のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 黒石市   Tags: つがるみち  

上十川八幡宮ーつがるみち366


上十川八幡宮


 前回取上げた黒石市青山の稲荷神社を過ぎると、上十川の集落になります。
「十川」という岩木川の支流の「上」の方に開けた村であるため、その名がついたと思われますが、近くには十川や下十川(旧浪岡町)という地名もあり、一帯はかつて「十川村」と呼ばれていたようです。
 その上十川の集落に八幡宮が鎮座しています。




 県道146号線の信号を右側に曲がると坂道が続きますが、その坂道の途中にこの神社はあります。
 周りには小学校や児童館などがあります。近くには長谷澤神社の社務所も建っていますが、「昔、上十川八幡宮から長谷沢神社社務所の前辺りはとても急な坂道だった。そのため荷車などで通行する際、坂を登り切れず途中で落ちていくなどの事故が多発し、亡くなる方も多かった。その方々を供養する為に供養塔が建てられた」という話も伝えられています。

 坂道の横から上の方へ石段が延びていて、石造りの大きな鳥居をくぐると境内へ出ます。小高い丘の上からは、集落の家並みやりんご畑などを見渡すことができます。大きなケヤキの木があり、拝殿の前には神馬と狛犬が一対ずつ置かれていました。

 丘の端っこの方に百万遍塚と庚申塔が立っていますが、そのそばには祠が三つ並んで立っていました。真ん中の祠は、身代わり地蔵尊のようで、お地蔵様が二体祀られています。

 この八幡宮の詳細については分かりませんが、次のような話が伝わっています。 
【八幡宮の御本尊は最初、大杉村大字徳妻子村(現青森市浪岡大字徳才子)に所属 していた。その御本尊と境内が失われた後、十川村の岩間彌五兵衛の親に度々枕神が立つことから、天和元年に彌五兵衛が徳妻子に出向き、境内が所在してと思われる場所から石仏一体を発見した。天和元年(1681)に十川村に社壇を建立し、その石仏をお迎えした。
その後、元禄9年(1696)に千葉孫平衛が木造を寄進して石仏と共に安置して以来、地元の住民が上十川八幡宮として祀っている。※上十川地区振興協議会HPより

◇上十川八幡宮

  



  



獅子踊保存会館

長谷澤神社奥の院石段


 神社の入口付近に上十川獅子踊保存会館があり、そばに、その由来を記した説明版が立っていました。
 上十川獅子踊は400年以上も前から地域に継承されている伝統芸能で、青森県の無形民俗文化財にも指定されています。
 この獅子踊が地域に根付くまでには、次のような経緯があったとされています。
【戦国時代、浅瀬石城主・千徳政氏(まさうじ)の時代に、南部から流れてきた六郎右衛門という者が浅瀬石川の川原に住んでいた。六郎右衛門は獅子笛を吹くのが好きで、毎日吹いていたが、それを聞いた愛宕の住職が、中野不動尊に納める獅子を作ってくれるよう、頼んだところ、六郎右衛門は早速、一揃いの獅子を作り、囃子の仕方も教えた。そのことが城主の耳にも伝わり、六郎右衛門は、天正十二年(1584)、獅子を城主に献上し、千徳氏の「お抱え獅子」の舞を完成させた。以来、城下では獅子踊が盛んになったが、慶長二年(1597)、津軽為信の攻撃を受け、浅瀬石城が落城すると、獅子踊も行われなくなり、上十川の村でも、古くなった獅子を獅子森に埋めてしまった。ところが、その十年後、村全体に悪疫が流行し、人々を困らせた。「これはきっと、身に降りかかる災難を救ってくれる獅子を埋めた祟りにちがいない」と考えた村人は、もう一度、太鼓や囃子をつけて獅子踊を行ったところ、悪疫は消えていった。上十川の人々は、その恩に報いるために、長谷澤不動尊(長谷澤神社)の拝殿から奥の院に通じる石段を造って奉納した。※黒石市民財団「わたしたちの黒石」より抜粋・要約

 こうして、上十川の獅子踊は「凶事退散の舞」として、地域に受け継がれてきた分けですが、例年、旧暦の八月八日に長谷澤神社で「獅子起こし」が行われ、八月十五日には、ここ八幡宮で「獅子納め」が行われています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR