のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 田舎館村   Tags: つがるみち  津軽統一までのあゆみ  

落城悲話「生魂神社」ーつがるみち129

 南津軽郡田舎館村は、弥生時代の水田跡が残る垂柳遺跡や田んぼアートの村として知られていますが、戦国時代には千徳氏が治めていた土地で、その居城である田舎館城があったところです。
 田舎館城は、本郭・外郭・新館・東郭の四郭で構成されていたとされていますが、現在では遺構らしいものは明確には残されておらず、本郭の端であったと思われる小高い場所に城址碑が立っているだけです。この田舎館城址のそば、道を挟んだ場所に生魂神社が鎮座しています。

田舎館城址


 田舎館城は、詳しい築城年代は分かっていませんが、建武3年(1336年)頃には既に城館があったといわれています。文明7年(1475年)には、南部氏一族で浅瀬石城主・千徳政久の次子である千徳大三郎貞武が田舎館城主となったとされていて、以後、千徳氏の居城として、南部氏の津軽支配に重きをなしていた分けです。
 大浦(津軽)為信によって、津軽統一への戦いが進められていた頃の城主は、5代・千徳掃部政武でしたが、政武は、石川城、浪岡城、大光寺城などが次々と落城したり、同族の浅瀬石・千徳氏が為信と同盟を結んだりした(後に同盟は破綻)中にあっても、頑として南部氏への情誼を曲げず、戦い抜いていました。そんな姿は、何となくあの高松城主の清水宗治を思わせます。
 政武は、高潔な人柄で家来や領民の尊敬を集めていたといわれており、為信もその人物を惜しみ、再三にわたって降伏勧告に努めましたが、南部氏への忠誠の念が厚かった政武は応じず、やむなく為信軍は、天正13年(1585年)5月、総攻撃を行い、田舎館城は落城した分けです。この時の戦いでは、為信軍3,000に対し、城兵は、わずか330余名、全員が突撃を繰り返し玉砕したという悲壮な落城の物語が伝えられています。
 城址碑が残る小高い丘は「ヤマコ」と呼ばれており、田舎館城兵330余名を埋葬した場所で、現在、そこには田舎館城400年記念碑
田舎館城400年記念碑
が建っており、後ろには往時の城を模した役場の庁舎
田舎館村役場
が見えます。
 この「ヤマコ」の老木・サイカチの木は、戦死した城兵たちの墓碑として植えられたと伝えられていますが、その姿は、
サイカチの木
落城の様子を今に伝えているようです。

 このような田舎館城の「落城悲話」を、いっそう際立たせているのが千徳政武の妻・お市の物語です。お市は、これまた為信に滅ぼされた和徳城(弘前市)主・小山内氏の娘だったこともあり、政武に嫁いでからも、父の仇である為信に一矢報いたいと念じていました。田舎館城落城当時、お市は十七歳・・夫の命にしたがって泣く泣く城を脱出したとされています。
 以後17年の間、お市は身を潜めていた分けですが、慶長6年(1601年)3月、清水森で執り行われた津軽統一の際の戦死者の大法要の場に、お市は侍女と共に突然姿を現します。仏前に進み出たお市は、【「それ義によって軽きものは武士の命、情けにより捨てがたきは婦人の身なり。わが夫はなはだに武名を重んじ、すみやかに戦場一葉の露と身をなし給う」と一巻の文を、朗々と読み上げた。『津軽一統志』】 ー そして、短剣を取り出して自ら胸を突き刺し、慕う夫の後を追って自害したといわれています。
 お市自刃の地である清水森には、彼女を祀る祠が建てられ、政武とお市夫妻の霊が弔らわれているとのことです。

生魂神社二の鳥居


 さて、生魂神社は、その縁起によると【人皇五十一代平城天皇の御代、 大同二年 (八〇七) 四月四日坂上田村麻呂将軍建立と伝えられる。 ※青森県神社庁HP】とあり、古くから田舎館城下において、信仰を集めていた社だったようです。御祭神は「生魂神 (いくむすびのかみ)」で、この神様は【「延喜式」にみえる神祇官八神のうちの一神。物を生産する能力を神格化したもので、天皇の守護神として宮中の鎮魂祭などの祭神とされた。※kotobankより】ということですが、イクは「活」、ムスは「産」であるために、物を活発に産み出す霊力をもつ神とされています。

生魂神社拝殿


 拝殿の中に由緒を記した額
由緒を記した額
が掲げられていますが、それによると、【田舎館城落城の際、兵火により炎上したが、不思議あると知り、為信公、御仮殿を建立・・】とあります。この「不思議ありと知り」が何を意味するのか定かではありませんが、戦国に限らず、勝者が敗者を祀ることは古来から行われてきたことで、あるいは滅んだ千徳氏の霊を鎮めるための建立だったのかも知れません。また、それは、千徳氏に代わって、新しく支配することになった土地の人心の安定を図ったものとも思われます。
 さらに、2代藩主・信枚は、その後、社を再建し、【鬼板に津軽藩の紋である「卍」を付けたが、 それは現在に至るまで社紋として用いられている。】とのことです。
「卍」は、古くは坂上田村麻呂がその霊力によって、岩木山麓の悪鬼(蝦夷)を滅ぼしたとされていたり、為信が旗の紋に用いたところ、津軽統一の念願が叶ったとされ、津軽藩の象徴ともいえる紋章ですが、その大事な御紋を、この神社の社紋として与えたところをみると、藩の経営上、この田舎館の地が重要視されていたことが分かります。

 境内には、もうすっかりお馴染みになった金属製の注連縄や、大きな牛の石像。本殿の隣には「千徳掃部追悼碑」が建てられていました。

◇田舎館・生魂神社 ※画像はクリックで拡大します。

 
生魂神社狛牛?
生魂神
千徳掃部追悼碑
生魂神社拝殿①
生魂神社拝殿②


                              ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR