考証学者・狩谷えき斎が建立したものです。えき斎は「津軽屋」の屋号で江戸の本郷湯島にて米穀商を営み、代々弘前藩邸に出入りした御用達であったといわれている人物です。
 こちらは拝殿の側に建っている薬師神社
薬師神社
。こちらの古びた鳥居の奥のお堂
神馬堂
が気になったので、覗いて見たら、神馬
神馬
が祀られていました。
 拝殿
拝殿
は白壁造り。中には弘前藩の祈願所だったことを思わせる津軽牡丹
拝殿内
の幕が張られていました。入口にこんな「お知らせ」
「お知らせ」
がありました。宵宮のときに、ろうそくの形が「龍の姿のようになった」というのですが・・・。

妙見宮


 さて、この神社の母体であった「妙見宮」
妙見宮扁額
は、現在も境内の中に建てられています。
 妙見信仰は「星辰信仰」とも呼ばれ、天空の中心である北極星と北斗七星を崇める信仰のことですが、【古代中国の思想では、北極星(北辰とも言う)は天帝(天皇大帝)と見なされた。これに仏教思想が流入して「菩薩」の名が付けられ、妙見菩薩と称するようになった。「妙見」とは「優れた視力」の意で、善悪や真理をよく見通す者ということである。 ※wikipediaより】とされています。

 
 この妙見菩薩は日本では、奈良時代の頃から「妙見宮」として、お寺にも神社にも祭られていましたが、明治以降、神社には、宇宙の創生神・天之御中主が祭られるようになったといわれています。

 さらにはまた、「北斗七星」ということから、北の守護神である「毘沙門天」とも同一視されています。即ち、妙見菩薩=天之御中主=毘沙門天といわれる分けです。
 坂上田村麻呂は、戦いの神様である毘沙門天を深く信仰し、蝦夷征伐が成った先々で毘沙門堂を建てて祭ったとされていますが、津軽の北斗信仰が伝わる七つの神社も、それにあたっています。

 ここ、大星神社の妙見宮の中
妙見宮内
にも、そんな古来からの信仰(妙見、北斗、毘沙門)を物語る扁額や奉納額などが掲げられていました。

                              ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR