のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 田舎館村   Tags: つがるみち  

枝川稲荷神社ーつがるみち370


本殿のきつね


 田舎館村の村民憲章には、「秀峰岩木のみねを仰ぎ、浅瀬石川の清流にうるおされている土地に住む幸せを感じ・・」と書かれています。
 豊かな水と肥沃な土壌に恵まれた村は、「北方稲作文化発祥の地」としても知られていますが、田舎館駅の前には「田舎館米発祥の地」と書かれた標柱が立っています。




 枝川は、田舎館駅から少し離れた所に広がる集落ですが、ここに稲荷神社が鎮座しています。
 集落の中心部を道路が通っていますが、その道路沿いにこの神社は立っています。
 一の鳥居に架かっている注連縄は、大変立派な物で、金色に光っていました。そこから道路にそって、二、三、四と鳥居があり、細い参道が続いていますが、鳥居と御神燈の朱色がとても鮮やかです。
 細長い境内には、敷石記念の碑や御神燈、手水舎などがあります。拝殿は割と小ぶりな造りで、その後ろに、赤い玉垣に囲まれた本殿がありました。
 稲荷神のお使いであるきつねは、本殿の中に一対、向かい合って座っています。

◇境内
 
  


 この稲荷神社の由緒については、
【御祭神:倉稲魂神 素盞鳴尊  往古、 神八之助の宅神を寛永元年 (一六二四) 枝川三堰の守護神として現在の社地に祠を建立、 灌漑地域の藩代官を始め、 水域農民の崇敬頗る厚く、 年々の祭事には、 多数の人々が参拝し、 供物を献じ、 盛大なる祭事が行なわれたと伝えられる。 明治七年五月村社に列せられる。 ※青森県神社庁HP】と紹介されています。

◇御神燈、本殿など

  



本殿のきつね


 由緒に「枝川三堰の守護神として」と書かれていますが、「枝川三堰」とは、農業用水路のことで、「枝川堰・諏訪堂堰・大曲堰(※いずれも集落名)」を指しています。その中の大曲堰については、「宝暦年間(1751~1764)に開削されたという言い伝えがある。 堰の延長は11kmで、350haを灌漑している。」とあります。

 浅瀬石川を含む岩木川水系は、夏期の雨量が少ないために、しばしば水不足に陥り、農民たちを苦しめていました。そのため、江戸時代になり、水田開発が本格的に行われるようになると、浅瀬石川からの取入堰
取入堰
が数多く造られました。
 その管理運営については、
【江戸時代の用水管理は、各用水の水下農民が用水組合を作り、その自治によって行う形がとられていました。藩営事業で開削した水路を農民に渡し、受益者負担で管理するシステムは、官民一致の理想を具体的に示したものですが、実際には激しい水論(用水配分の利害損失を巡る争い)を引き起こす最大の原因として、藩政上、常に悩みの種でした。】とあります。
 実際、江戸から昭和初期にかけて、
【灌漑用水の引き入れ時期に旱天が続き、本川の浅瀬石川が渇水となったときは、一滴の水も譲るまいと熾烈な争いが続けられ、関係農民の感情を疎隔させ、ひいては行政にも影響を及ぼすことが多かった。】とされています。

「堰の守り神」として鎮座するこの稲荷神社は、そのような水争いの根絶と村の繁栄を願って建立された社なのでしょう。

※東北農政局PDF「北奥羽調査だより ~浅瀬石川地区の生い立ち~」を参照しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR