のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 五所川原市   Tags: つがるみち  鬼ッコめぐり  水虎様  

地蔵堂と鬼2「胸肩神社」ーつがるみち139

 西北津軽地方の鬼ッコめぐりも終盤になりました。板柳町、鶴田町、つがる市、五所川原市から中泊町の各地に点在する鳥居の鬼ッコ・・・それは、弘前から十三湖方面へと、江戸時代初期から行われてきた新田開発をはじめとする土地の開拓と無関係ではなく、その多くは、五穀豊穣祈願の象徴として掲げられているものだと思います。
 そのような開発の大動脈が岩木川。津軽地方を潤し、経済発展をもたらしたこの川は反面、「雨三つぶ降ればイガル」といわれるほどの暴れ川でした。 ⇒以前の拙記事をご覧ください。

 
 弘前藩は、その盛んな新田開発のおかげで、実質的な石高は30万石にも達したといわれていますが、【その道程は洪水と凶作との過酷な戦いの連続だった。元和、元禄、宝暦、天明、天保の五大飢饉は、その度に数万人の餓死者を出し、津軽一円を凄惨な地獄へと化せしめた。食えないゆえの赤子の間引きなどの歴史も、津軽の情念となってじょんがら節の哀調や恐山のイタコ信仰の形で今日につながっているのだろう。※HP「TSUGARU BRAND」より】とされています。

 こうしてみると、岩木川沿いに、庚申塔などの塚や地蔵堂が多いのも分かるような気がします。水害で亡くなった人々(多くは子ども)や飢饉のために、それ以上生きられなかった幼子の供養なのでしょう。
 今回通りかかった岩木川の土手
岩木川の土手
のたもとにも後生車が立っており、鳥居の奥には地蔵堂がありました。大きな地蔵様のまわりに、たくさんの赤子の地蔵様。。

◇岩木川土手の地蔵堂 ※画像はクリックで拡大します。

 
地蔵堂①
観音様
地蔵堂②
地蔵堂③
地蔵堂④



 今回訪れたのは五所川原市藻川村崎の胸肩神社。その名前の通り、日本書紀で、市杵島姫命(イチキシマヒメ)、田心姫命(たごりひめ)、湍津姫命(タギツヒメ)と呼ばれている、いわゆる「宗像三女神」を祭っている神社です。
 この三女神は、神話によると、「アマテラスとスサノオが天真名井で行った誓約の際に、スサノオの剣から生まれた三女神」で、海の神、水の神として信仰を集めていることは、よく知られているところです。
 

胸肩神社一の鳥居


 この神社の由緒については、【創建年号は不詳である。 明暦二年弁天宮を蟹下と称する地に勧請の処、 度々の水害により弘化三年現住所へ移転せらる。 明治六年四月胸肩神社と改め、 村社に列せられる。 ※青森県神社庁HP】とありますが、御祭神の一柱である市杵嶋姫は、弁才天と同神とされ、各地の胸肩神社
猿賀胸肩神社
に祭られていますが、多くの弁天宮は神池を伴っています。かつては、ここの境内にも池があったのでしょうか。
 「度々の水害により」・・と由緒の中にも岩木川の洪水について記されていますが、【岩木川上流は急勾配のため、雨で水嵩が増すたびに鉄砲水のように氾濫を繰り返した。問題は上流だけではない。川には、水だけでなく、周囲の山からの大量の土砂、さらには、日本海から吹き付ける波風が海岸の砂を運び、ついには十三湖の水戸口(出口)をふさいでしまう。行き場を失った水はどっと津軽平野に溢れ出し、実りはじめた稲穂を一夜にして泥の淵に沈めたのだった。※HP「TSUGARU BRAND」より

 
 海ならぬ岩木川のほとりに、この水神を祭る神社を建立したのは、やはり、水運の発展と人や物の水難防止の祈願をこめたものなのでしょう。境内の中には、もうひとつの水の神・水虎様
水虎様
も祀られていました。
 また、【こうした数々の辛酸をなめながらも、農民たちは黙々と、馬に挽かせて田を打ち返す馬耕(バッコ)を繰り返し、灌漑工事に汗を流した。新田開発とは、まさに水との戦いだった。】とされていますが、馬は、
馬の石像
やはり、力強い味方だったようです。

◇胸肩神社境内 ※画像はクリックで拡大します。

 
庚申塔
二の鳥居
神使たち
末社
本殿



胸肩神社鬼ッコ


 さて、水神とともに地域を守っている鬼ッコですが、今まで見てきた鬼達とは少し表情が違うような気がします。何というか、哲学者のような風貌とでもいえばいいでしょうか。
 姿形は修験者風の赤鬼ですが、ものを深く見つめているというか、じっくり物事を考え込んでいるような、そんな容貌です。手をゆったりと膝の上にのせ、参拝する人々の様子をじっと見ている・・そんな威厳を感じさせる鬼でした。

 ⇒胸肩神社鬼ッコ ※画像複数

                              ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR