のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

龍ノ口八幡宮と勝剣神社ーつがるみち292


一の鳥居


 弘前市に龍ノ口(竜ノ口)という集落があります。現在は弘前市になっていますが、旧岩木町で、同じく旧相馬村とは岩木川を挟んで向かい合っている地区です。
 この龍ノ口に八幡宮が鎮座しています。以前、「鳥居の鬼っコさがし」で訪ねた白山姫神社のすぐ近くです。
 その由緒については詳しくは分かりませんが、
【御祭神:誉田別尊  安政二年、 神社微細調社司由緒書上帳によれば 「駒越組、 龍口、 産神之社、 八幡宮、 壱宇。 右、 草創年月相分り不申候」 とある。
「元文三年十月の御棟札は、 村中にて造營仕り来り候」 とある。 明治六年四月、 村社に列せられる。 昭和二十一年七月二十六日、 法人令により、 宗教法人となる。 ※青森県神社庁HP】と記されています。

「駒越組」というのは、江戸時代に津軽藩が設置した行政区域25組の1つであり、主に津軽平野の南側、岩木川上流の区域を指しています。この神社は由緒に「産神之社」「村中にて造營」とあるように、昔から地域の産土社として崇敬されてきた社です。

「八幡様」らしく、境内には大きな神馬などがありますが、いずれも足に草鞋が結びつけられており、小さい方の神馬は、まるで動いているような姿形をしています。
 境内にはいくつか末社の祠が立っていますが、拝殿の前には石仏が納められたお堂がありました。拝殿の戸が開いていたので中を拝むことができました。祭壇の横にきらびやかな布で全身が覆われた像が2体祀られています。その姿形からして、どうやらこれはオシラ様
オシラ様
だと思われます。

 境内には、大きなイチョウの古木が一本ありますが、たぶん、この神社の御神木なのでしょう。その根元には、庚申塔や二十三夜塔が置かれていました。このイチョウの木、なかなか趣のある形をしていて、下から見上げるとロケットの発射台のようにも見えます。

◇龍ノ口八幡宮

 
二の鳥居から
境内
庚申塔ほか
末社と本殿
拝殿


  
神馬と狛犬
石仏
神馬
御神木



一の鳥居


 龍ノ口から少し離れた集落が真土。「真土」は文字通り「混じりけのない土」のことですが、集落に鎮座する愛宕神社に次のように書かれた木柱が立っていました。
【地名由来  地名の初見は寛永十七年(1640)。語源は良質の土を産するところから「真土(まつち)」となった。
 藩政時代よりこの土を使い下川原焼等数種の焼物を焼き、特に悪戸焼は藩主の奨励をうけ、松前等に移出。藩の財政充実に資した。※愛宕神社木柱より
 この真土の集落内に「勝剣林(かつけんばやし)」という、少し変わった地名がありますが、周りをりんご畑に囲まれた所に勝剣神社が鎮座しています。

 一の鳥居の横に庚申塔や猿田彦碑などが立っていますが、そこに由緒書きがありました。それには、
【当神社は明治初期神社統合の際、駒越愛宕神社に遷され相殿となっていたが、その後復社して今日に至っている。祭神は天之尾羽張神(または、伊都文尾羽張神)とされるが、神名の意味するものは、鉾の両刃が張出している鋭い剣であり、ご神体は古剣である。当社の縁起によれば鎌倉時代末期、当地の開拓者が土中より古剣を発見した伝承があり、「勝れた剣」とするところからこの社名になった。当社は、勝剣(しょうけん)→勝剣(かっけん)→脚気(かっけ)と通ずるところから脚気治療の霊験著しと言われ、古くは北海道の人達からも信仰されていたという趣意書もある。※由緒書きより】と書かれていました。

「天之尾羽張(あめのおはばり)」については、
【日本神話に登場する刀であり、また神の名前である。神名としては天之尾羽張神(あめのおはばりのかみ)という。別名 伊都之尾羽張(いつのおはばり)。『古事記』の神産みの段において、伊邪那岐命が迦具土神を斬ったときに使った十拳剣の名前として登場する。その別名が天尾羽張であると記す。天尾羽張についたカグツチの血から、建御雷之男神などの火・雷・刀に関する神が化生している。。※wikipediaより】とされています。神社の由緒によると、土中から古剣が発見されたとのことですが、かつてはこの地に大きな鍛冶場があったのでしょうか。
 それにしても、「勝剣(かっけん)」が「脚気(かっけ)」に転移し、その治癒の神様として信仰されたというくだりは面白いですね。

「勝剣」という神社名とその縁起を示すように、拝殿の中には「剣」を描いた奉納絵馬
「剣」を描いた奉納絵馬
が数多く掲げられていました。

◇勝剣神社

 
参道入口
庚申塔ほか
境内
拝殿
奉納絵馬


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR