のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 鶴田町   Tags: つがるみち  名木めぐり  

大性神明宮ーつがるみち293


大性神明宮


 鶴田町大性(だいしょう)は、板柳町との境目にあたる集落ですが、ここに神明宮が鎮座しています。
 万治3年(1660)に創建されたと伝わるこの神社の由緒については、
【御祭神:天照皇大神  藩主信枚公の三男信隆公の草創にして、今の西津軽郡亀ヶ岡雷電宮の前社司にして当時当村に移住せる工藤権之太夫に社務被仰付、御供田並幕燈籠寄進の上、宮社普請の御手入料御渡し下され候云々とあり、由緒ある神社なり。明治六年四月、菖蒲川神明宮へ合祭。同八年復社。※『北津軽郡神社誌』より】とあります。


二の鳥居から

 
 由緒に語られている「藩主信枚公の三男信隆公」とは、津軽藩2代藩主信枚の三男・津軽信隆(つがるのぶたか:1620~1659)のことですが、通称を百助(ももすけ)といい、代々家老を務めた「津軽百助家」の始祖とされる人物です。現在の弘前公園の隣に高校がありますが、その敷地はかつては、この百助信隆の広大な屋敷があった場所であるといわれています。

 津軽信隆には信義(津軽藩3代藩主)と信英(黒石藩初代藩主)という兄がいましたが、この時代には津軽家騒動のひとつである「正保の変」が起きています。
 この騒動は、「じょっぱり殿様」などといわれ、暗君のイメージが強かった3代藩主・信義とその子(後の4代藩主・信政)を退かせ、信英を擁立しようとする企てだったのですが、そこのあたりと信隆の関わりについては、
【正保4年(1647年)、弘前第3代藩主津軽信義を強制隠居、嫡子の信政をも廃嫡させ、幕府旗本の兄・信英を藩主に擁立しようとする主君押込の企て、いわゆる正保の騒動が起こった。しかし、これは計画段階で信義側へ密告があり大きな騒動となる前に防がれている。この後、家臣だけでなく、異母弟や妹婿もが処罰される中、擁立された信英と百助信隆には何の沙汰(咎め)もなかった。百助は信英擁立派ではあったものの、(後に改心してからか、)その密告者であったとされ、自ら騒動を起こしたというよりはむしろ企ての情報を信義に密告した功があったことが原因であったとされる。この功により知行を加増されている。※wikipediaより】と説明されています。

 結果的に信英と信隆には何の咎めもなかった分けですが、信英についてはその人物が英邁であったことに加えて、徳川の血筋を引く人物であったことがその大きな理由と考えられています。
 一方、信隆は「沈勇の士で、お家第一と考える人であった」といわれており、大局をみて適切な判断ができた人物だったようで、そういう意味では、この騒動の芽を事前に摘み取った功が評価されているようです。
 この津軽信隆と昔の鶴田町、及び大性地区との関わりについては詳しくは分かりませんが、前述の『北津軽郡神社誌』には、
【信義・信政二代の家老職を務め、徳行を以て聞こえたる人物なり。卒去に際して、領民その死を惜しむ。】と記されています。

◇大性神明宮

 
境内
末社
庚申塔ほか
二十三夜塔ほか
大黒天と・・



大イチョウ①


 神明宮は大性の集落の道路沿い、民家に挟まれた所に位置しています。
 境内には、社殿の他、狛犬や鳥居を伴った末社などが立っていますが、端っこの方に庚申塔や二十三夜塔があります。庚申塔のそばには小槌を持った大黒様。一方、二十三夜塔の隣には、何やら風変わりな石像が・・。風化しているため、胡座をかいた猿の姿のようにも見えますが、鬼っコでしょうか、何かの石仏なのでしょうか。

 境内の中で、ひときわ存在感があるのが一本のイチョウの巨木です。このイチョウの木は、とても大きくて、神社の外からもよく見えますが、まるで民家の屋根から枝がのびているような光景です。

 鶴田町の名木のひとつにも数えられているこのイチョウは、樹高32.5m、幹周5.56mで、樹齢はおよそ400年といわれています。いわゆる「乳根」が垂れていたり、横幅が巨大な形の木ではありませんが、この神社の御神木にふさわしい形のよいイチョウです。

◇大性神明宮のイチョウ

  
大イチョウ②
大イチョウ③
大イチョウ④
大イチョウ⑤


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR