のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  名水と霊泉  

街の水神「胸肩神社」ーつがるみち148

 前回は、岩木山麓にある清水(しつこ)を紹介しましたが、山間部だけではなく、街の中にも湧水があり、水汲みに訪れる人々で賑わう場所があります。
 弘前市の紙漉町は、その名の通り、紙漉職人達のために延宝5年(1677年)に町割がなされたとされていますが、古来、この地は、湧き水が多く、清らかな水を利用した紙漉きが盛んに行われた所でした。この町に富田の清水と呼ばれる「しつこ」があります。

 説明によると、【周辺は、古くから清水の豊かな所として知られ、中津軽郡富田村に所在したことから、「富田の清水」と呼ばれて来ました。貞享3年、4代藩主・信政が越前の熊谷吉兵衛を招き、紙漉き法を導入した際に、この豊かな清水が使われました。その後、地域住民の生活用水として使用され、現在に至っています。昭和60年に環境庁が選定する名水百選に選ばれ、現在は近代的に屋根や吹き放しの壁、石畳風の床などが整備され多くの人達が清水を汲みにきます。※HP「弘前市:歴史・観光・見所 」より】とあります。
 中の水槽は6層に分かれているのが特徴で、【1・2番目は飲用、3番目は米・青物の洗い、洗面用、4番目は紙漉の材料や漬物を漬ける、5・6番目は洗濯、足洗い等の使用のきまりがあった※水屋の説明書きより】とのことです。

 この富田の清水からほんの数m先(※町名は違いますが)に御膳水
御膳水
という湧水があります。今は、枯渇しているようですが、看板には、【明治14年に明治天皇が二度目の東北地方巡幸の折、弘前市本町にある金木屋を御座所とされ、その際、お茶や食事用の用水としてこの水を使用したのが名前の由来で、また藩政時代から稲荷神社の御手洗としても使用されるなど、広く地域住民の生活用水としても利用されてきている。】とありました。 ー 現在は辺りは宅地化され、往時の様子は分かりませんが、一帯は名水の宝庫だったようです。

◇富田の清水 ※画像はクリックで拡大します。

 
富田の清水①
富田の清水②
富田の清水③
富田の清水④
富田の清水⑤




 富田の清水からほど近い品川町、ここに胸肩神社が鎮座しています。
 その名の通り、御祭神は水神・宗方三女神(田心姫命・市杵島姫命・湍津姫命)ですが、由緒によると、【大同2年 (807年) に坂上田村麿将軍が信仰していた辯才天を大野に勧請し、手馴れの琵琶を奉納のうえ、臣下の名川野妥女正を神主に命じ奉仕させたのが創建と言われている。寛文2年 (1662年) に、大野の地が手広となったので、現鎮座地の品川町へ遷座している。・・土手一座弁財天神社、又は弁天宮と称され、士族、町民の崇敬篤く、寛永4年(1707年)には信政公門弟の士族により末社春日宮が建立されている。明治6年、胸肩神社と改称し春日大神を合祀している。※青森県神社庁HP】とあり、元来は弁才天を祭る社だったようです。

 弁天様は、【元来インドの河神であることから、日本でも、水辺、島、池、泉など水に深い関係のある場所に祀られることが多く、弁天島や弁天池と名付けられた場所が数多くある。そのため弁才天は、日本各地の水神や、記紀神話の代表的な海上神である市杵嶋姫命(宗像三女神)と神仏習合して、神社の祭神として祀られることが多くなった。※wikipediaより】とされていますが、この神社もまた、明治の神仏分離により、御祭神の差し替えが行われたのでしょう。

 しかしながら、ここは古くから「弁天さま」として親しまれ、弘前のみならず津軽一円の信仰を集めてきたことは、鳥居の扁額に「辯天宮」と刻まれていることや、奉納された祈願絵馬に琵琶を持った弁才天が描かれていることからも、よく分かります。

◇胸肩神社境内 ※画像はクリックで拡大します。

 
一の鳥居扁額
祈願絵馬
岩木大神と稲荷神社
拝殿
拝殿内


 水の神である三女神、弁才天を祭る社らしく、この神社の境内にも湧水があり、弘前の繁華街に面していることもあって、名水を求めて、たくさんの人々が訪れます。
 水屋の中には、小さな鳥居と岩木山を模したような神石が置かれ、水の精・龍(蛇)神も祀られていました。龍の口からは、冷たい清水が勢いよく流れ落ちていて、その水量も豊富なようです。

◇胸肩神社湧水 

 
胸肩神社湧水①
胸肩神社湧水②
胸肩神社湧水③
胸肩神社湧水④
胸肩神社湧水⑤


                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR