のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 平川市   Tags: つがるみち  名水と霊泉  

白岩森林公園の十和田様ーつがるみち247


白岩森林公園


 深浦町のJR五能線十二湖駅の近くに日本キャニオン
日本キャニオン
と呼ばれる景勝地があります。
 その名の通り、グランドキャニオンを思わせる大断崖で、周囲の緑の中に崩壊浸食された白い凝灰岩の岩肌が露出している名所ですが、青池で有名な十二湖に近いということもあり、多くの観光客が訪れる所です。
 この日本キャニオンと規模は違いますが、平川市にも、同じように白い岩肌がむき出しになっている景勝地・白岩森林公園があります。


 白岩森林公園は、以前に訪れた尾崎八幡宮のある尾崎(おさき)集落から、山の方へと進んだ所にありますが、道中は、両側にりんご畑が広がるのどかな景色が続いています。私が訪ねたときは昨年の夏でしたので、辺りの緑がとても鮮やかでした。

 途中の山裾に小さな祠を見つけました。車で走っていると、時々、このような忘れ去られたような祠がポツンと立っているのを見かけます。長く伸びた草をかき分けながら近寄って見ると、「保食宮」とありました。
 中には、馬の像が何体か奉納されていました。「保食神」は五穀豊穣の神(食物神)ですが、神話には、その「頭から馬が生まれた」とあることから、馬頭観音と同一神とされることも多いようです。

 だんだん道幅が狭くなり、樹木が目立つようになりますが、ここが公園の入口です。大きな岩の下に、ひとつの石碑
中島熊吉顕彰碑
が立っていました。
【故中島熊吉翁ハ 温厚篤実 信仰心ニ富ミ 明治七年ヨリ 丗有年間無報酬ニテ山守長トシテ誠意奉仕シ 今日ノ山間安楽郷ヲ築キタリ・・・】 ー どうやら中島熊吉という人物の顕彰碑のようです。
 この碑にも書かれているように、中島熊吉は、明治7年(1874)より30有余年、この山の山守長を務め、美しい景観を後世に残した「地域の偉人」として尊敬されてきた人物だったようです。この顕彰碑の向かい側にも大きな岩があり、そこには中島熊吉と思われる人物の石像がありました。穏やかで、慈愛に満ちた眼差しの像です。

◇保食宮・中島熊吉顕彰碑

 
 
保食宮①
保食宮②
中島熊吉碑
中島熊吉像①
中島熊吉像②


白岩森林公園案内板


 入口から少し進んだ所に、ひとつの鳥居が立っています。扁額には「山神様」とあり、そばには「大山祇神」と書かれていました。ここは山神神社のようです。祠は鳥居をくぐった少し高い所にありましたが、そばには「山神様」と刻まれた大きな石碑もありました。長い間にわたって、この山(公園)の守り神として崇敬されてきたのでしょう。

 白岩森林公園は、
【アカマツ・ブナ・カエデなど約131ヘクタールにも及ぶ広大な自然公園を有し、点在する凝灰岩の美しさで知られる白岩森林公園。その岩肌は雪と見まちがうほどの白さで、四季折々の木々や山々と織りなす色彩のコントラストは見事なものです。公園内には、キャンプ場、森の家(休憩場)、遊歩道、展望所等があります。また、毎年5月下旬には白岩まつりが開催され、多くの観光客で賑わいをみせています。※平川市HP他より】と紹介されているように、自然観察や森林浴が楽しめる行楽地となっています。
 むき出しの「白岩」を中心にして広いハイキングコースとなっていますが、私が訪れたときは、付近の崖崩れなどのために通行禁止になっている所もありました。
 圧巻は、何といっても屏風のように広がる白い断崖。スキーゲレンデのようです。

◇山神様と白岩

 
山神神社①
山神神社②
白岩①
白岩②
白岩③



薬師のシツコ

十和田神社

十和田のシツコ


 岩壁は凝灰岩でできているわけですが、凝灰岩層は、
【他の岩石の層に比べて軟弱で、また充分に固結していない凝灰岩層は地下水を含みやすく、地下水の通り道となって流動的になりやすい。・・・凝灰岩は河川などの侵食に弱いため、さまざまな形に侵食され風光明媚な地形を作る。※wikipediaより】といわれています。
「地下水を含みやすく、地下水の通り道となる」とあるように、この公園一帯には、清水が湧き出ている所が何カ所かあり、それらは総称して「白岩湧水群」と呼ばれています。
 湧水にはそれぞれ、「けやきのシッコ」「薬師のシッコ」「あじさいのシッコ」「たものシッコ」などと、親しみを込めた名前がつけられていますが、「シッコ(シツコ)」とは「清水」のことです。場所がわからず、全部は回ってみれませんでしたが、時期によっては、枯れている所もあるようです。
 それらの「シツコ」の中でも、「十和田のシッコ」は特別なようで、ここには鳥居が立っており、十和田神社の祠もあり、水量豊かな清水が湧き出ていました。
ー 北東北の水神「十和田様」は、この地でも崇敬を集めているようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR