のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

五穀成就「護穀神社」-つがるみち207

 弘前市の住吉町は、宝永5年(1708年)、津軽藩4代藩主・信政の時代に弘前城下につくられた町です。
 住吉町は市の中心部に位置する町ですが、「住吉」という町名の由来は、当時の富田村領(付近の旧名)に住吉三神(表筒男命・中筒男命・底筒男命)を祀る「住吉大明神社地」が置かれたことから、その名前がつけられたといわれています。

境内


 この住吉神社は、昔は、津軽三十三霊場の打ち止めの札所(33番)である西茂森町の観音山普門院
観音山普門院
が別当寺となり、多くの崇敬を集めていたとされていますが、現在は護穀神社となっています。
 住吉神社から護穀神社へと社名が変更されたいきさつについては詳しくは分かりませんが、護穀神社は、もともと住吉神社内に、五穀豊穣を願って、藩主の手により勧請された社であるとされています。相次ぐ領内の凶作や飢饉をうけてのことだったのでしょうか。

 御祭神は、穀物の神である宇賀魂神(倉稲魂命:ウカノミタマノミコト)ですが、その由緒については、
【当神社は津軽五郡の五穀成就の守護神として、 寛延三年津軽信著公の建立せられたる神社にして、 藩主崇敬特に篤く豊作の吉例として、 京都吉田家より天子の御緒太並に御田扇を宝物として賜り年々五穀成就の御祈願は勿論、 藩主直々日々遥拝なさる思召に依り、 城中玄関先より出来得るように当神社本殿を西北方に向け建立をせられたるものにして、 現在の本殿の位置は即ち創建のまま在置せるものなり。 明治維新前は旧暦四月十四~十五日の大祭には津軽藩内みな仕事を休み重き祭日として年中行事の一つとせり。
 明治六年四月村社に列せられ土地改正に当り神域一千坪に限定せられたるも、 明治四十四年六月国有林一反回畝五歩を境内に編入許可をうけ、 昭和二十一年本庁設立と共に宗教法人令に基き宗教法人として現在に及ぶ。※青森県神社庁HP 】とあります。

 この由緒書きによれば、その建立は津軽信著(つがる のぶあき)の時代であるとされていますが、信著は、享保16年(1731年)に6代藩主となった人物です。
 当時の津軽藩は、先代藩主・信寿の浪費などに加えて、地震、洪水、飢饉などが相次ぎ、その財政は困窮していました。護穀神社の建立は、領内の安定を願う藩主の思いの現れだった分けです。それは上記_線の「藩主直々日々遥拝なさる思召に依り、中玄関先より出来得るように当神社本殿を西北方に向け建立」という一文からも分かります。
 また、「大祭のときには、津軽藩内みな仕事は休み」ということからは、この神社がいかに大切にされてきたかが分かります。

 現在、境内には、この護穀神社をはじめ、松尾神社、稲荷神社の3社が並び立っていますが、松尾神社の御祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)。古来から、酒の神として、醸造家から厚く信仰されている神様ですが、ここ松尾神社の社殿の前にも、津軽の名酒が奉納されていました。
 護穀神社の拝殿の横には、猿田彦大神を祀る祠があり、碑も立っています。この石碑の台座の部分をよく見ると、猿田彦=猿にあやかって、「みざる、きかざる、いわざる」の三猿が刻まれていました。

◇御穀神社境内

 
 
一の鳥居
護穀神社
狛犬
拝殿
猿田彦の祠


 
三猿
本殿
稲荷神社と松尾神社
松尾神社
酒樽



 私が境内で休んでいると、ちょうど、この神社にお参りに来た方がいて、気さくに話しかけてくれました。その方は、この辺りの3つの神社を順番に参拝するのを日課としていて、もう何年も続けているとのことです。
 3つの神社とは、ここ護穀神社と「弁天様」と「稲荷様」のことだそうですが、「弁天様」は、すぐ近くの胸肩神社(品川町)のことで、「稲荷様」とは、隣の「富田稲荷神社」のことです。その方が言うには、「稲荷様から住吉様を拝み、最後に弁天様にお参りし、水(御神水)を飲む。」のが順路なのだとか。。

 100mくらい歩いたところに、その富田稲荷神社がありました。この神社については、【創立年不詳なるも安永以前に勧請せられたる神社にして、本殿奉斎神鏡に安政7年(1860)正月吉日と銘記あり。※青森県神社庁HP】ということしか分かりませんが、実は、近くに弘前の名水である「富田のしつこ」と「御膳水」があります。
 その御膳水の由緒書きには、「この水で身を清め、稲荷神社へと参拝した」という意味のことが書かれています。
 - この富田稲荷神社から護穀神社へと向かう道は、五穀豊穣を願う人々の参道だったのでしょう。

◇富田稲荷神社

 
富田稲荷神社
境内
拝殿
狐像
御膳水


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR