のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 藤崎町   Tags: つがるみち  

境内でひと休み「水木熊野宮ほか」-つがるみち228


水木熊野宮
 
淡島神社





 
 神社をめぐっていると、ときどき同じような姿形をした狛犬や神馬を見かけることがあります。特にあまりかけ離れていない地区の神社にそれは多いようです。
 私は神社の拝殿や本殿の造りや形に関して、あまり注意して見たり調べたりすることはありませんが、先日、藤崎町の水木熊野宮と淡島神社という2つの神社を訪ねたときに、社殿(拝殿)が、ほぼ同じような形をしていることに気づきました。
「神明造」「住吉造」「大社造」「春日造」「日吉造」など、様々な建築様式があるようですが、この2つの神社がその中のどれにあたるのかは、私には分かりませんが、形や色がそっくりだったので印象に残りました。

一の鳥居


 藤崎町水木(旧常盤村)に鎮座する熊野宮。かつてここには「水木城」という舘があったところです。
 水木城については、【中世の頃、浪岡城を本拠地として栄えた北畠氏は、北畠顕家系統で宗家である「浪岡御所」と、北畠顕信系統の「川原御所」に別れていました。その「川原御所」である溝城具信の所領地の要の場所にある城・舘が、溝城舘・水木城です。水木城は、津軽統一を目指す大浦氏(津軽氏)に対抗する北畠氏の最前線の基地でもあったようです。永禄5年( 1562 年)に、北畠一族の内紛である「川原御所の反乱」がおこり、溝城舘・水木城は浪岡御所の軍勢に攻められ落城したといわれます。溝城氏はその後、津軽為信に仕え、水木氏を名乗り、文禄2年(1596 年)から、「溝城」が「水木」と改められたということです。※藤崎町「ふるさとの史跡散歩」】とありますが、境内横に立つ説明板によると、当時、辺りには熊野堂、惣前堂、薬師堂が設けられ、有事の際の砦としての役割を負っていたとのことです。

 神社正面の大鳥居の左右には、昇り龍と降り龍が刻まれています。また、境内の御神木の周りには水がたまっていますが、これは地下水のようで、神木と拝殿のあたりから湧き出ていました。「御神水」といったところでしょうか。
「熊野宮」という名にあやかったものでしょうか、拝殿前には狛犬とともに大きな熊の像が立てられていました。

 この熊野宮の縁起については、【御祭神:伊弉諾命、伊弉册命、誉田別命  創立年月日は不詳なれど、 住古溝城の館神として恵心僧が都から永正十七年 (一五二〇) に勧請したと云われている。※青森県神社庁HP 】とあるように、水木城の守り神として創建され、恵心僧都によって勧請されたと伝えられています。

◇水木熊野宮

 
水木城址
逆さ龍
境内
熊の像
拝殿



一の鳥居


 一方、こちらは同じく藤崎町福左内に鎮座している淡島神社。住所は違いますが、水木熊野宮からはほんの少しの距離です。
 明るく開放的な境内には、「天保」「弘化」など幕末期の年号を記した庚申塔が3基立っています。
 御祭神は少彦名命ですが、その由緒については、
【永正17 年(1520 年)に水木(溝城)城主であった溝城刑部の家臣である水木村の今市右衛門が、薬師堂として勧請したという古記録があります。今市衛門と今次右衛門の二人が、主君の命により用水堰を開削した時に、土の中から薬師如来の木像を発見し、それを祀ったということです。※藤崎町「ふるさとの史跡散歩」 】とあるように、やはりかつての水木城と関係が深いようです。前述の熊野宮とともに「防御砦」の役割を果たしていた「薬師堂」とは、ここのことでしょうか。

 延宝3年(1675 年)には、菊理姫命(くくりひめのみこと)が合祀されますが、明治4年(1871 年)の廃仏毀釈の令によって仏体の薬師如来が廃され、菊理姫命だけを祭るようになったそうです。その後、明治20 年頃に火災で社殿を焼失し、明治33 年(1900 年)から、現在の少彦名命を祀るようになったということです。

◇淡島神社

 
庚申塔
末社
狛犬
拝殿
本殿



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment
 
こんにちは。

狛犬ならぬ狛熊といったところでしょうか。ちゃんと阿吽で対になっていますね。武運長久と彫られているところを見ると近代に入ってからのものでしょうか。

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR