のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 青森市   Tags: つがるみち  

丘の上の石仏「戸門久須志神社」-つがるみち189

 国道7号線の鶴ヶ坂を過ぎたあたりに「戸門」という地区があります。位置的にはちょうど鶴ヶ坂と新城の中間といえばいいでしょうか。この戸門地区の道路沿いに「久須志神社」があります。
 この神社の創建や、その由緒については詳しく分かりませんが、県内には「久須志」と名のつく社がいくつかあり、青森市にも同名の神社があります。
 全国的には富士山頂に建つ久須志神社が有名ですが、各地の久須志神社の御祭神は「大己貴命」と「少彦名命」であり、それぞれ国づくりの神、医薬の神として祭られていますが、ここ戸門の神社もまた同様であると思われます。

一の鳥居


 大きな社号標が立つ一の鳥居から、登りの参道が続く丘の上に鎮座している神社ですが、社殿の右側(向かって)と後ろ側は、さらに小高い山になっているようで、たくさんの木々に囲まれた社です。
 拝殿の前の狛犬は、とても頭でっかちで、
狛犬
とぼけた表情が何ともユーモラスです。社殿は、うっそうとした森を背中にして建っていました。

 石段を登り、境内に足を踏み入れたとたん、「何これ!」という感じでびっくりします。たくさんの石仏や石像、石碑、記念碑などが、境内の両脇に所狭しとばかり立てられているのです。中には、既に風化した石の塔みたいなものもあります。

 参道の入口付近には、猿田彦碑、二十三夜塔、庚申塔、月夜見命碑などが並んで立っていますが、その裏側の丘には、さらに数多くの石仏・石像・石碑がありました。
 ざっと見てみましたが、「○○権現碑」「鶯塚」「眼神」などの碑をはじめたくさんの碑がありました。拝殿の前には「八幡宮」と書かれた石額も置かれていますが、どんな由緒なのか分かりません。
 特に多いのが、聖観音や馬頭観音などの石像で、それぞれの前には小さな祭壇が築かれています。中には、ちびの狛犬も・・・今は頭だけが残っています。

 石像や石仏は、草薮に覆われているものも多く、草をかき分けてみると小さな観音様
小さな観音様
などがひょっこりと顔を出します。気合いを入れて探すと、この丘にはもっと多くの石仏などが埋もれているのかも知れません。
 石仏の多くは、浅い線で彫られた素朴なものがほとんどですが、いったい、いつ、どんな人々が奉納したものなのでしょうか。
 このようなたくさんの石仏・石像が置かれた境内を見ていると、【各村々にある氏神・産土神は、今の村の人々の祖先・氏の上を祭っているだけではなく、多くは、分村、移住してきた時、団結と信仰の中心として何かを祀った。それは、もとの居住地の堂社であったり、あるいは近隣のものであったり、地域の流行神であったり、指導的立場の山伏、修験者が選んだりした。直接、自分たちの祖先とは限らず、八幡・稲荷・熊野宮などであったと思われる。※小館衷三『岩木山信仰史』北方新社】という、郷土史家・小館衷三さんの一文が思い起こされます。ここもまた、様々な時代に様々な人々がつくりあげた「産土社」なのでしょう。

◇境内の石仏・石像など

 
猿田彦・庚申塔など
聖観音碑
石仏①
石仏②
石仏③


 
 
石仏④
石仏⑤
馬頭観音碑
石仏⑥
ちび狛犬?



拝殿

三十三観音


 さて、社殿の後方は一段と高い丘になっていますが、見晴らしの良い小公園になっていて、そこの中央に聖観音像があり、周りには西国三十三観音像が立てられています。その建立の由来書きには次のように記されていました。
【戸門三十三観世音菩薩由来:昭和十年、故相馬藤吉翁、一念発起観音像建立を発願し 時の校長大塚桂次郎先生の協力のもとに刻苦精励 ついに三十三体の観音像を開眼 戸門城址に安置し香煙のたえる時なく経過し以来五十数年風雪にさらされ豪雨に洗われ風化はなはだしくついに信者一同再建を決意 建立役員を選出 その後営々として六年間あらゆる困難に耐えながら悲願達成のため努力し ここに建立開眼の喜びにひたる事が出来たわけであります。※由来書きより

 この由来書きによれば、どうやらこの久須志神社の丘には、かつて「戸門城」という砦が築かれていたようです。
 一帯を走る国道7号線は、江戸時代には「羽州街道」と呼ばれた道ですが、江戸期以前からこの道は、弘前と青森方面を結ぶ交通の要所だった分けで、戦国の頃は、おそらくここ戸門にも、新城と同じように、南部氏の出城があったのだと思います。 - 津軽統一をめぐる戦いがこの地でも繰り広げられたのかも知れません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR