のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  津軽の北斗七星  

津軽の北斗七星「熊野奥照神社」ーつがるみち126

 熊野奥照神社を訪ねるのは2回目です。以前は、弘前八幡宮及び多賀神社(清水観音堂)と同じ時期、同じ石材で造られた「三兄弟狛犬」を探して訪ねてみたのでした。
 この神社もまた、「津軽北斗七星神社」のひとつですが、実は、弘前市内には、「小北斗七星」とも呼ばれる七神社(弘前七神社とも)もあるといわれていて、津軽の大北斗の中に、小北斗も隠されている・・といわれています。その小北斗の中には弘前東照宮や大杵根神社など、現在は廃社になっているものもありますが、この熊野奥照神社は、大北斗にも小北斗にも名前を連ねていて、ある意味、北斗信仰の中心となる社ともいえそうです。

熊野奥照神社奉納額


 この神社の縁起等については、以前の記事をご覧いただければと思います。(前の記事と少し重複します)「熊野神社」や「熊野宮」と呼ばれる社は津軽地方に数多くありますが、ここは、そんな熊野信仰の中核となる社です。
 藩政時代には、茜町の熊野宮とともに、熊野三所権現にも例えられた他、【大同2年、坂上田村麻呂が鳥居を建てたとか、津軽国中に七社を建立して武器を伏せ、将軍が常駐するように秘法を残した。※小館衷三『岩木山信仰史』】とか、北斗七星伝説も、その縁起の中に語られています。拝殿の中に納められている巨大な奉納額?は、この神社の古い由緒を物語っているようです。

◇熊野奥照神社・拝殿、本殿 ※画像はクリックで拡大します。

 
熊野奥照神社拝殿①
熊野奥照神社拝殿②
熊野奥照神社拝殿③
熊野奥照神社本殿①
熊野奥照神社本殿②



 さて、熊野奥照神社は、阿部比羅夫が東征の際、小泊・権現崎
小泊・権現崎
に御神体を祀ったのが創建とされていていますが、権現崎の断崖絶壁頂上には尾崎神社があり、修験者の聖地として崇められ、飛龍大権現の他に仙薬を求めて日本にやって来た徐福が航海の神として祀られています。
 その後、扇野庄(現弘前)に遷座し、「高岡熊野宮」とも称された社が現在の熊野奥照神社なのですが、すぐに遷座が成った分けではなく、一時期、御神体は別の社に預けられたと伝えられています。

熊野宮本殿


 その神社が、弘前市堅田に鎮座する熊野宮です。その由緒には、【当社創建立年月不詳と云えども、熊野奥照神社、上古斧杭より、扇庄に遷座の時当社地に暫く休み給ひし、神興掛石と云う大石あり、今に存せり当地に社殿を建立して以来産土神社として深く崇敬せられて年々の祭事絶えず今日に至る。※青森県神社庁HPより】とあり、熊野奥照社との深いつながりが分かります。

◇堅田・熊野宮境内 ※画像はクリックで拡大します。

 
熊野宮参道
熊野宮拝殿①
熊野宮拝殿②
薬師大神①
薬師大神②


 由緒では、「神興掛石」という大石があった・・とされていますが、探せませんでした。注連縄が張られた本殿の磐座
本殿の磐座
が、神石だったのでしょうか。。

                              ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR