のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: 津軽統一までのあゆみ  

となりのまちー弘前市「革秀寺」

 弘前市の革秀寺(かくしゅうじ)
を訪ねました。革秀寺は山号を「津軽山」といい、慶長15年(1610年)に、弘前藩二代目の藩主、津軽信枚(のぶひら)によって建立された曹洞宗のお寺で、藩祖津軽為信の菩提寺です。為信は、慶長12年(1607年)に京都で生涯を閉じましたが、その際に「岩木山が見える場所に埋葬してくれ。」と遺言したといわれています。-いつの時代にも、津軽人にとって岩木山は心の拠りどころだったのですね。ー 遺言のとおり、岩木山が見渡せる境内には、重要文化財に指定されている津軽為信霊屋(つがるためのぶおだまや)があります。この霊屋は、はじめは質素なものだったそうですが、文化年間(1804~17年)の修理で、現在のように極彩色の華麗なものになったといわれています。実は、この霊屋の中には、あの豊臣秀吉の木像が安置されているのです。
 「木造太閤秀吉座像」といわれるこの木像は、もともと、弘前城に館神[たてがみ]として祀られていたものです。今も弘前城の一角に、館神跡がありますが、ここは藩主や城内の安全などに関わる加持祈祷が執り行われていた場所で、ここへ出入りできたのは、藩主や神官やその家族など、ごく限られた人だけだったといわれています。表向きは稲荷社でしたが、後ろに厨子があり、その厨子は一度も開かれることがなく、 「開かずの宮」と呼ばれていました。明治になって、その「開かずの宮」の扉が開けられたとき、ひっそりと安置されていた「館神=秀吉木像」が見つかり、その後、1957年津軽家から革秀寺へ寄託され、現在に至っています。それにしても、なぜ、弘前城の一角に秀吉が祀られていたのか、とても興味があります。
 為信は、1550年、南部一族である久慈氏の子として生まれましたが、後に津軽郡大浦城主、大浦為則の養子となり、家督を継ぎます。その後、南部氏との抗争を経て、秀吉の時代には、ほぼ津軽地方を平定していました。1590年、秀吉は小田原北条氏を滅ぼし、天下統一の総仕上げとして、 「奥州仕置」を行いましたが、その中で、為信は所領を安堵されました。姓を「大浦」から「津軽」に改めたのもこの頃のことです。しかし、この為信の「本領安堵」は、順調に進んだわけではありませんでした。南部氏から「為信の所業は私闘を禁ずる秀吉の命令(惣無事令)に違反する」との訴えが出され、一時、危うい立場になったといわれています。しかし、為信は、ここで持ち前の政治力を十分に発揮し、豊臣秀次や石田三成、近衛前久たちと親交を結び、秀吉へのとりなしを依頼し、遂に南部氏のクレームは却下され、津軽の領有が認められたのです。このように、為信はじめ、歴代の津軽家藩主にとっては秀吉は正に「大恩人」だったわけで、弘前城の守り神として、秀吉の木像を祀ってきたわけも分かるような気がします。それにしても、徳川幕府が豊臣家の痕跡を消そうと躍起となっていた時代に、ひっそりとはいえ、秀吉を祀ってきた歴代の藩主には感心させられます。豪胆というか、頑固というか、律儀というか。。。
 なお、本領安堵の際、為信を援護してくれた中心人物は石田三成であり、為信は、特に三成に恩義を感じていたといわれます。関ヶ原の戦いでは、為信と信枚は東軍、嫡男の信健は西軍につきましたが、為信親子は三成の次男である重成を保護したり、三女の辰姫を信枚の妻に迎えたりしています。特に、この辰姫はその後の津軽家とは切っても切れない縁になるのですが、そのことについては、津軽家の菩提寺である長勝寺(弘前市西茂森)を訪ねて、簡単にレポートしてみたいと思います。

 さて、この津軽為信霊屋の中は、ふだんは非公開になっていて、その中を見ることはできませんでしたが、お寺の中にちょっとしたギャラリーがあって、そこに秀吉の木像などの写真が飾られていました。住職さんに撮影の許可をお願いし、撮影してきました。この革秀寺は、周りの池に見事な蓮の花が咲き誇ることでも有名です。ギャラリーの中には、参観者が写した蓮の花の写真や、小学生の蓮の絵が展示されていて、心が和みました。
                       ☆津軽統一までのあゆみ☆ 


革秀寺境内散策!
津軽為信霊屋!
IMG_0336.jpg      



関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR