のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 平内町   Tags: つがるみち  

悲恋伝説「椿神社」-つがるみち209

夏泊海岸

 
 青森県の姿を形作っている津軽半島と下北半島に囲まれた陸奥湾。その陸奥湾に突き出た半島が夏泊半島です。
 東津軽郡平内町に属するこの半島は、風光明媚な海岸線が続く行楽地で、夏は海水浴場やキャンプ場としても、大変賑わうところです。
 平内(ひらない)という町名は、アイヌ語の「ピラナイ」が語源とされていますが、「ピラ」は山と山の間、「ナイ」は河川の意で山と山の間の川が流れる土地」という意味だとされています。藩政時代には、ちょうどこの平内町と隣の野辺地町のあたりが、津軽藩と南部藩との境目だったようです。

椿山


 この夏泊半島の北端は、「椿山」と呼ばれ、椿(ヤブツバキ)が自生する北限地帯として国の特別天然記念物に指定されていますが、現在のように見事な椿の花が自生するにいたった影には、ひとつの物悲しい伝説が語り伝えられています。その伝説に由来する神社が椿神社です。
 さて、その伝説とは、
【その昔、越前商人の横峰嘉平という人が、交易に来て、村の娘・玉と契り、末は夫婦になろうと誓い合った。嘉平は商用で一時国へ帰らなければならなくなり、お玉は「京の女がつけている椿の油が欲しい、今度来る時はその実を持ってきてください。絞って塗りたい」と名残りを惜しみ泣いて別れた。お玉は、嘉平を待ち続けたが、約束の年になっても船は来なかった。待ち焦がれたお玉は、嘉平を深く恨んで海に入って死んでしまった。村の人々は泣き悲しみ、海が見えるこの地にお玉の墓をつくって埋めた。三年を経た次の年、嘉平は約束の椿の実を持って来たが、お玉の死を村人から聞いた嘉平は、倒れんばかりに嘆き悲しみ、せめて慰みにと椿の実をお玉の墓のまわりに埋めてやった。それが芽を出し、年々繁殖し、椿が山を覆うようになり、今日の椿山になったという。明治の文人・大町桂月は、この伝説を書きとめ、「ありし世の その俤の偲ばれて 今も八千代の玉つばきかな」と詠んでいる。※境内の椿山伝説紹介板より】という悲恋物語です。
 - 椿神社の境内には、この伝説を記した紹介板や、「お玉の墓」と伝わる祠なども建っています。

 この辺りは「椿山海岸」といい、日本の渚100選にも選ばれている景勝地ですが、そこに菅江真澄の歌碑が立っています。
 「影落つる 礒山椿紅に 染めて汐瀬の 波の色こき」 - 菅江真澄は、1795年の3月にここ椿神社(当時は椿明神)に参拝し、『津軽のおく』に、先の椿山伝説を記録しているとのことです。

◇椿山伝説ほか

 
椿山伝説
伝・玉女の墓
椿山海岸
菅江真澄歌碑
「天使たちの海」碑


一の鳥居


 椿山神社の由緒については、【御祭神:猿田彦神 文治の初め椿山にまつわる伝説の祠つかあり、 天正年間は椿崎大明神と称えたり、 明暦年中より椿大明神を祀る。 初め鳥居だけ建立されていたが藩主の仰せにより社殿を建立しての信仰となる。 創立、 元禄十一戊寅年四月三日奉造立椿宮女人神霊、 別当日光院六世山造法印、 施主新十郎、 吉兵衛外村中にて建立。※青森県神社庁HP】とあるように、文治の頃(1185年頃)には、椿山伝説の祠があり、明神様として信仰を集めていたようです。その後、【天正年間(1573~1592)には椿崎大明神と称し、明暦年中(1655~1687)より椿大明神を祀り、元禄十一年(1698)には椿宮女神を神霊とし社殿を建立。安永三年(1773)には椿神社と改称し、 明治六年に猿田彦大神を祀る。※由緒書きより】という経緯をたどっています。
 社殿は、一段と高い丘の上にあり、境内と海岸線を見下ろしているようでした。

 二の鳥居のそばに、ひとつの詩碑が立っています。その石碑の形は「ホタテ」。陸奥湾、そして平内町の名物です。
 石碑には、作詞家・星野哲郎氏の詩『天使たちの海』が刻まれていました。
ー 「ほたては 天使の掌(たなごころ) しあわせをわれらに恵む 白鳥は天使の歌篭(うたかご) やすらぎの曲(しらべ)をはこぶ やぶつばきは天使のえくぼ おだやかな憩いを誘う 天使住むむつの海 このふるさとの海を守り ほたてに感謝を われら心こめて 石に刻む」

◇椿神社

 
狛犬
拝殿①
拝殿②
拝殿③
木鼻


                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR