のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 青森市   Tags: つがるみち  

イルカ伝説「諏訪神社」-つがるみち193

 青森市栄町は、青森湾の近く、堤川の河口に開けたところですが、ここに諏訪神社という社が鎮座しています。
 御祭神は「武御名方神(建御名方神 ※たけみなかたのかみ)」ですが、神話の国譲りで有名なこの神様は、大国主神の御子で事代主神と兄弟神であり、建御雷神(タケミカヅチ)と力比べをしたことでも知られています。
 争いの後は、諏訪地方に逃れ、諏訪大社に祀られ、「武勇の神」として崇敬を集め、その分霊を祀る社が全国各地にある分けですが、農業にとって大切な「風を司る神」としても知られている他、名前の「みなかた」は「水潟」にも通じることから「水の神」としても崇められているようです。
 そのような分けで、ここ諏訪神社では、「商売繁昌、 海上安全、農工漁業の繁栄の守護神」として武御名方神を祀り、多くの信仰を集めている分けです。

堤川


 ゆったりと流れる堤川のほとりにあるこの神社は、成田山・青森寺(せいしんじ) と隣接しています。
 一の鳥居をくぐると、大きな灯篭がありますが、よく見ると、この灯篭には青森県の著名な風景を描いた10枚のレリーフが施されています。その中には、八甲田雪中行軍隊の生き残りである「後藤伍長の像 ※八甲田馬立場に建っている」や弘前城
弘前城
もありました。

 参道の両脇には社務所や大きな参集殿が立っていますが、真っ直ぐに進んだところが拝殿。この拝殿の脇に境内社が3つ立っていますが、いずれも猿田彦大神の社
猿田彦大神の社
でした。猿田彦大神もまた、この神社の御祭神なのですが、元は下堤町、松森町に祀られていたが、区画整理により、ここに遷座したとのことです。

 さて、この神社は、【第66代一条天皇の御代の寛弘年中(1004~1012 平安時代中期)、左近衛中将藤原實方朝臣の勧請により、もと造道村浪打の地に鎮座したのに始まる。寛永8年(1631 江戸時代初め)青森開港に際し、藩命をうけた開港奉行森山彌七郎が、開港の守護神として堤川中洲に遷座申し上げた。
 爾来津軽歴代藩主をはじめ民衆の崇敬篤く、元禄年中まで青森五社の筆頭として崇められ、藩主たびたび参拝をしたという。7月27日は御魂祭と称して神輿を市中渡御していた。】という古い由緒をもつ神社です。

 
 青森は津軽藩初代藩主・為信のときに開港が計画され、その構想を引き継いだ2代藩主・信枚とその家臣である森山弥七郎によって寛永期に港町が築かれた分けですが、開港にあたって諏訪神社を堤川中洲に移転させたのは、やはり御祭神の武御名方神を祀り、青森から江戸へと向かう船の安全を祈願するねらいがあったのでしょう。

 移転後、この神社の社殿は2回ほど焼失していますが、それについては、【社殿は明治5年(1872)3月25日の青森大火により焼失してしまいます。その再建にあたり、火災の危険を考慮した上で、現在立地する栄町一丁目へ移転することになり、仮社殿を建て、明治40年(1907)には本殿、大正10年(1921)には拝殿の再建が完了しました。
 その後、昭和20年(1945)の青森大空襲では本殿や拝殿などを再び焼失することとなりましたが、諏訪神社の拝殿復興は昭和24年(1949)と、市内でも特に早かったといいます。これは、当時進駐軍の接収を受けていた合浦公園の招魂堂 を払い下げし、拝殿として利用したためです。この移転にあたっては、なんと招魂堂を解体せず、道路に敷いた丸太の上に乗せて二日がかりで引っ張ってきたというのですから驚きです。】と紹介されています。この神社が、多くの崇敬を集めていたことを伺わせる話です。
※上記の【】は諏訪神社HP、青森市HP「あおもり歴史トリビア」を参考にしました。

◇諏訪神社境内

 
由緒書き
参道
二の鳥居
拝殿①
本殿


拝殿②


 ところで、この神社にはイルカにまつわる伝説が残されています。天明6年(1786年)に工藤白龍という人物が著した『津軽俗説選』に次のような話が記されているとのことです。
「海豚伝説:東濱におこ婦と云ふ魚あり 毎月一度づつ上磯より十疋二十疋と揃ふて 堤川口入り 青森諏訪の社へ参詣するといへり (大体上八日 下八日 此事あり) 不測なる事は浮つ沈みつ游ぎ來るに 鎭守の毘沙門の前沖に至りては形一向見へず 其處を過ぎてあらはれ出るといへり」
 - 神社の祭日には、イルカが10匹、20匹と群れをなして堤川をのぼり参詣するという伝説です。

 イルカは遥か縄文の昔から大群をなして海辺に押し寄せ、人々にとってかけがえのない食料となっていた様子は、石川県真脇遺跡などから伺えますが、それだけに、人々はその「恵み」に感謝し、供養塚などをつくって祀っていたと思われます。それは熊に対するアイヌの信仰と似通ったものがあったのでしょう。

 ここ青森でも昔は陸奥湾から堤川をさかのぼるイルカの姿が見られたのだと思います。そんな様子が、この神社の伝承として語られ続けてきたのでしょう。
 境内には「イルカ諏訪まいり伝説」の紹介板。そして、拝殿の中には、かわいい「イルカねぶた」も置かれていました。
 私が小学生の頃の修学旅行は函館でした。当時は行き帰りともに青函連絡船でしたので、津軽海峡でイルカを見るのが、ひとつの楽しみでした。

◇拝殿とイルカ

 
奉納絵馬
イルカ①
イルカ②
イルカ③
イルカ④


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR