のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 藤崎町   Tags: つがるみち  

村の蒼前さま「崇染宮」-つがるみち223


一の鳥居


 蒼前、崇染、惣染、相染など表記は様々ですが、「そうぜん様信仰」は、主に東日本に広く伝わる民間信仰のひとつです。
「蒼前様」は、一般に馬の守護神とされていて、「勝善神」とも呼ばれているようですが、少しネットで調べてみたら、
【勝善神:勝善は正しくは「蒼前」で、つまり葦毛で四本の足の膝から下が白い馬のことをさす。葦毛の馬は「七聡八白」といい八才になると白馬になると信じられている。東北地方では「ショウデンサマ」と呼び、蒼前のような名馬の誕生を祈って祭った信仰である。・・・馬頭観音信仰が馬の安全や健康を祈ったり、死馬の冥福を祈ったりするものであるのに対して、勝善神は、主として馬産地において名馬の誕生を祈願する意味の強い信仰である。勝善もショウデンも蒼前=〔ソウゼン〕がなまったものである。※レファレンス協同データベース】とありました。
 また、一説には、【無実の罪を着せられた都の貴族父子が、奥州へ流され、三戸郡に住み着いた。その子どもは「宗善」と名前を変え、この地でたくさんの名馬を育て村人に敬愛された。亡くなったとき、村人は一宇を建て、馬頭観音を祀り、故人を「ご宗善様」と呼ぶようになった。】という話も残されています。

 
 青森県の県南地方は、昔から名馬・良馬の産地だっただけに、この蒼前様信仰が根強く、「蒼前」という名の社や、「蒼前」あるいは「蒼前平」という地名も多く残っています。「日本中央の碑(壷のいしぶみ?)」がある近くには「田村蒼前」と呼ばれる神社?がありますが、これは、坂上田村麻呂の乗馬がここで死んだのを祀ったことから、その名がつけられたのだとか。。。


参道


 前置きが長くなりましたが、津軽地方にも、この蒼前様を祀っている神社がいくつかあります。藤崎町柏木堰の崇染宮も、そのひとつです。
 集落の道路沿いに鎮座するわりとこじんまりとした神社ですが、昔から地域の崇敬を集めてきた社らしく、境内には、猿田彦大神の碑や、村の出身力士の顕彰碑なども立っていました。

 この崇染宮(そうぜんぐう)の由緒については、
【御祭神:保食大神  崇染宮は、 享保三年 (一七一八) に柏木堰村、 俵舛村、 下俵舛村の産土神として、 馬頭観音を祀って創立されたと伝えられている。
  昭和三十六年頃に編纂された 「崇染宮由緒」 には、 その昔、 当祭神は館野越の墓地近くの小川の堤から発見され、 柏木堰のある家の内神としてまつられていたが、 非常に農民を愛する神様で、 年間の豊凶のお告げがあったり、 水害から農産物を救ったり、 お堂が腐朽した時に冷害の徴候が現れ、 神罰であるから速やかにお堂を修復せよという託宣があり、 修復して神楽を奉納したところ豊作となったと言い伝えが書かれている。 又、 境内の大銀杏に登った近所の子供が三十尺以上の所から下の用水堰に落下して気を失ったが、 翌日には何事もなかったかのように快復し、 神の助けと信仰を集めた。 安永五年 (一七七六) 新しく堂社建立し名称を崇染宮と改め、 昭和三十六年本庁より承認を得て現在に至る。 ※青森県神社庁HP】と紹介されています。

 私が最近、大変面白く読んでいる(勉強させてもらっている)藤崎町の『ふるさとの史跡散歩』にも、「ここの神様は思いやりの深い神様で、その年の豊凶のお告げがあったり、水害から農産物を救ったり、境内の銀杏の大木にのぼり、高い枝から落ちた子どもを無傷で救ってくれたり‥といった物語が伝えられています。」と書かれていました。 - 古くから地域の産土社であったことが分かります。

 境内には、ひときわ大きなイチョウの巨木
イチョウの巨木
がありますが、これが、「神様が高い木から落ちた子どもを救った」といわれる御神木なのでしょう。そんな伝説にふさわしいなかなかの大樹です。

 拝殿の前に馬頭観音の碑
馬頭観音の碑
と2つのお堂が立っていましたが、ひとつには神馬が奉納されていました。そして、もうひとつのお堂の中を覗いて見ると、そこには亀に乗った女神像。水の神・水虎様
水虎様
でした。以前からこの地は、近くを流れる十川の氾濫の常習地帯で、その犠牲者が多かったことから水虎様を祀ったとされています。

 地域の「蒼前様」は馬頭観音信仰と結びつき、古くから崇敬されてきた分けですが、明治になると神仏分離によって「惣染宮」を称していた社の多くは「保食神社」となりました。これは、保食神(うけもちのかみ)が食物神であるとともに「牛や馬の神」でもあったことに関係するとされています。
 - ここ崇染宮は、その名の通り、古くからの蒼前様信仰を伝えている社です。

◇崇染宮

 
境内
大イチョウ
拝殿
馬頭観音と水虎様
馬頭観音堂


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment
korekaradaさんへ!! 
はじめまして!
私の実家は岩手県の一関千厩町です。故上さんは青森でした。
千馬や」が名前の由来と聞きました。
日高地方には馬頭観音信仰があります。東北は何かと本道とは身近で、酒もうまいし、懐かしく拝見させていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。!

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR