のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 平川市   Tags: つがるみち  

家臣の手で「李平保食神社」ーつがるみち243


保食神社


「大同二年、征夷大将軍坂上田村麻呂東征にあたり、戦勝を祈願して・・」 ー 津軽の神社の縁起ではおなじみの文言ですが、他にも、「○○○○年、村中にて創建」とか「○○村の某、○○観音を奉じて・・」など、各社の由来は様々に語られています。
 戦国時代に入ると、時の城主(領主)やその家臣が建立・再建したとされる神社も数多くなるわけですが、平川市李平(すももだい)に鎮座する保食神社も、そのひとつです。

遺跡説明板


 李平の上安原・下安原地区は、縄文時代からの遺跡が残る所として知られていますが、大きな火の見櫓がある李平町会センターに遺跡の説明板が立っています。
【この遺跡の特色は、(注1)縄文時代の遺跡に歴史時代(奈良・平安)に入ってから再び人が住み始めたことが明らかで、縄文土器が地表に多く散見され、地下には土師器が伴う住居跡が埋れている。また、上安原、下安原の丘陵地一帯に集落が形成されていたようで、土器片が広く散布している。住居跡から出土する土師器はロクロを使用しない此の地方古式のものであり従って須恵器が伴出しなかった。北側急斜面の下の水田から夥しい土器が出土したという。或いは縄文晩期の遺物包含地とも考えられる。この地区から検出される住居跡には明確にカマドが設置されていて、付近一帯は稲作に最適な地であり津軽地方でも比較的早くから開拓された地域であった事が推測される。(注2)縄文時代は北側低地部を大河が流れていたと考えられ夥しい程の漁撈具が出土している。※遺跡説明板より】 

 これを見ると、一帯は縄文時代から連綿と続いた遺跡だったことがわかります。下安原の方の遺跡からは、「頭位を南西方向にし、腹部に子供の頭大の大きさの川原石を置いた」平安時代の埋葬人骨
埋葬人骨
が発見されているとのことです。

(注2)の「低地部を流れる大河」とは、即ち、浅瀬石川のことですが、この川は古代から幾たびも氾濫を起こした川で、(注1)にあるように、「奈良、平安に至って再び、人が住み始めた」というのは、縄文から続く一時期、氾濫による大きな環境の変化があったことを示しているように思います。
 因みに、「北方最古の弥生田」として有名な田舎館垂柳遺跡もまた、浅瀬石川の氾濫により、貴重な水田跡や弥生人の足跡が「真空パック」されて残った遺跡だとされています。また、ここ李平と同じ平川市の八幡崎(やはたざき)地区の八幡宮一帯にも、縄文から奈良時代へと続く遺跡があり、石製品、土製品、藍胎漆器、木製椀などが見つかっています。 ー 浅瀬石川文化圏とでも言ったらいいでしょうか。

 遺跡説明板のある町会センターのすぐ隣が保食神社です。雪に埋まった一の鳥居のそばには、手水舎や庚申塔などが立っていました。

◇李平遺跡、保食神社ほか

 
火の見櫓
八幡崎八幡宮
道路から
参道
庚申塔


拝殿


 この保食神社については、
【御祭神:宇氣母智神(うけもちのかみ)  永正二年 (一五〇五) 浅石城主千徳左衛門政久の家臣、 天内治右衛門が社殿を建立し、 馬頭観音を勧請したのに始まる。 崇染堂と称せられ、 永禄三年 (一五六〇) に李平村にて社殿を改築したが、 天正三年 (一五七五) 失火により焼失した。 寛永六年 (一六二九)、 馬頭観音像を鋳造して御神体となし、 社殿が再建され、 更に正保元年 (一六四四)、 村中にて社殿を改築、 産土神として崇敬されるようになった。 明治三年、 観音像を弘前市最勝院に納め、 保食神社と改称した。 ※青森県神社庁HP】と紹介されています。

 由緒にあるように、当時の支配者・浅瀬石千徳氏の家臣であった天内氏の手によって創建された社ですが、天内氏は、浅瀬石からこの地に移り、「天内館」を築き、居館にしていました。
 天内館は、「3郭で構成され、各郭は空堀と土塁が設けられていたという。北側は丘陵の段差を利用し、南側は浅瀬石川上流から引いた水路をもって堀としていた。」とされていますが、 慶長2年(1597)、浅瀬石城が大浦(津軽)為信の手により落城すると、天内館も廃されることになります。現在、館跡は住宅地となっているため、その遺構はほとんど残っていません。

 この保食神社は主人・千徳氏から授かった領地の繁栄を願った天内氏の思いが詰まった社であり、それを大切に育んだ村人達の「産土社」であったのでしょう。今は、雪の中にひっそりと佇んでいました。

◇保食神社

 
境内
狛犬
拝殿
本殿
末社


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR