のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  名水と霊泉  

修験の森2「堂ヶ平桂清水」-つがるみち168

 尾開山と堂ヶ平山を結ぶ東北自然歩道「名水と忍者修験道のみち」・・・尾開山の御茶ノ水からいったん山を下りて、大沢という集落から堂ヶ平山桂清水へと向かいました。
 堂ヶ平山(どうがたいさん:496m)については、次のような話が伝えられています。
【本県にスキーが入って間もない1919(大正8)年。スキーで弘前市大沢から堂ケ平山を越え、大鰐町折紙地区に抜けたパーティーがあった。リーダーは、本県でのスキー普及に尽力した油川貞策大尉だった。おそらく、本県における山岳スキーツアーの第1号とみられる。同年1月28日付の東奥日報はそのときの模様を次のように伝えている。「歩兵第五十二連隊は油川大尉の指導で将校五人が一週間スキー術を練習。熟達したため一月二十五日、弘前中学教諭一人を含む七人で山越えを計画した。午前七時、連隊に集合。堂ケ平山山頂までは雑木の密林で苦労。また下りは急斜面のため斜滑降で慎重に滑り午後十一時半、折紙地区に着いた」※Web東奥「あおもり110山」より
 今はスキー目的で入山する人はなく、山菜やキノコ採り、そして、名水「桂清水」を求めてやってくる人々などで賑わう山です。

 この堂ヶ平山一帯も、中世から江戸時代にかけて、山伏たちの「修験の森」であったところで、山麓にはかつて修験の寺などもあったそうですが、現在でも山中に鳥居やお堂、祠などが点在し、かつての面影を残しています。
 案内板
案内板
では、「堂ヶ平神社」となっていますが、それは、これらのお堂や祠を総称したものと思われます。一帯全部が「境内」だといえばいいでしょうか。
 大沢の集落を過ぎると堂ヶ平の山並みが見えますが、そこからは細い林道となっており、杉林の中を進んで行くと、やがて鳥居や祠などが現れます。とても心細い山道ですが、視界が開けて目指す「桂清水」が見えたときには、ほっとしました。

◇桂清水まで

 
堂ヶ平山
林道①
林道②
山中の鳥居
山中の祠



桂清水①


 「桂清水」という同名の湧水は、津軽北斗七神社のひとつである乳井神社にもありました。乳井神社のそれは、「昔、境内にあった桂の木の根元から清水が湧き出していたことから名づけられた」ものですが、ここ堂ヶ平の桂清水は、文字通り、ほんとに桂の老木の根元から、勢いよく水が湧き出しています。
「よく水の流れが尽きない(とぎれない)ものだな・・」と感心するほどの水量です。「自然の不思議」といえばいいでしょうか。
 地域の人々は、そんな桂と湧水の姿に水の神「龍神」を見たのでしょう。桂の根元、水の出口には「龍の面」がはめ込まれていました。

ー【桂清水は1988(昭和63)年、県指定「私たちの名水」に選ばれた。これを契機に水をくみに来る人が急増、土、日曜日には、順番待ちの行列ができるほどだ。・・・地元大沢地区には昔から「おさの(大沢の)どがでの(堂ケ平の)桂水飲めば、80ばさまも若ぐなる」という歌があり、名水を誇りにしている。この歌は津軽民謡『ドダレバヂ』の節に合わせ盆踊りで歌われる。※Web東奥「あおもり110山」より】ー

◇桂清水

 
桂清水②
桂清水③
桂清水④
桂清水⑤
桂清水⑥


 さて、堂ヶ平山一帯は、鎌倉時代初期、この地方に大きな勢力を誇った熊野系修験の「福王寺跡」とされているところですが、藩政時代には「金光山市応寺」という修験の寺が置かれていたともいわれています。
「福王寺跡」は、前述の乳井神社一帯にもあったとされています(※「桂清水」という名前にも共通点があるように思います)が、だとすれば、堂ヶ平山から尾開山、大鰐阿闍羅山、そして乳井地区にかけて、延々10数kmにも及ぶ、一大修験場が形成されていたことになります。福王寺氏(乳井氏)をはじめとする当時の修験寺が強大な勢力を持っていたことがうかがわれます。

 桂清水の後ろには「龍神祠」があり、そこから少し進むと、「山ノ神」を祭る神社がありました。鳥居をくぐり、坂道を登ると、見事な桂の老木があり、そのそばに「大山祇神社」のお堂がありました。中には、2体の山ノ神。この山全体を守護しているのでしょう。ここからさらに小高い山に向かって道が延びており、いくつかのお堂が建っています。

◇山ノ神堂(大山祇神社)

 
龍神祠
山ノ神①
山ノ神②
山ノ神③
山ノ神④


                        ー 次回へ続きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR