のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 中泊町   Tags: つがるみち  鬼ッコめぐり  

小さな境内にも「熊野宮」ーつがるみち123

 神社の境内には御祭神のみならず、様々な神様を祭る末社や祠などが建っています。薬師大神、山の神、稲荷大明神など多くのお堂を見てきました。
 さらにはまた、猿田彦大神の碑、庚申塔、二十三夜塔、観音像などたくさの石碑もよく目にします。大きな神社ばかりではなく、決して広いとはいえない小さな社の境内にも、それはあります。
 それぞれの時代に、それぞれの人々が、それぞれの信仰の証を村の産土社に祀った結果、地域の鎮守の杜が出来上がるのだと思います。富野猿賀神社の帰り道に立ち寄った中泊町豊島の熊野宮もそんな社です。

庚申塔ほか


 この熊野宮は豊島地区のはずれにあり、そのすぐそばを岩木川が流れていて、高い堤防が築かれています。
 御祭神は伊邪那岐命・伊邪那美命ですが、その由緒については、【創立年月日不詳であるが、元禄十三年に再建したと「神社微細調書」に記載してある。享保七年岩木川洪水により堤防決壊したので、同十三年現地に移転した。※青森県神社庁HPより】とあります。「暴れん坊」の岩木川は、この地においても、たびたび氾濫し、村人を苦しめたようです。

 拝殿の左横(向かって)に御神木があり、その前に三つの石碑が建てられています。
 ひとつはおなじみの庚申塔。【庚申塔(こうしんとう)は、庚申塚(こうしんづか)ともいい、中国より伝来した道教に由来する庚申信仰に基づいて建てられた石塔のこと。※wikipediaより】で、古来、各村では庚申講(庚申待ち)という一種の社交の儀式が行われるのが常でした。これは、人間の体内にいるという三尸虫という虫が、寝ている間に天帝にその人間の悪事を報告しに行くのを防ぐため、60日ごとにやってくる庚申の日に夜通し眠らないで、塔のそばで勤行をしたり宴会をしたりする風習です。
 二つ目は、これもよく目にする猿田彦大神の碑で、三つ目は猿田彦とともに、天鈿女命(あめのうずめのみこと)の名前が刻まれた碑でした。
  天鈿女命はいうまでもなく、天照大神を岩戸から導き出した神であり、天孫降臨の際、天照大神の使者として国津神の猿田彦の名を問い正したとされる神です。猿田彦は、ニニギノミコトの天降りの道案内をしたことから、道祖神として崇められている分けですが、「庚申=カノエサル=猿」ということから、猿田彦と庚申塔はそろって建てられていることが多いようです。 ー この神社の境内でもそんな庚申講を思わせる儀式が行われているのでしょうか、そんな「あしあと」が残っていました。木に架けられた絵札に描かれているのは岩木山。
岩木山
津軽ですね。。

熊野宮末社


 拝殿の右の方には三つのお堂。
三つのお堂
順番に覗いてみました。一番左側は、水難防止の神・水の神の水虎様
水虎様
です。すぐそばを岩木川が流れていることを考えると、この水神を祀っている理由もよく分かります。高おかみ神社同様、ここの水虎様も河童姿ではなく、女神様
水虎様
でした。
 真ん中は稲荷大明神。
稲荷大明神
稲荷様は、豊饒神・宇迦之御魂大神(うかのみたまおおかみ)で、春になると山から里に下りてきて田畑の豊作をもたらす神様と考えられていて、人々は古くから春になると、この神を迎え、収穫を終えると初穂を捧げて神に感謝したとされています。キツネは、その稲荷大明神のお使い。祠の中には、神様と神使
稲荷大明神
が仲良く祭られていました。
 右側は馬頭観音
馬頭観音
のお堂でした。馬は牛とともに、農業にとってはなくてはならない大事な働き手で、農民にとっては神ともいえる存在だった分けで、それを崇める気持ちはとても強いものがあり、こうして観音様
馬頭観音
として祭られるようになったのだと思います。

熊野宮拝殿


 さて、私がここ熊野宮を訪ねようと思ったのは、実はここにも鬼ッコが掲げられていると聞いたからです。
 真っ白い壁の拝殿の上、扁額の横に、その鬼はいました。鬼というよりは「修験者」を思わせる姿です。
 頭部は少し欠けていますが、大きく見開いた目や、右手の拳をしっかりと握りしめた姿からは、力強さ、意志の強さみたいなものを感じます。
     ⇒豊島熊野宮鬼ッコ ※画像複数

 この熊野宮の後ろには、見渡す限り田んぼ
神社の後ろ
が広がっていました。 
 ー 小さな境内に祀られている水の神・水虎様、豊作の神・稲荷様、人々の労働を手助けし、見守る馬頭観音と鬼ッコ・・・それらは五穀豊穣を願う地域の信仰の現れなのだと思います。

                              ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR