のんびりとじっくりと!

  ーおじさんのバーチャル旅行記!ー                      

 
Category: ふるさと【東北・青森】 > 田舎館村   Tags: つがるみち  

境森神明宮ーつがるみち371


境森神明宮


 田舎館村の神社めぐりが続きますが、今回は境森の集落に鎮座している神明宮です。
 先回、前田屋敷神明宮の記事でも少しふれましたが、境森(さかいもり)は、南北朝期に南朝方に属した前田氏が居館を構え、治めていた所です。
 すぐ隣の村は「和泉」といいますが、時代は不明ですが、ここには津嶋和泉という武将の「和泉館」という城(館)があったとされていたり、同じく隣には砦を思わせる「土矢倉」という名前の集落があったりと、一帯は、何かしら中世の歴史を感じさせる所です。

 この神明宮は、集落の端っこの方に鎮座していますが、その入口には門柱があり、「弘化三年」と刻まれた大きな庚申塔がありました。門をくぐり、鳥居をくぐると広い境内へと出ます。

◇神明宮境内

  





 境内には御神燈のほか、神馬と狛犬がそれぞれ一対ずつ。社殿の隣には忠魂碑や従軍記念碑などが立っていました。
 この神社の由緒については、
【御祭神:大日め尊  創立は延暦十二年 (七九三) 六月、 坂上田村麻呂が蝦夷退治の祈願の為、 大日女尊を祀り大日堂を建立す。
 天正六年 (一五七八)、 津軽藩祖為信公が浪岡城を攻撃せんとして、 軍兵を率いて当社の森地にて休憩した時、 為信公すこぶる睡眠を催し、 夢に天照皇大神の教えを受け、 進撃の功を奏すと伝えられる。 明治三年仏号を廃止し、 神明宮と改め、 明治六年村社に列せられる。 昭和二十三年四月二十四日、 国有財産の譲与の許可を受ける。 ※青森県神社庁HP】と紹介されています。

◇本殿、狛犬など

  





 由緒にあるように、この神社には坂上田村麻呂の話が残っている分けですが、「田村麻呂が戦勝祈願のため○○を祀り・・」とか「窮地に陥ったとき、○○神が現れて田村麻呂軍を勝利に導いた」などの話は、多くの津軽の神社縁起で語られていることです。
 もちろん、田村麻呂東征の話は伝説に過ぎないのですが、要するに【神仏の加護を受けた、いわば「正」の東征軍が、まつろわぬ「邪」の蝦夷軍を打ち滅ぼす】というもので、そこには征服に対する一種の「正当性」みたいなものが述べられている分けです。
 津軽には、このような往古の田村麻呂の話と同様の話が、戦国時代の大浦為信による津軽統一の話として伝わっています。

◇曼字(卍)と錫杖の話
【岩木山に住み着く鬼(蝦夷)を征討するためにやってきた坂上田村麻呂は、兵たちに曼字の旗と錫杖印の戟をそれぞれ十二ずつ持たせて戦わせた。ある時、兵の飲み水が足りなくなり、窮地に陥ったのをみた田村麻呂は、錫杖戟を以て岩を穿った。すると、水が滾々と湧き出してきて、難局を乗り切る事ができ、戦いに勝利することができた。】

【ある夜、為信の夢枕に、異様な姿をした二人の童子があらわれた。そして、「われらは、昔からこの岩木山に住み、勧善懲悪を宗として、民を教戒することを心としてきた。公(為信)よ、今こそ、この津軽の国を治める時である。急ぎ実行せよ、われらが加護致す。」と告げた。為信がその名を問うと、二人は「卍」「錫杖」と答えて消え去り、同時に夢もさめた。そこで為信は、これぞまさに岩木山権現の霊験と喜び、旗印に卍、馬印に錫杖を用い、さらに兜の前立にも錫杖をつけたのであった。】

 南部氏の支配下から独立し、津軽統一を成し遂げた津軽氏にとっては、往古の田村麻呂と同様に、自分たちもまた神仏の加護に守られた氏族であることを流布する必要があったのでしょう。ここ境森神明宮の由緒は、そのことを端的に物語っているように思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※記事の中の○○○○は、以前の記事や画像へのリンクです。また、□(青い枠)で囲まれた画像は、クリックで拡大します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                                    ☆つがるみち☆
関連記事

記事を読んでいただき、ありがとうございます。よろしかったら、応援をお願いします!

                 日本史 ブログランキングへ    にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ にほんブログ村    


Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

カテゴリー

openclose

グループ別記事

よろしくお願いします!
⇩に参加しています。応援してくださると励みになります!
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村        

歴史 ブログランキングへ
Welcome
 記事を更新しないままに10月になってしまいました。。ゆっくりペースで神社・史跡めぐりを続けたいと思います。拙い記事ばかりですが、読んでいただければ幸いです。ごゆっくりどうぞ!
My Profile
Author:korekarada       ふるさと「東北・青森県」の史跡を巡り、感想などを綴っています。ときには、まだ見ぬ地方への憧れを「バーチャル旅行記」として、書いていきたいと思います。
My Friend
Thanks!
現在の閲覧者数:
My Contents
記事で紹介しているContentsをまとめています。ご覧ください!
コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
QRコード
QR