のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

津軽の北斗七星「岩木山神社3」-つがるみち201

 富士山には木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)、白山には菊理姫(ククリヒメ)など、日本の名山には女神を祭っていることが多いのですが、岩木山もまた、多都比姫神(たつびひめのかみ)という女神が御祭神になっています。
 この女神は、大国主命が阿曽部の森(岩木山麓一帯)を治めていた頃、田光の沼から「珠」を得て、献上したとされる竜女ですが、大国主は、この竜女を「国安珠竜女」「国安珠姫」と名づけたとされています。

 「安珠」は「安寿」。即ち「安寿姫」のことだとされていますが、安寿と厨子王の伝説は、岩木山の伝説の中でももっとも知られているものです。
 ⇒以前の記事へ。

 
 この伝説が古くから語り継がれてきたことは、弘前市・長勝寺の蒼龍窟に二人の木像
安寿と厨子王
が安置されていることからも分かりますが、【寛永年間に、津軽二代藩主・信枚が、岩木山三所大権現の山門(現在の楼門)に納めた五百羅漢の中に、わざわざ入れさせたもの】で、神仏分離の際にそのまま長勝寺に移されたものといわれています。
 安寿姫は当時から既に岩木山大神のひとりとして信仰されていた分けです。

中門と拝殿


 楼門をくぐると中門。そしてその後ろに拝殿が建っています。岩木山神社の本殿、奥門、瑞垣などは重要文化財に指定されていますが、この中門もそのひとつで、【中門は、拝殿の前に建つ切妻造の四脚門である。柱などの軸部は黒漆塗りとし、木鼻や袖切などの絵様部分には朱漆を用い、蟇股や欄間の彫刻には極彩色が施されており、本殿や奥門と同様な豪華絢爛な意匠となっている。】と紹介されていますが、龍を描いたと思われる天井絵や色鮮やかな大きな木鼻は、なかなか見応えがあります。

 この中門に「北門鎮護」と記された扁額が掲げられていますが、岩木山神社は、坂上田村麿呂の再建以来、都から見て鬼門にあたる北方の「守護」として崇敬を集めてきました。田村麿呂は、北の守護神である毘沙門天の生まれ変わりとされ、それが津軽の北斗七星神社の縁起へとつながっていく分けです。

 拝殿は、寛永17年(1640)、3代藩主・信義のときに、当時の百沢寺の本堂として建てられたものです。弘前城と弘前の街は、「四神相応の地」に築かれたとされていますが、岩木山神社は西側にあたり、拝殿の屋根には西の守り神である「白虎」が彫られています。この白虎の目は、弘前城の方角を見つめているとのことです。

◇中門と拝殿

 
中門①
中門②
中門③
拝殿①
拝殿②


拝殿③


 本殿と奥門、瑞恒、それに中門などは、4代藩主・信政が貞享3年(1686)より元禄7年(1694)までの年月を要して建立したものであり「下居宮(おりいのみや)」と称されたといわれています。
 本殿は、【三間社流造の正面。全面黒漆塗りとし、随所に金箔押しを施し、彫刻類はすべて極彩色を用いているほか、飾金具を多用し、屋根は正面に軒唐破風(のきからはふ)、千鳥破風(ちどりはふ)構えとし、正面庇柱(ひさしばしら)には昇り龍降り龍を取り付けるなど正面の景観を重視した、豪華絢爛な建物】ですが、立ち入ることはできませんでした。木々の間から眺めて見ましたが、黒塗りに極彩色の飾りが映え、とてもきれいでした。

 津軽為信・信枚・信義・信政の4代に渡り、藩の威信をかけ造営した極彩色に彩られた壮大華麗な建物は、日光東照宮に通じるところから「津軽の奥日光」とも呼ばれています。
 ※記事の中の【】は、青森県HP、弘前市HP、小館衷三著『岩木山信仰史』等を参考にしました。

◇拝殿内と本殿

 
拝殿④
本殿①
本殿②
本殿③
本殿④


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment
津軽の伝説 
v-40津軽は日本の果てという印象のようですが、その北の果ての北海道に住む私にとって、津軽は、北海道よりも北の果てという印象をぬぐいきれません・・・。

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR