のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 青森市   Tags: つがるみち  名木めぐり  

境内でひと休み「孫内淡嶋神社ほか」-つがるみち203

 青森市に「孫内(まごない)」という地区があります。
 国道7号線の鶴ヶ坂のあたりから、山中を進むこと数km。ひっそりとした「山里」といった感じの集落です。
 青森市内の寺社を訪ねた帰り道に寄り道し、この集落に鎮座する淡嶋神社と八幡宮に立ち寄ってみました。

 私は、国道側ではなくて青森空港の方から孫内へと向かいましたが、5,6kmほど車を走らせると集落の中心部?へとたどり着きました。そこは、バスの転回所(市内を運行するバスの終点)になっていて、ここから道がいくつかに分かれている所です。
 杉の木が生い茂るこんもりとした場所があり、そこには地蔵堂がありました。中を覗いて見ると、目鼻がくっきりと描かれたお地蔵様が祀られていました。
 この孫内地蔵堂から坂道を下るとT字路があり、右側へ行くと淡嶋神社、左側は八幡宮へと続いています。まずは、淡嶋神社へ。社号標を見ながら前に進むと、間もなく赤い鳥居が見えてきました。

 この孫内の淡嶋神社は「子宝の神様」として、その名が知られており、県内外から、子宝占い・子宝祈願のために訪れる方も多いとのことですが、そのいわれについては、境内の由緒書きに次のように記されていました。
【淡嶋信仰 :子を授けてほしい、安産であってほしい、子が丈夫に育ってほしいと祈願する信仰は全国的なものであるが、孫内の淡嶋神社は、お産の神様として津軽一円にわたって古くから信仰されてきた。そのはじまりは、藩政初期に津軽の殿様が惣染堂を建て、父、母、子馬の絵馬を献納した事によるともいわれ、また、我満助太郎なる人物が山中で陰陽石を見つけ祀り、これを拝むと子宝に恵まれ、お産が軽くなると信じられるようになったといわれている。】 - この由緒書きは、郷土史家である小館衷三氏の著書『青森県の民間信仰』からの引用ですが、いずれにしても、この神社は【藩政時代(1680年代)からお産の神様として、厚い信仰の対象であった】ようです。

 由緒書きにもあるように、この神社は「馬」と縁が深く、境内には狛犬の代わりに、飼葉桶を首から下げた神馬が立っており、拝殿にもたくさんの奉納絵馬が掲げられていました。由緒には、
【木馬奉納は古代から神様の乗物は馬であり、最も速い乗物であったことから、神様に早く来てもらい、お産を助けてもらうという願いがあり、無事出産したお礼に木馬や絵馬が奉納され、現在は社殿の裏に木馬や絵馬が納められた小屋があり、百体をこえる木馬が納められている】とあります。
 ここでも馬は「安産祈願」と結びついているようです。その木馬が納められている小屋は施錠されており、中を拝むことはできませんでしたが、ガラス越しにその姿を見ることができました。

 この神社に木馬を奉納する風習は広く津軽一帯にみられるようで、藤崎町の鹿島神社のある町内会では、5年ごとに交互に、同神社と孫内淡嶋神社に木製の神馬を奉納する行事が続いています。ここ孫内淡嶋神社への信仰の深さを物語る行事です。
 ⇒地方紙「津軽新報」の記事より
地方紙「津軽新報」の記事より


◇地蔵堂と淡嶋神社

 
地蔵堂①
地蔵堂②
地蔵堂③
淡嶋神社一の鳥居
拝殿①


 
拝殿②
龍神様
境内
神馬
奉納された神馬


孫内八幡宮一の鳥居


 淡嶋神社から再びT字路へ。左手の坂道を登ると、八幡宮の一の鳥居が見えてきます。
 この八幡宮の縁起については、よく分からなかったのですが、小高い丘に鎮座する社からは、孫内の集落を見下ろすことができ、古くから地域の守り神として崇敬を集めてきたのだと思います。

 実は、この神社を訪れたのは、「青森県の巨樹」にも選ばれている神木の「ハリギリ」を見たかったからです。その巨木は、拝殿の左側(向かって)に玉垣に囲まれてそびえていました。
 説明書きによると、高さが32m、幹周りが6.1m、推定樹齢は不明ながらも、500年以上ともいわれている大木です。
 幹周りが6mクラスのハリギリの木は、全国でも大変めずらしいもので、ここのハリギリは最大級のものとされているようです。地上から3mほどで、2つの大きな幹に分かれ、その枝先は、付近の杉の木に縦横に絡んでいました。

◇孫内八幡宮とハリギリ

 
境内
狛犬
ハリギリ①
ハリギリ②
ハリギリ③


 この山里・孫内地区にも過疎化の波が押し寄せ、集落の中心であった小学校も2009年には閉校となりました。
 地域住民の減少は、村の文化や伝統の継承活動にも影響を与え、多くの信仰を集める淡嶋神社の大祭へ向けての活動も停滞気味だったようです。住民たちは今、活動を廃れさせないための取り組みに力を入れているとのことです。  
 ⇒地方紙「東奥日報」の記事より
地方紙「東奥日報」の記事より


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR