のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 藤崎町   Tags: つがるみち  

集落の鎮守神「荒磯崎神社」-つがるみち222



一の鳥居


 以前、五所川原市脇元の洗磯崎神社を訪ねましたが、十三湊の支配者であった安東氏が、祖神である「荒吐神(アラハバキ)」を祀り建立した神社で、かつては荒覇吐神社を称していた社でした。その後は薬師信仰がこの地に根づき、薬師堂または薬師宮と称されましたが、明治の神仏分離によって、大己貴命と少彦名命を御祭神とする洗磯崎神社となった分けです。
 この脇元の洗磯崎神社と同名の神社が藤崎町にあります。

参道


 藤崎町の林崎地区に鎮座するこの社は荒磯崎神社。
 その由緒については、【「荒磯崎神社」(あらいそざきじんじゃ)は、江戸時代初め頃の寛永11 年(1634 年)に創建されたと伝えられています。その頃は薬師堂で、飛龍権現を合祀していたといわれます。その後、明治3年の神仏分離の際に、闇靄神社(くらおうじんじゃ)となり、間もなく現在の荒磯崎神社となったようです。荒磯崎神社には、少彦名命(すくなびこなのみこと・記紀に登場する温泉・医療の神様)と大己貴命(おうなむちのみこと・大国主命)が祀られています。】と紹介されています。
 昔は薬師堂と呼ばれていたことや、御祭神が少彦名命と大己貴命であること、改名の経緯など、「洗」と「荒」の違いはありますが、ほぼ脇元の洗磯崎神社と同様の由緒を持つ社といっていいでしょう。
 また、この神社がかつて「荒覇吐神社」と呼ばれていたかどうかは分かりませんが、藤崎町は安東氏発祥の地であったことから考えると、昔は、荒吐神が祀られていたのかも知れません。

 林崎は五能線沿いにある集落ですが、この神社はりんご畑に囲まれた道路沿いに鎮座しています。私が訪ねたときには赤と黄色の紅葉が鮮やかでした。
 神馬や狛犬などを見ながら参道を進んで行くと、拝殿の隣に大きな猿田彦大神の碑とひとつの赤い祠が見えます。中を覗いて見ると、左右のきつね像をしたがえた大きな神像が中央にあります。これは薬師様なのかも知れません。かつて薬師堂と呼ばれていたことを思い起こさせる祠です。

 薬師様はもちろん、御祭神の少彦名命もともに「医療の神様」な分けですが、この神社には、【荒磯崎神社の神様は、ウドで目をついて怪我をしたことがあるため、昔、村の人達は決してウドを食べなかった。】という話も伝えられています。
「ウドの大木」即ち「無用の長物」といわれるように、生長しきったウド(独活)は、食用にも木材にも適さないとされていますが、若葉やつぼみ、芽、茎などは貴重な山菜である他、その根は湿布などにも用いられた薬草であったといわれています。
 昔は、この辺りに自生するウドを採りに村人が競って押しかけ、中には、枝などで身体を傷つけた者も多かったのだと思います。この「ウドで目をついた神様」の言い伝えは、そのような村人への「戒め」なのかも知れません。
 ところで、「ウドで目をついた神様」の話は、平川市の猿賀神社にもあります。 
 - 猿賀の神様はウドのからで目をついたために片目になってしまった。以来、神池にすむ魚も片目になった。猿賀様に眼病治癒を祈願する者は、神様が嫌うウドを食べない。 - という話です。
 この伝説は、弘前、平川、藤崎、黒石などこの辺り一円に伝わる話のようです。また、眼病平癒の神様として薬師様が崇められてきたことは、多くの薬師堂に、目がよく見えるようにと「穴のあいた石」が奉納されていることからも分かります。私は、よく注意して見なかったのですが、ここ荒磯崎神社の祠の下にもいくつか穴あき石
穴あき石
が置かれていました。

◇荒磯崎神社

 
二の鳥居
神馬
狛犬
薬師堂?
薬師様?


 さて、この神社には次のような興味深い伝説があります。
【昔、神社の社殿に乞食が泊まり込み、ご神体を盗み出し、それがいつの間にか下北の恐山に納められていました。恐山には林崎神社という祠があり、そのご神体はいつの間にか林崎の方角を向いているのですが、そのご神体を林崎の人達が取り返しに行くと必ず風雨になるという。】

 林崎神社というのは、恐山の「林崎大明神」のことですが、その祠の名前は、この荒磯崎神社がある「林崎」という地名からとられたものなのでしょうか。遠く離れた霊場・恐山との結びつきにはびっくりさせられます。
 それにしても、元々、自分たちの御神体であった神様を元の場所へ安置しようと取り返しに行った人々が祟られる(嵐になる)とは、何ともかわいそうな話ですが、裏を返せば、それだけ、この御神体は「強い霊力を持つ神様である」ことを語っているのかも知れません。

◇荒磯崎神社②

 
拝殿①
拝殿②
奉納されたりんご
拝殿から
本殿


※記事の中の【】は、藤崎町「ふるさとの史跡散歩」を参照しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment
 
お邪魔いたします。
ご退院、おめでとうございます!!
楽しみにお待ちしておりました。

ウド、好きなのですがいろいろまつわるお話があるのですね。
恐山も伺いたいのですがなかなか実現できずで
ブログのお話で勉強させていただいております。

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR