のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  津軽の北斗七星  

津軽の北斗七星「岩木山神社2」-つがるみち200

 津軽の風物詩である「お山参詣」については、【この行事がいつ頃から始まったかは定かではありません。一説によると鎌倉時代の初期といわれていますが、現在のように形式化したのは江戸時代中期(1719年)約289年前。その当時は、8月1日だけは一般の人々は山に入ることが出来ず、藩主のみが登拝するものでした。明治に入ってから、一般の人たちによるお山参詣がメインになったといわれています。】と紹介されています。
 その日程は、【向山(むかいやま)と呼ばれる初日、岩木山神社では、訪れた多くの人たちが参道を上ってお参りします。翌日の「宵山(よいやま)」では、大勢の参拝者が黄金色の御幣や色あざやかな幟(のぼり)を掲げ練り歩きます。白装束に身を包んだ参拝者たちは、登山囃子が響く中「サイギ、サイギ」の掛け声を響かせ、岩木山神社を目指します。
お山参詣
最終日の3日目は、旧暦8月1日の「朔日山(ついたちやま)」。参拝者は岩木山の山頂を目指して未明に出発します。懐中電灯などの明かりを頼りに岩場を登り、山頂付近でご来光に向かって手を合わせます。】という3日間に渡る行事です。
 参拝者たちが唱える唱文は、【懺悔懺悔(サイギサイギ)、六根懺悔(ドッコイサイギ)、御山八代(オヤマサハツダイ)、金剛道者(コウゴウドウサ)、一々礼拝(イーツニナノハイ)、南無帰命頂礼(ナムキンミョウチョウライ)】というもので、その大意は、【過去の罪過を悔い改め神仏に告げこれを謝し、(登拝することにより)身命をささげて仏菩薩に帰依し神仏のいましめに従う。】というものです。 - 岩木山神社は、この「お山参詣」の中心な分けです。
 ※上記の【】は、岩木山観光協会HPを参照しました。

 長い参道の先に楼門がありますが、先回もご紹介したように、右側に回って行くと龍神水があります。さらに回っていくと境内社のひとつである稲荷神社があります。「正一位稲荷大明神」の赤い幟のそばにはチビッ子狛犬。愛らしい姿です。
 稲荷神社から石段を登ると拝殿があり、右側に白雲大龍神の参道が見えますが、ここは、ちょうど、楼門の裏側にあたります。

◇稲荷神社ほか

 
龍神水
稲荷神社
稲荷神社狛犬
拝殿
楼門裏


楼門①


 さて、岩木山神社の前身は「百沢寺(ひゃくたくじ)」という寺院だった分けですが、天正17年(1589年)の岩木山噴火によって百沢寺全山が焼失したため、津軽藩藩祖・為信が慶長8年(1603年)に起工し、寛永17年(1640年)、3代藩主・信義の時代に完成したといわれています。

 見事な楼門は、その百沢寺山門として、寛永5年(1628年)、2代藩主・信枚の時に建てられたものですが、「桁行16.6m、梁間7.98m、棟高17.85m、丹塗り一色の二層の壮大な楼門」で、見る者を圧倒するような建物です。
 以前は、ここに十一面観音、五百羅漢像が安置されていましたが、百沢寺が廃寺になったため取り除かれ、五百羅漢像のうち、約100体は、現在、長勝寺の蒼龍窟に安置されています。
 この楼門は現在は岩木山神社の随神門となっている分けですが、両脇に随神像
随神像
が安置されており、門をくぐると中門と拝殿が見えます。

 どうしても、前方に目が行きがちですが、「ちょっと待った!」という感じでしょうか、実は、この楼門の玉垣の親柱にへばりついている一対の変わった狛犬?がいます。しかも一体は逆立ち。。。両方とも、何とも奇妙な、そして愛嬌のある姿です。

◇楼門

 
楼門②
随神像
長勝寺の五百羅漢像
楼門から
楼門の狛犬


                         ー 次回へ続きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR