のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 五所川原市   Tags: つがるみち  鬼ッコめぐり  名木めぐり  

流れ松と鬼「沖飯詰八幡宮」ーつがるみち130

 神社やお寺を訪ねて西北津軽を走っていると、道路際に地蔵堂や庚申塚などが立っているのをよく目にします。
 中には、鳥居や小さな祠といっしょに、たくさんの庚申塔や二十三夜塔
庚申塔・二十三夜塔
がある場所もあり、ときどき立ち寄って見たりすることもあります。
 今回は、五所川原市沖飯詰の八幡宮を訪ねましたが、道の途中に、小さな鳥居と小さな祠のそばに、形の良い松が生えている場所がありました。辺りは見渡す限り田んぼが広がっており、その姿形が引き立って、とても美しく見えます。

 この松は、通称「沖飯詰の松(おきいいづめのまつ)」と呼ばれるクロマツで、五所川原市の指定名木
標柱
にもなっているものですが、高さ約10m、幹回り6.8m、樹齢はおよそ400年という老松です。
 標柱に記されている説明によると、この老木は【もとからここにあったのでなく、かつての大洪水で飯詰から流されてきて、ここに根づいたもの。この辺り一帯が洪水で水浸しになった際、飯詰から見れば沖合にあたることから、村人は「沖飯詰」と命名した。】 ー 大雨による岩木川の氾濫は、あたかも平野部に海が出現したかのようだったということがよく分かります。この老木は、「沖飯詰」という地名の起源を物語るものとして祀られている分けです。

◇沖飯詰の松 ※画像はクリックで拡大します。

 
沖飯詰の松①
沖飯詰の松②
沖飯詰の松③
沖飯詰の松④
沖飯詰の松⑤



 この沖飯詰集落の村社となっている八幡宮は、「流れ松」から少し進んだ道路沿いに鎮座しています。
 五所川原市の鬼ッコめぐりのひとつとして訪ねましたが、車を停める場所がなく、例によって、近くの民家の庭先をお借りしました。ご主人は快く許可してくれましたが、「鬼見にきたのが・・こないだも(この間も)、だれだが(誰かが)来て見でったやー。そったらに(そんなに)めずらしいべなー。」と、にっこりと笑って話してくれました。地元の人にとっては、「鬼」は当たり前のようです。

八幡宮拝殿


 八幡様らしく、社号標のてっぺんには鳩がとまっていました。
社号標
民家の間を参道が延びていて、なかなか奥行きがある神社です。
 この八幡宮の創建の時期は、はっきりとはしていませんが、この辺り一帯の社がそうであるように、ここもまた、新田開発がほぼ整った頃(1650年~70年?)に、五穀豊穣を祈念して建立されたものと思われます。
 本殿の後ろには田んぼが広がり、実りの時期には、境内はまた違った様相を見せることでしょう。

◇八幡宮境内 ※画像はクリックで拡大します。

 
二の鳥居
三の鳥居
拝殿
本殿
御神木



八幡宮二の鳥居


 鬼ッコは、二の鳥居に掲げられていました。逆光で、顔に影ができていたせいもあると思いますが、何となくその顔は優しい表情に見えました。
 お腹も突き出ており、腕の筋肉も盛り上がってはいますが、睨んだり、威圧したりという感じではなく、穏やかに人々を見守っている・・そんな印象です。丸く黒い小さな目や虎ひげに囲まれた口元など、とても親しみやすい鬼でした。

 ⇒沖飯詰八幡宮鬼ッコ ※画像複数
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR