のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 板柳町   Tags: つがるみち  

太田月讀神社ーつがるみち354


月讀神社


 板柳町太田は、町の中心部へ向かう県道276号線沿いにある集落ですが、ここに月讀神社が鎮座しています。
 神社の境内に「月読命」と書かれた石碑が立っているのはよく見かけますが、同名の神社は、津軽には多くある分けではありません。
 この神社は、その中のひとつなのですが、一の鳥居の扁額には「月讀神社」、社号標には「月夜見神社」とありました。

 境内は道路沿いにあり、周りを住宅に囲まれていますが、一の鳥居のそばには、赤い鳥居が二つ並んで立っています。それぞれの鳥居の奥には馬頭観音と庚申塔、猿田彦の碑がありました。

 境内には、御神燈と狛犬、神馬がそれぞれ一対ずつ置かれています。ちょっと奥目の狛犬と眠そうな目をした小太りの神馬ですが、拝殿の木鼻とともに、とても表情が優しくユーモラスです。

 その由緒については、
【御祭神:月讀命  草創不詳。 明治六年深味八幡宮に合祭したが、 その後分離し復社した。 月読神社または月夜見神社とも書き、 北向きの社である。
御神体は仏像 (牛頭天王) と神像 (素戔嗚尊) の二体で、 神仏混淆時代のものと、 神仏仕分け (明治四年) 以後のものと二体になっている。 この地方では、 子の年生まれの守神として信仰されている。 ※青森県神社庁HP】とあります。詳細は不明ですが、由緒にあるように、かつては牛頭天王を祀る社だったようです。

◇月讀神社

  
馬頭観音と庚申塔
二の鳥居から
境内
拝殿



  
狛犬
神馬
木鼻
本殿





 御祭神の月読命(ツクヨミ、ツキヨミ)については諸説ありますが、
【『古事記』ではイザナギが黄泉国から逃げ帰って禊ぎをした時に右目から生まれたとされ、もう片方の目から生まれた天照大神、鼻から生まれた須佐之男とともに重大な三神(三柱の貴子)を成す。※wikipediaより】とされ、一般的には太陽を象徴する天照大神と対になって、「月の神」「夜を統べる神」と考えられています。
 ですが、姉のアマテラスや弟のスサノオのように、神話にはあまり登場せず、どちらかといえば影の薄い神で、ツクヨミを祀っている神社は、アマテラスやスサノオに比べて、はるかに少ないといわれています。


『日本書紀』には、【天照大神から保食神と対面するよう命令を受けたツクヨミは保食神のもとに赴く。そこで保食神は饗応として口から飯を出したので、ツクヨミは「けがらわしい」と怒り、保食神を剣で刺し殺してしまう。保食神の死体からは牛馬や蚕、稲などが生れ、これが穀物の起源となった。天照大神はツクヨミの凶行を知って「汝悪しき神なり」と怒り、それ以来、日と月とは一日一夜隔て離れて住むようになった】とあります。
 いわゆる「食物の起源」を物語る神話ですが、『古事記』では、同様の話が、ツクヨミがスサノオに、保食神が大気津比売神(オオゲツヒメ)として語られているところから、ツクヨミとスサノオを同一視する説もあるようです。
 
 ここ月讀神社の由緒に「御神体は仏像 (牛頭天王) と神像 (素戔嗚尊) の二体」と書かれているように、牛頭天皇は素戔嗚尊と習合していたため、その社は、神仏分離の際に素戔嗚尊を祀るようになりました。その多くは「八坂」や「廣峯」という神社名になったのですが、ここが「月讀神社」となったのはツクヨミ=スサノオという認識があったからなのかも知れません。




 また、由緒に「北向きの社である」と書かれていますが、神社の社殿の方角は基本的に南向き、次いで東向きが多いとされています。(にわか勉強ですが)これは「天子南面す(天皇は南に面して君臨する)」という思想によるものだそうで、要するに「尊い神様」は北を背にして南向き、または西を背にして東向きに祀るのが正しいとされている分けです。

 ですが、ネットなどで調べてみると、各地には「北向きの社」もけっこう存在しています。その中には北向きにする「いわれ」を持つ社もありますが、多くは地理的条件が関係しているようです。それにしても「北向きの社である」ことが強調されているところをみると、この神社の配置は、津軽地方でも珍しいということなのでしょう。
 
 面白いのは、この神社が「子の年生まれの守神として信仰されている」ことです。十二支を使った方位では「子の方角」は「北」。「北向きの社に対する信仰」から「北(子)の方角を尊ぶ風習」が生まれ、「子年の守り神」となっていったのでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 しばらく記事を更新しないままに八月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR