のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 深浦町   Tags: つがるみち  

海辺の小社「恵比須神社ほか」-つがるみち171

 鯵ヶ沢町から深浦町へと続く西海岸沿いには、「その昔、殿様が千畳の畳を敷き酒宴を催した」といわれる岩棚がある千畳敷海岸
千畳敷海岸
をはじめ、多くの景勝地があります。千畳敷は、1792年(寛政4年)の地震により隆起して出来た岩床の海岸ですが、海辺には、大小様々な島や、長い年月をかけて海水や風に浸食された奇岩などが立ち並び、海を見ながら快適なドライブが楽しめます。そんな島々の中には、赤い鳥居が立ち、小さな社殿があるものもあります。私は、名水「トヨの水」がある深浦町の神明宮を訪ねたのですが、その途中の風景を拾ってみました。

恵比須神社①


 深浦町の中心部に入る手前に「大岩」という景勝地があります。文字通り「大きな岩の島」なのですが、国道から遊歩道が延びており、歩いて行くことができます。その遊歩道の入口付近に鎮座しているのが「恵比須神社」です。ここもまた小さな島になっていて、赤い鳥居が立っており、島の上に社殿があります。

 その由来書きには「恵比須澗口(まぐち)の入江を利用して漁業を営む上田豊吉が、海上安全と大漁を祈願して、祠堂を建立。以後、一帯に住む人々の信仰を集める。」とありました。
 御祭神は「事代主命(ことしろぬしのみこと)と船魂主命(ふなだまぬしのみこと)。事代主命は「えびす様」と同一神とされる、漁業と商業の神で福神でもある分けですが、船魂主命については、【船霊(ふなだま)とは海の民が航海の安全を願う神。天平宝字6年(762年)に嵐にあった遣渤海使船能登で、無事の帰国を船霊に祈ったことがあり、起源は相当古いようである。御神体が有る場合と無い場合がある。ある場合は人形、銅銭、人間の毛髪、五穀、賽などを船の柱の下部、モリとかツツと呼ばれる場所に安置し、一種の魔除け・お守り的な役目を果たす。また、陸上に船霊を祀る神社をおく場合もある。※wikipediaより】といわれています。
 船霊(船魂)を祀ったのは漁民の他に船大工。棟梁は船が完成すると船霊をまつる儀式を執り行ったとされています。 ー 事代主命(恵比須神)、船魂主命・・ともに漁業のまち「深浦」にふさわしい御祭神だった分けです。

◇恵比須神社と大岩

 
 
恵比須神社②
恵比須神社③
恵比須神社④
恵比須神社⑤
大岩



猿神鼻岩洞門①


 恵比須神社を過ぎると、間もなく深浦町役場がありますが、この役場の庁舎の向かい側に岩壁を掘りぬいた隧道があります。
 名前は「猿神鼻岩洞門」。穴門とも呼ばれるこの洞門は、深浦港への物資の安全な運搬の為に、明治25年から明治39年に行われた能代道改修工事の際に「猿神鼻岩」を掘削し造られたものです。
 「猿神鼻岩」とは、道路側に突き出た大岩が猿の横顔に似ていることから名づけられたとされていますが、北前船の風待湊である深浦湊の象徴的な存在で古くから信仰の対象となっていたとのことです。
 なお、この洞門は「深浦十二景」のひとつにも数えられていて、説明板には【深浦十二景猿神鼻夕照 「奇巖怪石湾東に聳江、巖上の古松翠影を波に漂はし、一條の路道岩を穿通して三個の洞門を作す、夕陽沈む處岩に波に松に絶佳の光彩を添ふ。」 大正四年十月 西津軽郡誌 島川観水著より。】と記されていました。

◇猿神鼻岩洞門

 
 
猿神鼻岩洞門②
猿神鼻岩洞門③
猿神鼻岩洞門④
猿神鼻岩洞門⑤
猿神鼻岩洞門⑥


弁天島①


 ところで、深浦町を含む西海岸一帯は、日本海に沈む夕日が美しい風光明媚な場所で、「日本の夕日100選」にも選ばれている所ですが、円覚寺のそばにある岡崎海岸も絶景スポットのひとつです。この海岸にも鳥居と社をいただく岩島があります。名前は「弁天島」。深浦町の古くから知られた名所のひとつですが、島の頂上にある展望所からは、深浦の港を望むことができます。

 ここは「弁才天」を祀っている社ですが、案内板には【港口に位置するこの岩島は弁財天鎮座の島といって安東水軍盛んな時代からすでに「安東船守護深浦弁天島」と称され崇敬されていた。藩政時代の享保元年(1716年)町の船問屋や漁民は航海安全、豊漁祈願のための弁財天を祀る小祀を建てた。昭和13年修復されたとき、その造りの見事さは工匠を感嘆せしめたと言う。】と記されていました。

 水の神「弁才天」を祀る社は、海辺に多く、「弁天島」と呼ばれる島や岬は各地にありますが、これは、弁才天が、海の神である宗像三女神の一柱「市杵嶋姫命(いちきしまひめ)」と同一視されているからでしょう。
 - 安東水軍、北前船・・・深浦町の海の歴史を物語っている岩島です。

◇弁天島

 
弁天島②
弁天島③
弁天島④
弁天島⑤
弁天島⑥


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR