のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 青森市   Tags: つがるみち  名木めぐり  

伝説の老松「斧懸神社」-つがるみち194

 八甲田山系を源流とする駒込川に次のような伝説があります。
【昔、大水が出て橋もなく、通行人が難儀をしたので人夫が川渡しをしていた。しかし、ある日、川魚がたくさん群れたので、人夫たちは夢中になって魚を捕っていた。そこへ一人の旅の僧がやってきて、川を渡してくれと頼んだが、籠に入れてある魚を担いでくれれば渡してやるという。殺生の手伝いはいやだったが、しかたなく僧は籠を背負い、人夫に負われて川を渡った。しかし、立ち去り際に、たもとから小石を三つ取り出して川に投げ、「七代七流れ、この川に魚をのぼらせない」といった。それから、駒込川は魚の住まぬ川になった。※『青森の伝説』角川書店】 - 実際、駒込川は酸性が強く、魚は住めず、農業用水にも利用できないことから、昔は「降魔籠(こまごめ)川※悪いものが住む川の意」と呼ばれていたようです。
 青森市の戸山地区は、この駒込川の近くで、現在は団地が立ち並んでいますが、一帯からは、縄文時代の遺跡が見つかる等、太古の昔から文化が開けていたところです。
 「戸山」の地名は、近くの砥取山から砥石を産出したことから、「砥山」と呼ばれたことがその起こりで、菅江真澄は『すみかの山』において、「雨になりそうなのでためらって昼から出発し、道をわずかにくると、砥山という村があり、ここにある研磨石は、青砥山にあるこまかい砥山にもまさるよい石であるが、神のおられるところであるから、祟りがあるのをおそれて掘り取らず・・・」と記しているとのことです。
 この戸山地区に斧懸(おのがけ)神社という、少し変わった名前の社があります。

 その珍しい名前に惹かれて訪れた分けですが、道に迷いました。何とか赤い鳥居を探し当てたのですが、どうやらこの鳥居は裏口だったようで、結局、急な坂道を登るはめになりました。
 あらためて社殿から表側の一の鳥居に下りてみました。鳥居の両脇には大きな社号標が2つ立っており、そばには、保食神と猿田彦神の碑も立っています。
 参道の石段を登りきった辺りは小高い丘になっていて、東屋などもあり、そこからは青森市内
青森市内
を見下ろすことができます。

 境内社のひとつは久須志神社。大己貴命と少彦名命
久須志神社
を祀っているのでしょう。
 虹梁に彫られた龍
虹梁に彫られた龍
など、なかなか見ごたえのある社殿ですが、特に木鼻の獅子は2体とも片足を上げ、参拝者を招いているかのようです。

◇参道と境内

 
裏口の鳥居
一の鳥居①
一の鳥居②
保食神
猿田彦神


 
久須志神社
手水岩
拝殿
木鼻
本殿



斧懸の松①


 さて、由緒書き等によるとこの神社は、【延暦20年(801年)に坂上田村麿御草創とも伝えられ、一時はその創建者である田村麿を祀ったこともあると伝えられています。「青森史」によりますと、元文元年(1736年)に戸山村と戸崎村が再建したとされており、また明治初期に青森県が編纂した新撰「陸奥国史」の社寺縁起旧期の中にも、この神社について砥山神社と記されており、「元は斧懸神社と云う」とあります。】と紹介されていますが、【津軽藩から来た砥石取りの人夫たちが、一夜にして行方不明になることが何度も続いたので、山の神の怒りにふれ「神かくし」にあったものと思い、山の神をなだめるために斧懸神社を創建した。】という説もあるようです。

 御祭神は大山祇神ですが、「斧懸」という名前は、昔、木こりたちが山へ木を伐りに入る際に境内に生えている松の木に捧げ物をし、【祈りを込めて、斧の形に枝を払った木を放り投げ、みごと松の枝にひっかかった者だけが山に入ることを許される習慣があった】ことに由来するとされています。
 菅江真澄は「砥山という村があり、斧掛明神という神社があった。その由来をたずねると、斧かけの松というのが御社のかたわらにたっていた。むかし木こりが宮木を切ろうというとき、まず斧にみてぐら(弊帛=神への奉献物)をとりそろえて、これにかけ奉ったという。」と記し、「花の木を くだすもうしと山賤(ヤマガツ)の とらでやしばし 斧懸の松」と詠んでいます。

 この伝説の老松・・・「斧懸の松」
斧懸の松
は、境内の端っこの方に町を見守りながら立っています。その姿形は昔も今も変わっていないのでしょう。
 この老松は山の守護神であったばかりではなく、【青森平野が海であった頃、漁師たちは斧懸神社の老松を、はるか沖合いから帰港の目印にした】ともいわれています。

※HP「戸山団地」他を参考にさせていただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR