のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 弘前市   Tags: つがるみち  

動いた天守ーつがるみち359


弘前城石垣


 弘前城石垣修理事業に伴い、高さ14.4メートル、総重量約400トンの3層からなる弘前城(天守)を移動する「曳屋工事」は、昨年の10月末に終わり、現在は本丸跡近くに天守閣が立っています。
 約70メートル離れた仮設の天守台への引っ越し作業は、連日、新聞やTVのニュースなどで取り上げられていました。




 桜祭りのときには、天守のそばの堀を歩いて石垣を眺めることができました。
「曳屋」が始まってからも、ニュースを見るたびに「いつか出かけてみよう」と思っていましたが、ずるずると時期を逃し、冬になってしまいました。
 先日、朝からとても良い天気で、岩木山もくっきりと見えたので、思い立って弘前公園に出かけました。

 ですが、公園に着いたときには何とくもり空。冬の天気はほんとに気まぐれです。「天気にぐだめでも(ぶつぶつ文句を言っても)仕方がない」と思い直し、久しぶりに公園内を歩いてみました。

 下乗橋から臨む天守は、弘前公園第一の撮影スポットだったのですが、今はそこに天守の姿はなく、少し離れた位置に見えています。

 見慣れた光景と違っていたので、少し違和感がありましたが、本丸付近に移動した天守は、これはこれで、なかなかいいのではないかと思います。平成33年度には、元の位置に戻るということです。やはり、大事業なのですね。

  
 
 
 





 築城当時、弘前城(当時は高岡城)の天守は五層六階のものでしたが、寛永四年(1627)、落雷のため、本丸御殿とともに焼失しています。
 このときのことについて、平川市の国上寺に次のような話が伝わっています。
【国上寺の本尊である不動明王は、世の中に不吉なことが起こる際には、汗をかく(湿ってくる)という言い伝えがあり、「汗かき不動様」と呼ばれていた。二代藩主・信枚は、当時、頻繁に続いていた地震や災害に心を痛めていたが、そんな折も折、国上寺の「汗かき不動様」が、びっしょりと汗をかいたという話を伝え聞き、急いでお参りにやってきた。弘前城に雷が落ち、天守閣に吊されていた鐘が熱で真っ赤に燃え、地下の火薬庫に落ち、火薬に引火し、大爆発を起こしたのは、その直後のことだった。】

 以来、約200年間は天守のない時代が続きましたが、幕府の許可を得て、三層櫓(天守)が新築されたのは文化七年(1810)のことでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment
歴史 
お城一つは国ひとつ。

城主は天下泰平といえど、天然の災害は避けがたく、心を痛めたのですね。

私の知るのはおおまかな徳川幕府のの歴史。
各藩ごとの歴史を知れば、面白いでしょうね。

上杉鷹山読みました。興味がつきません。PP。

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR