のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > つがる市   Tags: つがるみち  

越水高倉神社ーつがるみち339


湯舟高倉神社
 
北浮田高倉神社
 
日照田高倉神社




 上の写真は鯵ヶ沢町にある津軽三十三観音霊場で、左から、
◇湯舟観音堂 (6番札所)
◇北浮田弘誓閣(7番札所)
◇日照田観音堂(8番札所)      です。

 実はこれらの観音堂、三つともに神社名は「高倉神社」となっていて、訪ねたときは少しびっくりしたものでした。
 鯵ヶ沢町は「高倉」と名のつく神社がとても多い所で、青森県神社庁HPには鯵ヶ沢町の「高倉神社」が7社紹介されています。特定の地域に、これだけ同名の神社が存在するということはとても不思議です。


越水高倉神社


 9月の上旬に、五所川原から鯵ヶ沢方面へ向かって、国道101号線を走っていたとき、道路沿いにひとつの神社を見つけたので立ち寄ってみました。
 後で地図を見て確かめたところ、ここはつがる市の「越水」という地区であることが分かりました。
 越水は鯵ヶ沢町と境を接する集落で、すぐ隣の鯵ヶ沢の北浮田町とつながっています。

 神社の入口の社号標には村社 高倉神社とあります。住所は「つがる市木造」なのですが、地理的にみて、周辺に点在する「高倉神社」のひとつと考えてもよさそうです。

 一の鳥居のそばに、文字のかすれた木柱があって「○○杉」と書かれていました。かつては名物の大杉があったのかも知れません。境内は、大木こそないものの無数の杉の木が生い茂っており、神社全体をすっぽりと包んでいるような感じです。私が訪ねたときは雨上がりだったので、その緑がとても鮮やかでした。
 一の鳥居、二の鳥居と進んで行き、右側に折れた所に社殿が立っています。社殿のそばには、稲荷様などの小さな祠が並んでいました。

 境内の一角に、庚申塔や二十三夜塔が並んで置かれていますが、二十三夜塔には女神を思わせる像が刻まれていました。
 私は、二十三夜塔については分かったようでよく分からなかったので、あらためて調べてみると、
【月待塔(つきまちとう)は、日本の民間信仰。特定の月齢の夜に集まり、月待行事を行った講中で、供養の記念として造立した塔である。月待信仰塔ともいう。月待行事とは、十五夜、十六夜、十九夜、二十二夜、二十三夜などの特定の月齢の夜、「講中」と称する仲間が集まり、飲食を共にしたあと、経などを唱えて月を拝み、悪霊を追い払うという宗教行事である。特に普及したのが二十三夜に集まる二十三夜行事で、二十三夜講に集まった人々の建てた二十三夜塔は全国の路傍などに広くみられる。※wikipediaより】とありました。
 月待信仰の崇拝の対象は、「十三夜は虚空蔵菩薩、十五夜は大日如来、そして二十三夜は勢至菩薩を本尊として祀った」とされていますが、ここに描かれた「女神像」も勢至菩薩なのでしょう。

◇越水高倉神社
 
  
境内
末社
末社と本殿
庚申塔ほか



  
狛犬
石灯籠
本殿
二十三夜塔



柴田高皇産霊神社


 この高倉神社の由緒については、
【御祭神:高皇産霊命  検地水帳によれば元文以前に鎮祭ありと記され、 「堂建有之工藤備後」 とあることにより、 お宮が建てられ工藤備後が祭司していたことがうかがわれる。 明治六年森田村床舞村社八幡宮へ合祭 同七年復社、 同八年村社に列せられ、 同二年二月神饌幣帛料供進に指定される。※青森県神社庁舎HP 】とあり、その詳細は分かりませんが、元文の頃(1736ー1740)には既に村の信仰を集めていた社のようです。

 御祭神の高皇産霊尊(タカミムスビ)は、神話では天之御中主神、神産巣日神ととも高天原の「造化三神」のうちの一神であり、別名「高木神」とも呼ばれます。
 津軽にも高皇産霊尊を祀る神社(※写真はつがる市柴田の高皇産霊神社)がありますが、興味深いことに、ここ越水の高倉神社をはじめ、前述した鯵ヶ沢の高倉神社の主祭神は、全て高皇産霊尊です。

 出雲国譲りや天孫降臨の物語などでは、高木神はアマテラスとともに最高神・司令神として描かれます。そのことから、「邪馬台国=高天原だとすると、卑弥呼=天照大神で、魏志倭人伝に出てくる”男弟”は即ち高木神のことである」とする説もよく知られていますが、「高木神」という名称は元々は文字通り「高い木」が神格化されたものだとされているようです。

「高木」は神霊が依り憑く「依り代」で、津軽には祖霊の住む山・岩木山から降臨する神々を崇める神社が多くありますが、鯵ヶ沢付近に点在する高倉神社もまた、そのような社だと思われます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR