のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 鰺ヶ沢町   Tags: つがるみち  名木めぐり  

枯れた老木「深山神社」ーつがるみち262


深山神社


 鰺ヶ沢町というと「海」のイメージが強いのですが、町は、南部の白神山地や岩木山麓から日本海に向けて広がっている形をしています。
 港町らしく、中心街のある海辺には白八幡宮をはじめ、海上安全を司る神社が多いのですが、一方、岩木山の麓にあたる山手の方には、海辺の神社とはまた違う御祭神を祀る社があります。今回は、そんな山手側にある中村町に鎮座している深山神社を訪ねました。
 中村町は、海辺から岩木山に向かって走る道路沿いに開けた集落ですが、辺りは広い田園地帯になっています。そんな田んぼの真ん中に、こんもりした森が見えますが、そこが深山神社です。

 この神社については、
【草創年月日不詳であるが、 村民、 新田地開懇と共に延宝五年 (一六七七) 本殿改築し、 五穀豊穣、 家内安全を祈願、 工藤清太夫が勧請し、 以来、 氏子で、 拝殿を改築した神社である。※青森県神社庁HP】とあるだけで、詳しい縁起などは分かりませんが、村人によって、大切に守られてきた社だったようです。
 その御祭神は、金山彦神(カナヤマヒコノカミ)と金山姫神(カナヤマヒメノカミ)、そして植山比売命 (ハニヤマヒメノミコト)の三柱ですが、いずれも、私には馴染みがうすく、よく分かりませんでした。
 
 神話によると、金山彦神と金山姫神の二柱は、イザナミが火の神・カグツチを産んで火傷をし、病み苦しんでいるときに、その嘔吐物から生まれた神であるとされ、嘔吐物がどろどろに溶けた鉱石を連想させることから、「鉱山の神」「製鉄の神」として信仰されてきた神様といわれています。
 岩木山麓は、かつては大規模な製鉄事業が行われていた場所で、鰺ヶ沢からは古代の製鉄に関する遺跡が発見されていたり、湯舟観音堂などに伝わる「鉄と鬼の伝説」も残っているわけですが、こうした製鉄技術は、山陰・北陸地方から日本海航路を通じてもたらされたものとされています。
 鰺ヶ沢は、古代から、そんな技術の伝来の窓口とした栄えた湊だったことを考えると、この神社に「金属の神」が祀られていることもうなずけます。
  また、埴山姫命は金山彦命と金山姫命とともに、イザナミが産み落とした一柱で、「土の神」として、農業や土木業、造園業、陶磁器製造業を営む人々に広く信仰されている神様ですが、水の神である水波能売命と同時に生まれたとされることから、「田畑の神」として祀られているようです。

 今でこそ一帯は豊かな水田地帯になっていますが、昔は潮風が吹きつける荒れ地だったわけで、土地の開墾や土壌の改良は大変な苦労を伴ったと思われます。由緒に「村民、 新田地開懇と共に」とあるように、この三神を祀ったのは、五穀豊穣を願う村人の思いの表れだったのでしょう。

◇深山神社

 
一の鳥居
境内
社殿
馬頭観音碑
庚申塔と二十三夜塔



老木①

老木②


 杉の木で覆われた境内には、狛犬と社殿のみ。入口付近には馬頭観音碑と猿田彦碑(庚申塔)、二十三夜塔が立っていました。
 数多い杉の木の中に、特徴のある大木がありました。その大きさ、太さは他の木とは別格で、ひと目でそれと分かります。樹齢は最も古く、根元にはぽっかりと穴が開いていました。まるで小洞窟のようです。
 幹は途中から90度に曲がっていたので、最初は折れて倒れているのかと思いましたが、そうではなく、しっかりと枝をつけていました。その姿形は、まるで大地にしっかりと足をおろし、踏ん張っている「首長竜」のように見えました。その年輪を感じさせる色やシワは、とても貫禄があり、「枯れた老木」という感じです。

「枯れる」という言葉は、本来の意味の他に、「練れて、深みが増す。円熟して、落ち着いた深い味わいが出てくる。」という意味にも用いられます。私も、寺社巡りを通して、そのような重厚で存在感のある老木をいくつか見てきました。この深山神社の老木もその中のひとつになりました。

◇老木たち

 
田舎館城址サイカチ
弘前市鬼沢りんご園
板柳愛宕神社サイカチ
稲垣一本タモ
田舎館熊野宮エゾエノキ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                                               ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment
 
こんにちは。お邪魔致します。
本当に首長竜のような迫力のある木ですね。
機会があれば実際に見てみたくなりました。

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR