のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市  

境内でひと休み「大沢八幡宮」-つがるみち237


大沢八幡宮


 弘前市大沢地区は、名水・桂清水のある堂ヶ平への入口にあたる集落ですが、地域の農家の方のHPには、「弘前市南の端に程近い集落です。周りは、山や畑、田んぼにかこまれ弘前の中でもとても自然が多い所です。都会と違い、ほとんどがおじいちゃん、おばあちゃん、長男夫婦、子供たちといった感じで、いわゆる昔ながらの家族がとても多い地区です。農業を営む人も多く、リンゴをはじめ、コメ、野菜などの栽培もとても盛んで、専業、兼業を問わず、どの家庭でも色々な作物を作っています。」と紹介されていました。

 
 また、ここは江戸時代の羽州街道
羽州街道 ※羽州街道交流会HPより
に隣接するしている地域でもあります。
【羽州街道とは江戸時代の街道で、奥州街道と並ぶ東北の二大街道のひとつでした。羽州街道の長さは約497km、奥州街道は全行程が約827kmありましたが、それに次ぐ長さを持つ街道でした。現在の国道113号、13号、7号にほぼ重なるコースで、福島の桑折町で奥州街道から分かれ、宮城の七ヶ宿、山形、秋田と進み、青森の油川でまた奥州街道に合流。途中では上山や山形、天童、新庄、久保田、弘前の城下町を通っていました。※羽州街道交流会HPより
 あの松尾芭蕉や菅江真澄、伊能忠敬、吉田松陰など多くの文人や偉人たちが通り、貴重な記録を残した街道だったようです。

参道


 そんな大沢地区の集落に鎮座しているのが八幡宮です。八幡様ということで御祭神は誉田別尊ですが、その由緒等については不明です。
 神社は、国道7号線(旧羽州街道)から少し奥に入ったところにありますが、ちょうど辺りのりんご畑がとぎれ、集落への入口といった感じです。そこだけがこんもりした森になっていました。

 石造りの一の鳥居に架けられているのは金属製の注連縄。神社を訪ねて、初めて金物の注連縄を見た時はびっくりしたものですが、思いのほか数多くあり、最近では慣れてしまいました。
 二の鳥居からは、正面に参道の石段が延びていて、小高い丘の上の境内へと続いています。両脇に大きな石灯籠が立っていますが、何となく童話に出てくる「キノコ」のような形をしていて、とても趣があります。
 参道の周りには、いくつかの末社が立っていましたが、特に大きなお堂は熊野宮。中を覗いて見ると小さな祠が3つほどありました。森の中で、朽ちかけた祠を見つけましたが、その中には大きなキツネ像と小さなキツネ達。稲荷社でした。この神社は、八幡信仰、熊野信仰、稲荷信仰など様々な信仰を集める社だったようです。

◇大沢八幡宮①

 
石灯籠
熊野宮①
熊野宮②
稲荷社①
稲神社②


社殿へ


 二の鳥居からは、左側にも道が延びており、ちょうど丘を回りこむようにして境内へと進むことができます。歩いて行くと正面に赤い鳥居が立っており、その奥に社殿が見えました。
 鳥居のそばには、大きな手水石が置いてありますが、その隣に榊の木
榊の木
があります。地域の方々によって植えられ、大切に育てられているようです。

 境内には大きめの神馬や狛犬のほか、八幡様のお使いである「鳩の像」も奉納されています。この二体の狛鳩は、何となくお互いに語り合っているような、ほのぼのとした姿形をしています。

 私が訪ねたのは昨年の9月の末でしたが、境内は紅葉前の緑に包まれて、静かな落ち着いた雰囲気でした。

◇大沢八幡宮②

 
拝殿①
神馬と狛犬
狛鳩
拝殿②
本殿


 この大沢地区に伝わる伝統芸能・獅子踊は、大沢獅子踊
大沢獅子踊 ※弘前市HPより
と呼ばれ、県無形民俗文化財に指定されています。その概要は、
【熊獅子の系統に属し、一人立三人舞である。舞は兄獅子、弟獅子、女獅子とオカシコで構成され、囃子は手平鉦、笛、太鼓で構成される。また歌ぐらも加わる。曲目には「前踊り」「祭神」「橋渡り」「山の踊り」「花おがみ」「女獅子争い」「きりぎりすの踊り」「ツマグラガエシの踊り」「門ほめ」がある。。※弘前市HPより】というものです。

 津軽は獅子踊(獅子舞)が盛んで、各町村に保存会があり、その伝統を伝えていますが、獅子踊りは「鹿獅子」と「熊獅子」の2系統があるとされ、その踊りの所作の違いから、鹿獅子踊りは豊作に対する「感謝の舞」、熊獅子踊りは「豊穣祈願の舞」ともいわれるようです。 ⇒以前の獅子踊りの記事へ

 大沢地区の獅子踊は熊獅子で、3月に「獅子おこし」を行い、7月には、この八幡宮に獅子踊が奉納されるとのことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR