のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > つがる市   Tags: つがるみち  

武甕槌神社ほかーつがるみち340


大黒天


 道路沿いに赤い鳥居を伴った祠、地蔵堂、注連縄が張られた庚申塔や二十三夜塔、百万遍塚など・・津軽ではよく見かける光景です。
 つがる市木造(旧木造町)は、そんな場所が特に多いところで、道端にたくさんの碑や祠が立っています。9月に千代田という集落沿いを走っていた時に、たくさんの石碑が立っている場所をみつけました。
 道路沿いに、赤い鳥居と二本の松の木があって、その奥に小さな祠や庚申塔、石仏が彫られた碑、大黒様の像などがあります。
 後ろには広々とした田んぼ。私が立ち寄ったときは既に刈入れも終わった後でしたが、これらの碑や石仏は「豊作祈願」のためにここに置かれたものなのでしょう。向かい側には、八幡宮が鎮座していました。

◇石碑群と千代田八幡宮

  
庚申塔など
庚申塔など
千代田八幡宮
山の神



武甕槌神社


 そんな木造町の越水神山という地区に武甕槌神社があります。同じ越水地区ということもあって、先回取上げた高倉神社の後に寄ってみました。
 木造町は日本海に近いこともあって、湿地帯が多く、十三湖方面に向かう一帯には大小の沼が数多く点在しています。
 この神社の近くにも大きな沼(名前は不明)がありました。農業用の溜池としても活用されているのでしょう。

 集落の中心部に鎮座しているこの神社の由緒については、
【御祭神:武甕槌神 経津主神 大己貴命 少彦名命   検地水帳によると延宝四年社殿建立とあり、 元文時代には観音堂、 毘沙門堂が 「宮建有之工藤備後抱」 とあることから両堂も工藤備後が祭司していたことがうかがわれる。 明治六年吹原村社天満宮に合祭、 同七年復社、 同八年村社に列せられる。 明治四二年二月神饌幣帛料供進に指定される。 ※青森県神社庁HP】とあります。

「元文時代、工藤備後が祭司・・」という文言は、近くの高倉神社や吹原天満宮の由緒にも出てきます。工藤氏については不明ですが、藩命を受けて、この地域の祭祀を司っていたのでしょうか。

 入口には月夜見大神と猿田彦碑などが立っていて、その奥に社殿があります。
 由緒に「元文時代には観音堂、 毘沙門堂が・・」とありますが、拝殿は瓦屋根を思わせる造りで、境内の末社には石仏などが納められている他、小さな五重塔などもあり、どことなく神仏混合の名残を感じさせる社です。

◇武甕槌神社

  
境内
月夜見大神ほか
末社
拝殿


  
狛犬
石仏
五重塔
本殿



拝殿


 御祭神の武甕槌神(タケミカヅチ)は、「刀剣の神、弓術の神、武神、軍神」で「相撲の神」としても信仰されていますが、「建御雷神」や「建雷命」とも書かれるように「雷神」でもあります。
「雷」は雨を呼ぶことから、民間信仰では、武甕槌神は稲作に欠かせない水をもたらす神、雨乞いの神、水神として祀られてきました。この神社においても、武甕槌神を祀ることによって五穀豊穣を願ったのだと思います。
 
 この神社には武甕槌神と大己貴命(大国主神)が共に御祭神として祀られていますが、この二柱の組み合わせは少し面白いというか興味深い感じがします。

 どちらも五穀豊穣をもたらす神様ではありますが、『国譲り神話』では、武甕槌神は、アマテラスの命により出雲の伊耶佐小浜に降り立ち、「十掬の剣(とつかのつるぎ)を波の上に逆さに突き立てて、その切っ先の上に胡坐をかいて、大国主に対して国譲りの談判をおこなった」ことになっています。
 その結果、大国主は国を譲って隠れる分けですが、この神話が意味するところは「国譲り」ではなくて「侵略・征服」であったと考えられています。

 そういう意味からすると、武甕槌神と大国主の関係は「征服した側とされた側」、いわば「勝者と敗者」になる分けです。ですから、二神を共に祀っているのは少し奇異な感じがしますが、これもまた、村の繁栄を願う村人の「知恵」といったところでしょうか。即ち、
「どちらも大切にお祀りいたします。ですから、いきさつ(国をめぐる争い)は忘れて、仲良く、この村をお守りください」みたいな。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR