のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 黒石市   Tags: 津軽統一までのあゆみ  

わたしのまちー黒石市「黒石陣屋(黒石城址)」

 わたしのまちー黒石市には二つの黒石城址
があります。
  kyuukuro2.jpg  sinkuro.jpg

 
 旧黒石城址新黒石城址です。旧黒石城址(黒石市境松)は、14世紀初頭~中頃に、この地方の代官であった工藤氏が築いた居城で、別名「黒石館」と呼ばれています。その後、戦国の世になると、千徳氏が浅瀬石城を居城に定めて、黒石を支配したために、この城もその配下に入ったと思われます。しかし、 慶長2年(1597年)、津軽為信が、浅瀬石城の千徳氏を滅亡させたため、津軽氏の居城となりました。為信はこの旧黒石城を改修し、晩年には自らの隠居所として活用したといわれています。 現在では「旧黒石城址」の碑が立てられているだけで、堀や郭の跡を思わせる地形は見られますが、遺構はほとんど残されていません。 ⇒ 旧黒石城址

 さて、一方の新黒石城址(黒石市黒石内町)は、黒石陣屋とよばれ、明暦2年(1656年)に弘前藩から5,000石が分地された黒石津軽家の陣屋です。陣屋を築いたのは津軽信英(つがるのぶふさ)という人物で、この人は弘前藩三代藩主津軽信義の弟です(母はあの満天姫ですー異説もありますが)。当時は、大手門の近くに町令所や太鼓櫓が置かれ、西側には馬場、南側には蝦夷館(えぞだて)、北側には中門と無常門などが配置されていました。特に南側は崖地になっており、その下を宇和堰・小阿弥堰という人工の用水堰が流れ、さらにその外側には浅瀬石川と、人工、天然の堀が陣屋を守っていました。こうしてみると陣屋とはいえ、なかなかの要塞であったことがわかります。
 往時には馬場であった場所は今、「御幸公園」となっており、そこには黒石城址の碑とともに陣屋の案内板が設置されています。実は、この案内板の裏に「黒石陣屋の由来」を記した説明が記してあるのですが、訪れた人達は、なかなか気がつきません。何とかしてほしいものです。この案内板のある場所は当時の主郭ではなくて、主郭は、道路を隔てた現在の黒石市中央スポーツ館の辺りにあったといわれています。城址碑の後ろ側の小高い丘が蝦夷館で、堀で仕切られていましたが、その堀の跡も残っています。
 この御幸公園は、様々な催しの場所になる所ですが、私が小学生の頃にはここにバックネットが立っていて、少年野球大会なども開かれていました。私も何回か出場した記憶があります(下手でチームの足を引っ張ってばかりいましたが・・・)。あまりに身近にあるせいか、最近訪れたことはありませんでしたが、これを機会に、時々足を運んでみたいと思います。
                       ☆津軽統一までのあゆみ☆ 
 さて、この陣屋を築いた津軽信英は、英邁な人物で後の黒石藩の礎となった人ですが、現在は黒石神社に祀られています。次回はこの神社を訪ね、黒石藩と本家弘前藩とのつながりなどについて調べてみたいと思っています。

黒石陣屋
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR